この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。


 
こんにちは。
 
 
「夏らしい短歌」を、近現代の5人の有名歌人、北原白秋、若山牧水、石川啄木、与謝野晶子、正岡子規の作品から選んで紹介します。
 
 
「短歌」と「和歌」は、どこがどう違と思われますか?
 
 
それは⇒★こちらに詳しく書きましたが、ざっくりとらえると、明治以前の昔に詠まれたものが和歌、明治以降の作品が短歌となりますよ。

 
 

スポンサーリンク

夏の短歌

 
 
一般的に、明治時代以前のものを「和歌」、明治時代以降のものを「短歌」と呼ぶことが多いです。
 
 
今回は、明治時代以降に活躍した5人の歌人、の夏の短歌をご紹介します。

 
 

(1)北原白秋の夏の短歌

 

 
北原白秋は、日本を代表する詩人で歌人、そして多くの童謡の歌詞を書いた童謡作家でもあります。「ゆりかごの歌」「あめふり」など、小学校の音楽の教科書にのった歌もたくさんありますよ。
 
 
彼は早稲田大学在学中に若山牧水と知り合い、1906年ごろから、与謝野鉄幹・晶子、石川啄木らと交友を結びました。雑誌「明星」で詩を発表して、広く認められるようになりました。
 
 
・あおによし 奈良の都の藤若葉 けふ新たなり我は空行く
 
・朝山は 風しげけれや夏鳥の 百鳥のこゑの飛びみだれつつ
 
・昼ながら 幽かに光る蛍一つ 孟宗の藪を出でて消えたり
 
・驚きて わが身も光るばかりかな 大きなる薔薇の花照りかへる
 
・さしむかひ 二人暮れゆく夏の日の かはたれの空に桐の匂へる
 
・若葉して かかりみじかき藤の房 清水ながるる田のへりゆけば
 
・爆竹の 花火はぜちる柳かげ 水のながれは行きてかへらず
 
・真夏空 絶えず湧き来るいつくしき 白木綿雲の中わくるなり
 
・君と見て 一期の別れする時も ダリヤは紅しダリヤは紅し

 
【鑑賞】
 
恋人と別れて失意の中の白秋の目に、ダリアだけが色鮮やかに咲いている様子が切ないです。
 
ダリアの紅色こそが、二人の燃え上がる恋の色だったのかもしれませんね。美しい歌です。
 

 
 

(2)若山牧水の夏の短歌

 

 
若山牧水は、1904年に早稲田大学に入学して北原白秋と知り合いました。旅を愛した歌人として知られています。
 
 
牧水の短歌は、切なくさびしげな情感と美しい情景が相まった作品が多く、すごく好きです。
 
 
夏の植物などを含む短歌を紹介します。
 
 
・くもり日に 啼きやまぬ蝉と我が心 語らふ如くおとろへてをり
 
・けふもまた 明けにけるかな軒端なる 椋の青葉に風は見えつつ
 
・夏山の 風のさびしさ百合の花 さがしてのぼる前にうしろに
 
・夏草の 茂りの上にあらはれて 風になびける山百合の花
 
・うろこ雲 空にながれてしらじらと 輝けるかげの夏の夜の月
 
・天の河 さやけく澄みぬ夜ふけて さしのぼる月のかげはみえつつ

 
 
「天の河」は、俳句の季語では「秋」ですが、現代の感覚では夏なので選びました。

 
 

スポンサーリンク

(3)石川啄木の夏の短歌

 

 
生き方のクズっぷりがヤバイ石川啄木ですが、和歌の才能は確かだと思います。(←好きなだけですが)
 
 
「一握の砂」の「はたらけどはたらけど 猶(なお)わが生活楽にならざり ぢっと手を見る」が有名ですね。
 
 
でも、彼は実際にはあまり本気で働くことはなく、借金しまくって踏み倒しまくって奥さんを裏切り続けています。それでも、奥さんはイケメンの啄木が好きだったみたいです。
 
 
雑誌「明星」に投稿していたことから与謝野鉄幹・晶子夫妻や北原白秋ら歌人と、また森鴎外や夏目漱石など小説家とも広く交友関係にありました。
 
 
26歳で肺結核で亡くなったとき、友人の若山牧水に看取られています。
 
 
・いつしかに 夏となれりけり やみあがりの目に こころよき雨の明るさ!
 
・わが庭の 白き躑躅(つつじ)を薄月の 夜に折りゆきしことな忘れそ

 
 

(4)与謝野晶子の夏の短歌

 

 
与謝野晶子は、本名を「志よう」(しょう)という大阪生まれの歌人です。
 
 
彼女は駄菓子屋さんの家に生まれたのですが、兄の影響で、尾崎紅葉などの小説に興味を持つようになりました。
 
 
20歳ごろになると、短歌を雑誌に投稿するようになり、大阪で開かれた歌会で夫となる与謝野鉄幹(てっかん)と出会い一目ぼれしています。
 
 
当時、鉄幹には妻子がいたのですが、1901年に略奪愛で奪い取り、その年に代表作「みだれ髪」を出版しました。
 
 
とにかく、鉄幹が大好きだったらしく、官能的な短歌をたくさん残しています。
 
 
・初夏や 吹くもあほるも扇より 勝らぬ風のにくからぬかな
 
・夏の風 山よりきたり三百の牧の 若馬耳ふかれけり
 
・うす色の 牡丹の花のちるけはひ 身に覚えつつ文かくわれは
 
・薔薇の花 今や終の近づきて 限りも知らず甘き香を吐く
 
・夏まつり よき帯むすび舞姫に 似しやを思ふ日のうれしさよ
 
・夏の花 みな水晶にならむとす かはたれ時の夕立の中
 
・朝顔は わがありし日の姿より 少しさびしき水色に咲く
 
・天の川 白き夜ぞらにかひな上げ ふれて涼しくなりし手のひら

 
 

(5)正岡子規の夏の短歌

 

 
近現代俳句・短歌を確立したといわれる正岡子規は、生涯にたくさの短歌を残しました。
 
 
彼はアララギ派の歌人で、上に紹介した歌人たちとも交流がありました。また、夏目漱石と親友だったこともよく知られています。
 
 
子規についてはこちらをどうぞ⇒正岡子規はこんな人♪
 

 
・夕立の はるる跡より月もりて 叉色かふる紫陽花の花
 
・たまたまに 窓を開けば五月雨に ぬれても咲ける薔薇の赤花
 
・くれなゐの 牡丹の花の咲きしより 庭の千草は色なかりけり
 
・鉢植えに 二つ咲きたる牡丹の花 くれない深く夏立ちにけり
 
・清水の 音羽の瀧の音高み 涼しくふくる夏の夜半かな
 
・夏の夜の 月の光し清ければ 加茂の河原に人つどひけり

 
【鑑賞】
 
「清水の音羽の滝」「加茂の河原」・・・
 
京都の地名は趣があるので、短歌や俳句に使うと風情が出ます。
 
音羽の滝は涼し気ですし、鴨川の河原には夏は川床(かわどこ)が開かれ、今も夜はにぎわいます。

 
 
【関連記事】
   ↓


 

 

 

スポンサーリンク