この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。


 
こんにちは。
 
夏になると、浴衣を着る人が増えますね。
 
 
若い人の和装姿が見られてうれしい季節でもあります。
お祭りだけでなく、ちょっとした街歩きにも浴衣はぴったりですよ。
 
 
綿や麻のものは、意外と涼しいですしね~。
 
 
浴衣は体をおおう面積が広いので、きれいに見せるためには、似合う色を選ぶのがもっとも大切です。
 
 
この「似合う色」というのが、なかなかおもしろいのです。
 
 
洋服では似合わないのになぜか着物にすると似合ったり、年齢とともに似合う色が変わったりします。20歳ぐらいのときに着た浴衣を久しぶりに出して着て見たら、あれ?と思うほどに合わなくなっているというこおともあり得ます。
 
 
今回は30代以上の大人の女性向けの浴衣の着こなしや上品に見えるおすすめの色柄をご紹介します。

 
 

スポンサーリンク

30代におすすめの浴衣の「色」

 

 
大人の浴衣は、落ち着きのある色のほうが上品に見えます。ですから、人気の色もわりとトーンの低いもののほうが、周りからの評判もよいのです。
 
 
余程の元気キャラでない限り、赤や橙(オレンジ)などの暖色系はおすすめしません。でも、あなたが人とは違う目立つ色を着たいという場合は、反対に暖色系を選ぶとよいでしょう。

 
 

◆おすすめ(1)藍色・紺色

 

 
もっともおすすめなのが、大人っぽくシックに決まる藍色や紺色です。
 
 
夏の夜の暑さをやわらげ、しっとりとした色合いなので、大人の女性の雰囲気を引き立ててくれますよ。
 
 
深い色にすることで、下着が透ける心配もありませんし、濃い色なので合わせる帯で印象を大きく変えることができます。
 
 
藍色や紺色の浴衣に合わせる帯は、若い人なら、黄色や赤でアクセントをつけるのもよいですが、大人の女性はあえてパステルカラーなど淡い色で、浴衣の色味を和らげると女性らしさが増しますよ。

 
 

◆おすすめ(2)水色

 

 
流れる水をイメージさせるような淡く透き通った水色の浴衣は、大人の女性こそ楽しめるものです。
 
 
帯の色は、全体の印象を引き締めるなら紺色や紫、淡い印象を引き立てるなら白系の帯で全体を淡くさせると素敵ですよ♪

 
 

スポンサーリンク

◆男性がドン引きする?NGカラー

 

 
男受け最低のカラーは、ずっと前から「黒」です。そして、難しいのが「白」です。(白色の浴衣は子供や10代は好評です)
 
 
男性は、女性にやわらかさ、明るさを求めます。なので、なぜあえて「黒」を選ぶ?と思ってしまうみたい。
 
 
確かにそうだなーと思えますね。
 
 
そして、「白」がダメという男性が意外に多いわけは、白地に紺の花柄の浴衣は、盆踊りのおばさんみたいに見えるからだそうです。
 
 
うーん、言われてみれば・・・
 
 
まあ、白い浴衣は、昔は日中だけ着るものでもあったので、いろんな意味であまりおすすめしません。
 
 
最近の浴衣は薄い生地が多いので、下着のラインが出やすいですしね。

 
 

30代の女性に似合う浴衣の「柄」

 

 
30代の女性に人気な柄の特徴は、主張しすぎない柄、柄に流れのあるもの、古典柄などあまり派手でないものです。
 
 
背が高い人は、大柄でも流れるようなデザインで浴衣に使われている色数が少ない場合は、粋に着こなせます。
 
 
浴衣の色と全く違う色で柄がはっきり浮き立つものよりも、地色になじむ透け感のあるものの方が、品よく見えますよ。

 
 

◆男性ドン引きの「帯」まわり

 
 
デートのときなど、ここぞとばかり気合いを入れたいのはやまやまですが、大人の女性は引き算して自分自身を引き立てるように考えましょう。
 
 
もっとも男性が引くのは、ラメでギラギラ光っている帯やフリルのついた兵児帯(へこ帯)、前板にレースをつけたものです。
 
 
どれもこれも「キャバ嬢みたいで引く」「派手過ぎてイタイ」と思われています。
 
 
あ、10代ならこれは全く大丈夫です。フリルの兵児帯なんてかわらしいと思いますよ。
 
 
30代以上になると、かわいらしく見せる必要はなく、そうするとかえって年齢を感じさせてしまい下品に見えます。
 
 
30代以上の和装は「落ち着き」と「上品さ」が肝なのです。

 
 

30代以上におすすめの浴衣

 

◆「京都 きもの京小町」浴衣7点フルセット

 
 
 
「京都 きもの京小町」のセレクトできる浴衣7点セットです。
 
 
おすすめポイントは、まずは素材が綿100%の「変わり織」で、SML3サイズから選べるところです。
 
 
このショップの4000円ぐらいの3点セットは、素材が違っていてフリーサイズ(サイズが1つ)なので、おすすめできません。
 
 
素材というのは画像では分かりにくいですが、実際に手に取ると明らかに違いが分かります。ネットショップで選ぶときの大きなチェックポイントなんですよ。
 
 
浴衣や着物のサイズは、「プラスマイナス5cmまで」の身長の人が許容範囲内です。
 
 
たとえば、163cmのフリーサイズの浴衣の場合、「158~168cm」の身長の人が、おはしょりがきちんと出るきれいな着方ができる範囲内になるのです。
 
 
浴衣7点セット S M L サイズ 11柄

 

◆「着物 ひととき」しじら織浴衣 3点セット

 
30代以上の女性におすすめの浴衣は、「しじら織」など高級感のある生地のものです。こちらは浴衣と帯、下駄の3点セットになります。4サイズから選べます。
 
 
しじら織の浴衣なら、浴衣としても着物としても着られるので、おすすめです。
 
 
セットの帯は「白の献上帯」です。他のものがよかったり不要な場合は、8000円で浴衣だけの単品購入もできますよ。(サイト内別ページにあります)
 
 
浴衣ですが絽(ろ)の着物のように着られるところが、大人らしくて素敵ですね。40代以上の女性は、夏も浴衣ではなく絽か紗の夏物の着物が素敵だなと思います。
 
 
何歳になっても着られる浴衣です。織が涼しそうですね。
 
 
2018年新作・しじら織り・単衣着物(浴衣+帯+下駄)
 
 
10代や20代のお嬢さんにおすすめの浴衣は、大人浴衣とはちょっと違いますよ~。
 
 
それは、こちらでご紹介しています。

   ⇓


 

 

 

スポンサーリンク