この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。


 
日本の行事は、その日に特別な物を食べることが多いです。
いわゆる「行事食」ですね。
たいていの行事食は、縁起をかつぐためや神様への供え物が元になっています。
 
それでは、ひな祭りの「行事食」を見ていきましょう。

スポンサーリンク

ひな祭りの行事食

 
ひな祭り=桃の節句は、五節句の一つ「上巳(上巳)の節句」です。
 
「節句」とは、季節の節目になる日に五穀豊穣、無病息災を祈り、邪気を払って神様へお供え物をする行事のことをいいます。
 
ちなみに五節句は
「人日(じんじつ)の節句」
ー(1月7日)ー「七草の節句」
 
「上巳(じょうし)の節句」
ー(3月3日)ー「桃の節句」
 
「端午(たんご)の節句」
ー(5月5日)ー「菖蒲(しょうぶ)の節句」
 
「七夕(しちせき)の節句」
ー(7月7日)―「笹の節句」
 
「重陽(ちょうよう)の節句」
ー(9月9日)ー「菊の節句」

 
です。

 


 
「節句」は昔は「節供」ともよばれ、神様にお供えする食べ物を指しました。
ひな祭りの行事食は以下のようなものがあります。
 
白酒
菱餅
ひなあられ
はまぐりのお吸い物
ちらし寿司

 
すべて縁起をかつぐおめでたい意味があります。

 

白酒


 
桃は古くから、邪気を払う厄除けの果実とされていました。
また、「桃」が「百歳(ももとせ)」という言葉につながることもあり、桃の花びらを浸した「桃花酒(とうかしゅ)」が飲まれていました。
 
これは、お屠蘇のように「薬酒」として中国から伝わったものです。
お屠蘇も薬用酒なのですよ^^♪

 
江戸・享保期(8代・吉宗の時代)になると、みりんに蒸したもち米や米麹を仕込んで熟成された「白酒」が定着します。
 
現代では、女の子のお祝いなので、白酒の代わりに子供も飲める甘酒を代用することが多いです。
甘酒と白酒は、見た目は似ていますが、かなり違うものです。
 
甘酒は、一般的にはご飯に米麹混ぜて保温して米のデンプンを糖化させたもので、アルコールはほとんど含みません。
一方、白酒はみりんや焼酎に蒸したもち米や米こうじを仕込み、熟成させたもろみを軽くすりつぶして造った酒のことをいいます。
アルコール分は約9%、糖質は45%程度で、酒税法ではリキュール類に分類されます。(参考:「たべもの語源辞典」)

スポンサーリンク

菱餅(ひしもち)

菱餅は、桃の花や春らしさが感じられるきれいな色をしていますね。
ピンクは「魔除け」、白は「清浄、純潔」、緑は「健康」を意味します。
上からピンク、白、緑の順になります。
 
また、「雪(白)の下から緑が芽吹いて桃の花が咲く」という桃の節句にちなんだ情景になぞられたという説もあります。(後付けっぽいですけど。)

ひなあられ

古代日本では、農業の神様にもち米を供えて五穀豊穰を祈る風習がありました。
上巳の節句では、ひな遊びの際に持っていく食べ物として「焼いた菱餅」=「ひなあられ」を携帯しました。
それが、今のひなあられにつながったようです。
 
ひなあられの色いには、それぞれ意味があります。
「白」(雪)は大地のエネルギー
「緑」(葉)は木々のエネルギー
「赤」(血)は生命のエネルギー
を表します。
 
緑・赤・黄・白の4色ある場合は、
緑が春、赤が夏、黄が秋、白が冬を指し四季を意味するといわれます。
 
★ひなあられは関東と関西で異なります。
 
関東は、甘いポン菓子(白)の中に緑とピンクに着色した粒を混ぜた物です。
関西は、しょうゆや塩などで味を付けたものです。(おかきです^^♪)

はまぐりのお吸い物

はまぐりの貝殻は、対になっている貝殻でなければぴったりとは合いません。
このことから、昔からはまぐりは夫婦仲の良い象徴とされていました。
 
娘が仲の良い相手と結婚して、一生幸せに暮らせますようにという、両親の願いが込められているのです。

ちらし寿司


ちらし寿司は、もともと行事食ではなかったようです。
女の子のお祝いに相応しい華やかさがあることから、後々この日に食べられるようになりました。
 
えびは「長寿」、れんこんは「見通しがきく」、豆は「健康でまめに働ける」という縁起のよい意味があります。
 
これらの食材は、縁起がよいのでおせち料理にも使われます。

 
また、三つ葉や卵、菜の花を散らすことで、いっそう華やかになり春らしいひな祭りのお料理に相応しいと定番になりました。
 
ちらし寿司は、押し寿司や、茶巾寿司太巻きの形で食べる地域もあります。
行事食は、使われる食材や食べ方に地域性があらわるので、興味深いですね。

 
「ひな祭り」のまとめ記事はこちらです。(´▽`)♪↓

ひな祭り・ひな人形と行事食の由来や飾り方・まとめ記事!


 

スポンサーリンク