この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。


 
こんにちは。
 
 
夏になると浴衣を着たい♪
 
 
でも、着たことがないので「浴衣の着付けセット」なるものを買ったほうがよいか迷っているあなたに、これさえそろえれば万事OKという、必要最低限の物をご紹介します。
 
 
意外と代用できるものも多いんですよ。
1年に数回しか着ないものなので、できれば無駄な買い物は控えたいですよね。

 
 

スポンサーリンク

浴衣着付け必要最低限はこれでOK!

 

 
浴衣の着付けをするとき、これさえあれば大丈夫という必要最低限のものだけをお伝えします。
 
 
ただ、最低限だけそろえるの場合「美しいシルエット」で着るのは無理と思ってくださいね。
 
 
きれいに着たいなら、最低限のものだけでは無理なんです。それについては、また後でお伝えします。
 
 
浴衣を着るために必要最低限な物は、ズバリこれだけです。
 
 
浴衣・帯・腰ひも2本
 
 
そう、これだけでなんとかなるんですよ。昔、おばあちゃんなどはこんな風に2本のひもを結んでラフに着ていました。
 
 
浴衣の下に着る下着は、普段の下着で大丈夫です。あなたのお持ちの下着の中で、あまり寄せてあげるタイプのしっかりブラでないものを選びましょう。
 
 
着物を着る時は、できるだけバストは平らにするほうがきれいに見えます。
 
 
ですから、スポーツブラブラトップがよいです。そして、えりぐりが大きく開いたタンクトップかキャミソールを肌着の代わりに着ます。カップ付きキャミソールなら、1枚でOKですよ~♪
 
 
パンティも普通ので大丈夫。お手持ちの中からできるだけラインの出にくいもの、ティーバッグやボクサーパンツなどがおすすめです。

 
 

いちばん簡単な浴衣の着方

 

 
1本目の腰ひもはウエストラインで体にベルトのように巻きます。このひもで浴衣の帯から下の部分(下半身)を固定します。
 
 
2本目の腰ひもは、バストの下で同じく体に巻いて浴衣を固定します。このとき帯から上の部分、衿合わせや背抜きを決めます。
 
 
そうして、2本の腰ひもを巻いたところに、帯を巻いていきます。
 
 
これで完成です。
簡単でしょ?
 
 
でも、これでバシッときれいに決まる人は、かなりふくよかな人、ずん胴体型の人なんです。スリムでかっこいい体型の人ほど、不格好になってしまうんですよ。

 
 

浴衣の着付け・あったほうがきれいになる物

 

 
先程お伝えした必要最低限必要なもの(腰ひも2本)に加えて、さらにあると便利なものを使うと、着姿が美しくなります。
 
 
私が一番大事だと思うのは、ウエスト補正です。補正用の商品が売られていますが、これは家にあるタオル1~2本でOKですよ。
 
 
その次は、買わなければいけないものですが、バストのふくよかな人の場合、「和装ブラジャー」です。(Aカップの人はスポーツブラでもいけそう)

 

 
そして、その次にきれいに着るためにあったほうが便利なものは、1つずつ購入するよりセット販売の方が便利でリーズナブルす。(ネットショップの場合送料無料も多いです)
  ↓
メール便{P16}】和装ブラジャー 白/ピンク/ベージュ S/M/L/LL/3L

 
 

スポンサーリンク

◆「京越卸屋」浴衣着付けセット


 
浴衣着付け用5点セットです。
 
1点ずつ購入するよりリーズナブルなので、初めてそろえる方におすすめです。セット内容が物によって少し違いがあります。
 
腰紐2本
着付けベルト
メッシュマジックベルト(伊達締めの代わり)
メッシュ前板
着物スリップ

 
それぞれの使い方を説明していきます。
  ↓
【メール便】ゆかた着付け小物セット5点 (メッシュ前板/メッシュマジックベルト/絽腰紐/着付けベルト/ゆかた袖なし肌着)メール便送料無料

 
 

