この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。


こんにちは、このかです。
 
「小正月」という言葉は、最近、都市部ではほとんど聞くことがありませんね。
 
そもそも正月に「小」がつくってどういうことなのって思いますね。
それじゃあ、「大正月」もあるのかなとか・・・。
 
実は、あるんですよ、「大正月」。
 
「大正月」は、いわゆる「お正月」の事なんです。

    ↓

スポンサーリンク

 

小正月とその由来

 

 
毎年「1月15日」が「小正月」です。
 
 
この由来なんですけど、中国から暦が入ってくる前、古代日本には、月を基準にした独自の暦がありました。その暦では、満月から次の満月までを1ヶ月として、満月を毎月の1日としていたのです。
 
 
そして、1年で1番始めに見える満月の日を「元日」と決めました。
つまり、「小正月」とは、旧暦の正月のことを指すのですね。
 
 
旧暦の正月を現代の暦に直すと、正確には1月14日~16日になるのですが、今の暦と区別しやすいように「1月15日」が小正月と決められたんです。
 
 
全国的には「松の内」は1月7日とされますが、関西など一部の地方では、1月15日までとされていますよ。
 
 
まあ、なんとなく全国的に「小正月」までがお正月という、古くからの風習が残っているのでした。

 
 

「小正月」の行事

 

 
「大正月」、つまりお正月は、歳神様と先祖の霊を迎える1年でもっとも大きな行事です。
 
一方、「小正月」は、大正月の行事が終わって、嫁が休みをもらって実家に帰れる日と決められていました。なので、家庭的ないくつかの行事が行われたのです。
 
 
昔の嫁にとって「小正月」は、めっちゃ貴重な引け目を感じず「里帰り」ができる日だったので、この日を「女正月」とも呼ぶこともあります。

 
 

スポンサーリンク

餅花(もちばな)

 
「小正月」には、稲穂に見立てた柳の枝に紅白お餅をつけたものを、柱や台所などに飾りました。それを「餅花」とよびます。
 
これは、五穀豊穣を祈願する心を表したもので、小正月の飾りとして定着していました。

 
 

小豆粥(あずきがゆ)

 
古くから「小正月」には、小豆とお餅を入れたお粥を食べる習慣がありますよ。
 
 
小豆の赤色には、昔から邪気を払う力があると考えられていました。
小豆はおめでたいイメージがありますよね。お赤飯とか・・・。
 
 
邪気祓いが転じて「福を呼ぶ」と考えられるようになったそうです。だから、お祝いにお赤飯なんですね。
 
 
この小豆粥には、1年間の無病息災と厄払いの意味が込められているのです。
 
 
体があったまるし、お正月で疲れた胃腸を休めるためにもよいですね。

 
 

左義長・どんど焼き

 

 
平安時代に始まった「左義長(さぎちょう)」は、今では「どんと焼き」とよばれることが多いです。
 
左義長・どんと焼きの詳しい説明はこちらです。↓

 


 
 
どんと焼きというのは、「小正月」(1月15日)の午前中に「正月飾り」を焼いて、その火で焼いたお餅を食べるという風習です。
 
 
お正月に迎えた歳神様を送る意味があるので、その火や灰にはご利益があるとされていますよ。
 
 
残り火で焼いたお餅やお団子を食べると無病息災のご利益があり、書き初めをこの火で焼くと、字がうまくなると伝えられています。
 
 
古くは神社で行われましたが、今では、地域の自治体で行われる場合もあります。娘が通っていた幼稚園では、毎年運動場でどんと焼きをしていました。古くからの行事を知ることができるので、いいなと思いましたよ。

 
 

まとめ

 

 
★「小正月」とは「1月15日」のこと。
 
★今のお正月よりも起源は古い。
 
★昔は、嫁いだ女性が「里帰り」できる数少ない機会だった。
 
★左義長・どんと焼きによって、完全にお正月が終了する。

 
 

スポンサーリンク