この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。


 
お正月の「行事食」について、まとめました。
 
 
お正月料理は、地方によってかなり違っていて、その地方の個性が表れています。
 
それはその土地に古くから受け継がれた風習や歴史、地理、気候などに大きく関係しているからです。おもしろいですね。
 
 
「お餅」が禁忌だった地域は「すいとん」のような形をしていますし、沖縄のように「お雑煮」を食べない地域もあるんですよ。

 
 

スポンサーリンク

 

やっぱり主役は「おせち料理」

 

 
おせち料理の中身は、縁起をかつぐものであふれています。
 
 
日本人は昔から「ダジャレ」のような言葉遊びが大好き!
 
 
ですから、縁起物も「語呂合わせ」のようなものが多いです。
 
 
これは、昔々から日本人が「言葉」を、とてもとても大切に扱っていたことの表れだと思います。
 
一年の無病息災の願いが込められた「おせち料理」の由来・中身の説明とお重の詰め方などはこちらをどうぞ♪

   ↓


 
 
一言でおせち料理と言っても、とても多くの種類の具材があります。
 
 
お取り寄せの「おせち料理」には30種から40種に及ぶものもあるそうですよ。
 
 
でも、少人数の家庭やあまりおせち料理を食べない家庭では、縁起ものとはいえこんなにたくさんいらないわと思いますね。(わが家がそうなのですが)
 
 
そのような場合は「絶対外せない基本の数品+家族の好みのもの」で充分だと思います。

  
 
 

スポンサーリンク

おめでたい席には「お屠蘇」を!

 

 
新年初めにいただくお酒といえば「お屠蘇」が思い浮かびますね。
 
 
初詣に行くと「お神酒(みき)」をふるまわれることもあります。
 
 
この「お屠蘇」と「お神酒」は、実は全く別の由来のものなんですよ。
 
私は下戸でして、お酒の知識は全くなく、この違いも全然知りませんでした。
 
 
へ~~っという感じでした。(´・ω・)

 ↓

 

お雑煮

 

 
さてさて、お正月料理の中でもっとも地方色が濃く表れるのは、「お雑煮」だと聞きますよ。
 
 
お雑煮の地方による違いは、本当におもしろく、いろいろ調べて細かく見ていくときりがありません。
 
 
お雑煮の個性はその地方独自の古くからの風習や文化、他地域とのつながりから生まれたものです。
 
 
ですから、地方の歴史を表すものでもあるのです。
 
 
お雑煮の「成り立ち」「江戸」と「上方」のお雑煮の「違いが生まれたきっかけ・理由」について、こちらの記事でお伝えしています。

   ↓


 
 

おわりに

 

 
お正月は、日本人にとってとても大切なハレの「行事」・「儀式」です。
 
 
でも、昔のようにお正月前後の「行事」に多くの時間を使うのは、忙しい現代人の感覚や生活には合いませんね。
 
 
昔から江戸、現代に続く歴史の流れの中で、「お正月」の作法や過ごし方も、常に変化していっています。
 
 
ですから、こうでなければと決めつけたり、自分の価値観を人に押し付けたりせず、それぞれ自分のライフスタイルに合わせて、楽しむのが一番だと思います。(*^_^*)

 
 

スポンサーリンク