★「腰紐」2本


 
腰ひもは着付けに必須です。モスリンのひもがおすすめですよ。
 
上の着付けセットでは2本ついていますが、胸元(上)の1本は「着付けベルト」を代わりに使うので、ウエストを決めるのに使うのみです。
 
余った腰ひもは、ウエストの補正用に使えますよ。
 
ウエストの補正はタオルを1本縦に(長い方)で二つ折りして、ウエストに巻きつけます。それを止めるために腰ひもを使うのです。補正に使うタオルは、粗品でもらうような薄いタオルが適しています。
 
私はウエスト補正は、二つ折りしたタオルの両端に70cmほどの綿テープ(ひも)をぬって止めています。以前着付け教室で作った物ですが、ひも付きのタオルなので、とても便利なんですよ。
  ↓
【メール便{P8}】着付け小物便利グッズ モスリン腰紐(ピンク/白)(zr)

 

★「着付けベルト」(コーリンベルト)


 
バストの下に結ぶ腰ひもの代わりに使います。両端にクリップがついているのが着物ベルト(コーリンベルト)ですよ。
 
衿のたもとをパチンとはさみ、衿元の合わせが開いてこないように固定するもので、腰紐よりバシッと決まり着崩れしません。
 
私は着物のときも腰ひもは使わずこれです。ベルトはゴムなので長さが調整でき伸縮するので楽です。
   ↓
《日本製 着付けベルト(ピンク)》【メール便】(zr)

 

★マジックベルト(伊達締め)


 
マジックベルトは伊達締めの代わりで、マジックテープでとめるだけなので伊達締めより簡単です。
 
こちらは、メッシュ素材なので、通気性に優れますよ。
 
単品購入される場合は、「シャーリングの伊達締め」もおすすめですよ。私は着物のとき、これを2本(長じゅばんと着物で)使ってます。使いやすいです。
  ↓
【マジックベルト メッシュ】【メール便{P16}】胸元がすっきり蒸れない!伸縮自在 メッシュ伊達締め(zr)

 

★メッシュ前板


 
前板はあったほうが、帯周りがすっきりきれいに見えます
 
選ぶときは、ベルト付きをおすすめします。メッシュなので通気性に富みます。夏にぴったりですね。 ↓
 
《ゴム付きメッシュ前板》【メール便{P12}】夏用 メッシュ 帯板 前板 (zr)

 

★着物スリップ


 
浴衣専用の肌着です。さらっとして着心地が良いです。
 
セット内容によって、袖なしスリップ袖付きスリップがあります。お好みでどうぞ♪
  ↓
【メール便】女性用ゆかた肌着(肌襦袢)抜き襟・袖無し仕立て(zr)

 

◆「京のおしゃれ屋」浴衣着付けセット


 
こちらは腰ひもが便利グッズに代わった5点セットです。
 
 
腰紐ベルト
着付けベルト
マジックベルト(伊達締めの代わり)
メッシュ前板
着物スリップ

 
 
上のセットとの違いは、「腰ひも2本」が「ゴム製の腰紐ベルト」になっているところです。
 
補正用の腰ひもが1本が足りなくなります。なので、腰ひもは家にある人、ウエスト補正はしないという人におすすめです。
 
 
「腰紐ベルト」はウエストゴムのスカートと同じになり、伸縮するのですごく楽ちんです。そして着崩れもしにくいのです。
 
ですから、これからきちんと浴衣や着物を何度か着ようと思う人、腰ひも1本ぐらいなら家にあるわという人には、下のようなセット内容をおすすめします。
  ↓
【メール便送料無料】夏用 着付け小物 5点 セット

 
 

おわりに


浴衣を着る時に必須のものは・・・
 
 
浴衣・帯・腰ひも2本
 
 
きれいに着るためにあったほうがよいのは、和装ブラジャー、浴衣スリップ、補正用の薄てタオル(+ひも1本)、マジックベルト(伊達締め)、前板となります。
 
 
着物ベルトや腰紐ベルトのような便利グッズは、とくに必要ありませんが、初めてそろえようと思う人には便利なのでおすすめです。

 
 
【関連記事】
  ↓


 

 

 

 

 

スポンサーリンク