この記事を読むのに必要な時間は約 18 分です。


 
こんにちは、百華です。
 
 
1度は読んでおきたい谷崎潤一郎の長編小説、『痴人の愛』を紹介します。
 
 
ヒロインのナオミは発表当時(大正13年=1924年)から人気で、ナオミズムという言葉がはやったほど!
 
 
彼女のモデルは、葉山三千子(はやま みちこ)という女性だといわれています(本名は石川せい子)。
谷崎の最初の奥さんの妹で、映画女優をしていたモダンガールでした。
お写真も何枚か残っていますよ。

 
 

スポンサーリンク

①主な登場人物

 

 
・奈緒美(ナオミ)
 
西洋人のような容姿をもつ美少女。カフェの女給をしていた。
勉強をがんばるという約束で引き取られるが、わがままに暮らすようになる。以後、素行の悪さと生活力のなさが暴かれる。
 
 
・河合譲治(かわい じょうじ)
 
28歳のサラリーマン。物語の語り手でもある。
アメリカの映画女優メリー・ピクフォードが大好きで、彼女に似ているナオミを引き取った。良くも悪くもまじめでナオミに一途。ハイカラぶる癖がある。本人いわく「男前(男振り)は普通」。
 
 
・浜田(浜さん)
 
大学生。素直なところのあるボンボン。ダンスが上手。
 
 
・熊谷(まアちゃん)
 
大学生。浜田の友達でボンボン。チャラ男(?)。
 
 
・春野綺羅子(はるの きらこ)
 
女優。ナオミと対照的に描かれる美女。

 
 

②『痴人の愛』の簡単なあらすじ

 

 
※譲治がナオミとの出会いから現在までを回想しています。譲治が語る一人称小説ですが、この記事では三人称で紹介します。
 
 
エリートサラリーマンの譲治は、カフェの女給・奈緒美(ナオミ)を引き取って西洋人にも負けない立派な婦人に育てようとした。鎌倉へ海水浴に行った翌年、夫婦関係を結ぶ。勉強が不得意なナオミだが、その身体はいよいよ美しくなるばかり。
 
やがて彼女はひんぱんに男友達と遊ぶようになり、それが見つかって家を追い出されてしまう。いったんは激怒した譲治だが、荷物をとりに現れる彼女の媚態に陥落,すべてを自由にさせるという条件のもとによりを戻す。なんやかんやあった2人は今日まで仲良く暮らしている。

 
 

スポンサーリンク

③『痴人の愛』のくわしいあらすじ

1.出会い

 

 
8年前、譲治は浅草のカフェで奈緒美(以下、ナオミ)と知り合いました。
 
 
ハイカラな名前と、アメリカの女優メリー・ピクフォードに似た顔立ちを見初め、注目するようになります。
 
 
ナオミは数え15歳。無口で陰鬱にもみえる少女でした。
 
 
譲治は28歳。結婚については新しい考えをもっていました。
 
それは、2人だけで友達のように暮らし、お互い気に入ったらそのうち夫婦になれば良いというものです。
 
 
数か月後、ひと通りの学問を仕込み、じゅうぶんに世話をすると約束して実家の了解を得、ナオミを引き取ります。
 
 
そこには生家にめぐまれていない (いかがわしい商売のお家に生まれた)彼女に対する同情もあったようです。

 
 

2.失望と喜びと

 

 
2人はハイカラな雰囲気のなか、世間の常識にとらわれない暮らしをはじめます。
 
 
家には西洋流の家具をおき、海外女優の写真をかざりました
(今でいう、好きな芸能人のポスターを貼るのと同じ感覚でしょうか)。
 
 
鎌倉で楽しいひと夏を過ごしたのち、正式な夫婦となります。
 
 
譲治は、ナオミを「美しい精神と肉体をもった近代的な婦人にしたい」という(やや漠然とした)望みをもっていました。
 
 
一緒に暮らすうち、期待したほど賢くなかったナオミに失望。
 
 
しかし!
反対に彼女の肢体の美しさは増していくばかりで「こっちは想像以上だ」と喜びます。顔もどんどんメリー・ピクフォードに似てくるのです。
 
 
結局、ナオミを愛するあまり、彼女の機嫌をかって優越感をもたせることにつとめるのでした。
 
 
彼女がわがままになった責任は譲治にもありますねぇ。

 
 

