この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

最近は、日が暮れるのがすごく早くなりました。
二十四節気では、もう「立冬」です。
冬が近づいてきていますね。
今回は「初日の出」について。

スポンサーリンク

美しい初日の出を拝める「関西」のおすすめスポットを紹介します。

まず、2017年の主な都市の「初日の出」の時間はこちらです。
6:30までに着くと、大丈夫そうですね♪

北海道 札幌市 7:06
宮城県 仙台市 6:53
東京都 新宿区 6:50
大阪府 大阪市 7:05
兵庫県 神戸市 7:06
福岡県 福岡市 7:22

「初日の出」と「ご来光」


「初日の出」と「ご来光」はどちらも元旦の朝昇る太陽のことを指す場合が多いです。
しかし、元は全く別の意味を持つものなのです。
【初日の出】
信仰の対象は「神道」。
昔の人は、歳神様が「初日の出」と共に降りてくると信じていました。
そこから初日の出を拝むようになったものです。
【ご来光】
信仰の対象は「仏教」。
お釈迦様が光を背負って来迎するのに、日の出をなぞらえていったものです。

「初日の出」は、元旦の日の出に限られます。
場所は山でも海でも街でもどこでも拝めます。
「ご来光」は、元旦に限りませんが、高山から見る荘厳な日の出のことを指します。

「関西」の「初日の出」人気のスポット

関西地方の「初日の出」おすすめスポットを紹介します。
「初日の出」を拝める時間は7:00すぎです。
私はこのスポットは、全部行ったことがあります。(「普段の日」にですが)
個人的には断然「山」の風景が神秘的で好きですが、六甲山は山でありながら神戸市から近いので、街も楽しめます。有名スポットは毎年大変混雑しますので、当日の交通情報をご確認ください。

比叡山ドライブウェイ(滋賀県)


日本最大の湖、琵琶湖を望むドライブウェイです。大津市内から比叡山山頂へと続きます。
比叡山の「延暦寺」は世界文化遺産にも登録されています。その「延暦寺」の参拝客も多く訪れる「夢見が丘の展望台」からは琵琶湖が一望できます。
琵琶湖を照らす「初日の出」は素晴らしいこと間違いなしです!(日中でも充分美しいですから)
大晦日は終夜開いています(駐車場無料、ドライブウェイは有料。)

<例年の人出>約300人
【住所】滋賀県大津市山上町776-30
【営業時間】1/1(祝) 0:00~22:00
※大みそかは終夜営業ですが、天候により変更になる場合もあります
9:00~20:00 ※時期・天候により変更になる場合あり
【料金】普通車ドライブウェイ通行料
延暦寺往復 1620円
ホテル前往復 820円
【交通アクセス】
【電車】JR京都駅➾京都バス比叡山頂行き(20分)「田の谷峠」下車
【車】名神高速京都東IC・大津ICからそれぞれ20分
【駐車場】690台 無料 (4ヵ所あり)
【問い合わせ】077-529-2216

信貴生駒スカイライン(奈良県)

非常に美しい夜景で有名な信貴生駒(しぎいこま)スカイラインには「初日の出」スポットも充実しています。特に奈良盆地が一望できる暗峠(くらがりとうげ)付近や、鐘の鳴る展望台などがおすすめです。
通常は6:30~23:00の間しか通行できませんが、12月31日23:00~1月1日23:00の間は通行可能です。
「初日の出」は大和高原方面から昇ります。スカイラインは自動車専用道路のため、徒歩の場合は生駒山上遊園地駐車場(大晦日は無料)からの展望がおすすめです。

【所在地 】奈良県生駒市
【料金】通行料(登山口~生駒山上往復720円、
登山口~信貴山片道1340円、往復1940円)
【交通アクセス】
【車】阪神高速水走出入口から国道170号・阪奈道路経由15km20分
【駐車場】宝山寺無料駐車場250台、信貴山有料駐車場330台
スカイライン利用者300円、一般500円。
12月31日~1月5日スカイライン利用者500円、一般1000円
【問い合わせ】0743-74-2125/生駒山自動車道営業所
(9:00~20:00)

葛城山頂(奈良県)


