この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

お正月とは元旦に歳神様を
家にお迎えするための準備と
お見送りするまでの一連の流れ

行事になったものです。
 
お正月は歳神様と共に、
先祖の霊も帰ってきます。
お盆と同じように考えられているのです。

スポンサーリンク

歳神様と先祖の霊を迎える準備をする


12月13日は、お正月の準備をする縁起のよい日とされ、この日から歳神様を迎える準備を始めます。
 
毎年、この日に行われる京都・祇園の「正月事始め」は、関西ではテレビで報道される恒例行事です。
 
京都花小路通の祇園甲部の芸妓・舞妓さんたちが、12月13日に師匠やお茶屋さんに挨拶回りするのです。
 
一般家庭でするお正月の準備はこちらです。

 

 

まずは「門松」を飾りたい!その理由は?

歳神様は恵方の方角の空から依り代となる「青い木」=「松」を目がけて降りてきます。
 
門や玄関の両側に「門松」をおくのには、大きな意味があったのですね。

 

 

「クリスマスリース」から「しめ縄」へ

クリスマスが終わると、それまで玄関に飾っていたクリスマスリースを外し、しめ縄を飾る人が多いと思います。
 
家の顔の飾りを変えると、「洋」から「和」へ大きく雰囲気が変わりますね。
 
「クリスマスリース」と「しめ飾り」は似ているところが多いです。
常緑樹をベースに使うところや、飾り一つ一つに意味が込められているところ、「豊作祈願」「魔除け」の意味があるのも同じです。
 
場所の東西は違えど、人々の願いは変わらないのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

歳神様へのお供えは、やっぱりアレですね


お正月に実家へ帰るときは、ご先祖様へと仏前にお供えを用意しますね。
では、歳神様へのお供えは?
 
「鏡餅」がこれに当たります。

「鏡餅」は「お米の神様」である歳神様への捧げものなのです。
丸いお餅を二つ重ねた、あのユニークな形は、一体、いつどのようにしてできたのでしょう。

 

 

歳神様が帰ったらお正月は終わりです

「松の内」が終わると、歳神様は空へ帰られます。
昔の人は、神様は「どんと焼き」の煙にのって帰ると信じていました。
 
最後まで、人間みたいでおもしろいです。

 

 
歳神様が帰られた後、お供えだった鏡餅をいただきます。
神様のお下がりは縁起物なので、おしるこにしたりして、美味しくいただきましょう。
 
この「鏡開き」をもって、お正月の一連の行事が終了します。

 

 
1月7日は五節句の1つ「人日の節句」です。
この日は、「七草粥」を食べる日として知られています。
 
春の七草は、食べられる草です。
 
この春は、ぽかぽか暖かい春ではなく「新春」を指します。
春の七草と七草粥について書きました。
「百人一首」のゆかりの歌とご一緒にどうぞ♪

 

 
「松の内」は1月7日までですが、その後に「小正月」があります。
 
これはどういう意味で何をする日なのか、今ではあまり気にされなくなった行事を紹介します。

 

 

 
 
「お正月」の記事を、全部まとめました(´▽`*)♪↓


 

スポンサーリンク