3.オトコの影

 

 
ナオミに男友達がいるとわかったのは彼女が18歳の頃。
 
 
退屈していた折でもあり、2人はダンスの稽古に通うようになりました。
 
 
はじめての舞踏会でドギマギするエピソードの中、ナオミの欠点も徐々に暴かれていきます。
 
 
やがて、舞踏会で知り合った男たちが2人の生活に入り込みますが、「イヤらしいことはないのよ」というナオミの言い分に半信半疑ながらも安心している譲治。
 
 
ですが4年ぶりの鎌倉行きで、ついに真相を知ってしまいます。

 
 

4.ゴタゴタ

 

 
ナオミが久しぶりに鎌倉へ来たがったのは、浜田や熊谷など仲良しの男たちと遊びたかったからでした。帰ってきてからもその態度は改まりません。
 
 
密会の証拠をおさえた譲治はブチぎれ、衝動的に彼女を家から追い出します。
 
 
 
とはいうものの、未練たらたら。
 
 

「ああとんでもない!俺はほんとに大変な女を逃がしてしまった」

自分は今、一生懸命ナオミを恋い慕っているよりほか、何の仕事も持っていないのだ。

 
 
こうしてはいられないと急いで捜索を始めましたが、ナオミがもはや昔のナオミでないことを知ってしまいます。
 
 
彼女のただれた生活は、とうていカタギの奥さんができるものではなかったのです。
(つまり、売春婦っぽくなっちゃったということです……。)
 
 

5.結末

 

 
しかし、ナオミへの幻滅も長い間は続きません。
 
 
「荷物を取りに来た」とふいに現れる彼女の、この世のものとは思えない聖なる美しさ……
 
 
それは譲治を「もう一度夫婦としてやり直したい」という気持ちにさせるのに十分でした。
 
 

私のような男はただその前に跪き、崇拝するより以上のことは出来ないところの、貴い憧れの的でした。

「ナオミ!ナオミ!もうからかうのはいい加減にしてくれ!よ!何でもお前の言うことは聴く!」

 
 
ナオミがパワーアップ(?)したと同時に、譲治もひと皮むけた感じがしますね。
 
 
※彼らの駆け引きやクライマックスの描写は必見。ドキドキしながら読んでください♡
 
 
2人はよりを戻し、生活のこと、お金のこと、全てナオミの言うがままにするのでした。
 
 

④おわりに

 

 
いかがでしたか。
 
 
この作品は本当にいろんな楽しみ方ができます。
 
 
恋愛・結婚生活の参考書としても読めますし、映画やダンスなど当時の若者文化に注目してもいいでしょう。
とくにメリー・ピクフォードの名は何度も出てきます。
 
 
けれど、やはり

これを読んで、馬鹿々々しいと思う人は笑って下さい。教訓になると思う人は、いい見せしめにして下さい。私自身は、ナオミに惚れているのですから、どう思われても仕方がありません。
ナオミは今年二十三で私は三十六になります。

という含みのあるラストが効いていますね。
 
 
譲治は破滅したわけでも、敗北したわけでもありません(堕落はしたと思いますが……)。
 
 
むしろその逆ではないのでしょうか。
なんだかんだいって幸せそうにみえます。
 
 
あこがれの異性ソックリな人と暮らしているところなど、ちょっとうらやましい気もしますね……(*´艸`*)。
 
 
こうした、誰もが持ちうる秘められた欲望を描ききるところが、谷崎潤一郎の一流と言われる所以なのです。

 
 
【ライター:百華】
 
 
『痴人の愛』はAmazonkindleで無料で読めます。↓




【関連記事】