葛城山は水越峠をはさんで北にそびえ立つ標高959.mの山です。金剛山と並び金剛山地のなかでひときわ目立つ存在です。「ツツジ」の名所として有名な山で、例年5月中旬ごろになると一目百万本といわれる感動的な景色を眺めることができます。
元旦には「初日の出」を見る人たちのためにロープウェイが早朝運行します。交通機関の特別運行は、毎年間際に決定されるので確認が必要です。
ロープウェイに乗って「初日の出」を見に行くのはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
<例年の人出> 約700人
【住所】奈良県御所市櫛羅
【交通アクセス】
【電車】JR御所駅・近鉄御所線近鉄御所駅からバス約15分終点下車ロープウェイ約6分
【車】西名阪道柏原ICから国道165号・県道30号線経由約30分で登山口駐車場
登山口から登頂までのロープウェイは約6分
「ロープウェイ運賃」
大人 片道740円 往復1,250円
小人 片道370円 往復630円
【駐車場】118台(普通車1.000円)
【問い合わせ】電話:0745-62-3346 御所市観光協会
※年末年始期間の交通機関や駐車場の営業は変更になる場合があります。
ご利用の際は事前にご確認ください。

六甲山(神戸市)

六甲山は函館、長崎と並び日本三大夜景のひとつといわれます。
神戸市街を一望できるので、普段から人気のあるドライブスポットです。標高880mに位置する六甲ガーデンテラスや自然体感展望台からは、明石海峡から関西国際空港まで広がる「大パノラマの景色」を楽しめます。その夜景に浮かぶ「初日の出」が見られますよ。
また、元旦に早朝運転されるケーブルを利用すれば、山頂まで上がって天覧台から朝日を拝むこともできます。

<例年の人出>約1000~1500人
【住所】兵庫県神戸市灘区六甲山町五介山1877-9
【交通アクセス】
【電車】六甲有馬ロープウェイ六甲山頂駅から徒歩3分
【車】阪神高速魚崎ICから約40分
【駐車場】360台
【問い合わせ】078-894-2281 六甲ガーデンテラス

梅田スカイビル・空中庭園展望台(大阪市)


梅田(大阪)にあるオープンエアの展望台です。毎年人気の「初日の出」スポットです。40階では屋内から「初日の出」が眺められるので、寒さをしのぐこともできます。(元旦の混雑時には入場が制限される可能性あり)。先着365名に干支の置物のプレゼントもあるそうです。
エレベーターとエスカレーターを乗り継いで、地上173mの屋上展望台へ上ります。大阪市内はもちろん生駒山や明石海峡方面まで見渡すことができます。「初日の出」は金剛生駒山系方面から昇ります。梅田の中心にあるので、大晦日の夜から大変な人出が予想されますね。1100人が集まるというのはすごいです。1月1日は17:00~22:30まで営業しています。

<例年の人出> 約1100人
【住所】大阪府大阪市北区大淀中1-1-88 梅田スカイビル39・40F・屋上
【交通アクセス】
【電車】阪急電鉄梅田駅茶屋町口から徒歩9分
【車】阪神高速梅田出口から約3分
【駐車場】460台
【問い合わせ】06-6440-3855

京都タワー(京都市)


京の町を一望する古都のシンボルです。
京都タワーは地上131mを誇る京都で最も高いタワーです。京都の景観を損なわないように鉄骨を使わずに建設されたそうです。独特なシルエットは古都を照らす灯台をイメージしています。地上100mにある展望室からは、京都の町並みや寺社、周囲の山々を一望でき、美しい夜景も楽しめます。
元旦には南東方面の稲荷山、つまり「伏見稲荷大社」の方角から昇る「初日の出」を拝めます。京都駅中央口を出るとタワーが見えます。駅からすぐですよ。

 
「初詣」にもすごく人気のある有名神社です。↓

 

【住所】京都府京都市下京区烏丸通七条下ル
【交通アクセス】
【電車】JR京都駅から徒歩2分
【車】名神高速道路京都南ICから約20分。
阪神高速道路8号京都線上鳥羽ICから約15分
【駐車場】提携駐車場有り(但し少ないです)
【問い合わせ】075-361-3215

神戸ポートタワー(神戸市)


神戸港のシンボルで高さ108mの鼓の形をした赤いタワーは、世界初のパイプ構造の建造物です。
展望台からは360度の神戸市街の夜景が楽しめ、7000個のLEDイルミネーションが煌めき、ロマンティックな雰囲気を醸し出します。
元旦は大阪を照らす「初日の出」を見ることができます。先着300名にオリジナルグッズがプレゼントされます。1600人と例年大勢の人が集まりますので混雑必至です。交通事情をご考慮ください。

<例年の人出> 約1600人
【住所】兵庫県神戸市中央区波止場町5-5
【交通アクセス】
【電車】JR・阪神電鉄元町駅・神戸高速高速花隈駅から徒歩15分。
神戸市営地下鉄海岸線みなと元町駅から徒歩5分
【車】阪神高速道京橋ランプから約5分
【駐車場】280台
【問い合わせ】078-391-6751

 
「お正月」記事・「総集編」はこちらです♪↓

2017「お正月総集編」~お正月に関する全ての記事はこちらから♪


 

スポンサーリンク