この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。


 
こんにちは。このかです。
 
旅を好んだ歌人・俳人はたくさんいますね。
その中で、私の一押しは「西行法師」です。
 
西行法師は、とにかく生き方がクールなのです。
彼は、文武両道の超エリートでした。
 
エリートなのはすごいけど、私的にはそれだけでは素敵とは言えません。
彼がカッコいいのは、そんなキラキラした現在も未来もぜーんぶ捨て去って、山に籠って自分を見つめる暮らしにてっした所なのです。
 
そんな西行法師に憧れた人は、数知れず・・・。
多くの歌人、俳人、茶人などが、その寂びの生き方の影響を受けています。
 
松尾芭蕉は、この西行法師に憧れて、旅に人生を投じた俳人でした。
 
今回は、百人一首の札のつるてん坊主をイメージしてしまうあなたに、西行の生き様のかっこよさをご覧いただきたいと思います。

 

スポンサーリンク

西行は美形エリート親衛隊「北面の武士」だった!

 

 
西行法師・本名は佐藤義清(のりきよ)
「佐藤さん」です。身近な感じですね。
 
西行法師と言えば、花(桜)と月をこよなく愛した放浪の大歌人として知られています。「新古今和歌集」に、94首という最多の和歌が治められている人でもあります。
 
西行の歌は、定家のような技巧に凝った歌とは異なり、あくまで自然体です。旅先の自然を素直に言葉につむぎ、内面の孤独や寂しさを素朴な言葉で飾らずに詠みました。かなりネガティブな歌が多くて、すごく好き。。。
 
彼は、藤原鎌足の子孫として、名門の裕福な武士の家に生まれます。
幼くして父を亡くしたため、早くに跡を継ぎ、18歳で朝廷の警護兵となりました。
 
西行が配属されたのは、「北面(ほくめん)の武士」
北面の武士とは、鳥羽院直属の親衛隊・名誉ある精鋭部隊で、文武両道はもちろんのこと、容姿端麗も採用条件に含まれました。
 
西行は、公家・武家両社会の代表的スポーツである「蹴鞠」の名手で、疾走する馬上から弓矢で的を射る「流鏑馬(やぶさめ)」の達人でもありました。
さらに、ひんぱんに開催された歌会でも、西行の和歌は高く評価されました。
 
顔よし、頭よし、センス抜群、スポーツ万能、もちろんお金持ちで、家柄もよかったわけです。
 
ちなみに、同僚には、同い年の平清盛がいました。( ̄▽ ̄;)
そう、あの平家の棟梁になる彼です。
 
文武両道で美形の西行の名は、天皇はじめ朝廷のトップ層にも聞こえていました。もう華やかな将来は約束されたようなもんです。
 
しかーし!
 
西行は、約束されたエリートコースをサッパリ捨て去り、1140年、23歳の若さで出家したのでした。

 

地位名声の一切を捨てた潔さ

 

 
西行出家の噂は、朝廷内に瞬く間に広がります。
 
それは、彼が若かったということもありましたが、出家の仕方が他の多くの人と違っていたからです。
 
実は、当時の上流階級の人たちにとって、出家は特に珍しい事ではありませんでした。
 
でも、西行は官位を持っていて、しかも妻子がいました。
 
そして、大きな寺院に迎え入れられたのではなく、どの宗派にも属さず、地位も名誉も求めず、ただ旅に出ては山籠もりし、和歌をとおして自分の人生に向き合おうとしたのです。
 
全てを捨て去り、富も地位も名誉も求めず、山に籠ったところに感銘を受ける人々は多く、内大臣の藤原頼長は、「人々はこの志を嘆美しあった」と記しています。
 
彼の出家の理由は、いろいろ考証されています。よく取り上げられるのはこんな感じです。
 
1.親友が急死して世の無常を感じたから
2.皇位継承をめぐる朝廷への失望
3.待賢門院(鳥羽帝后)との失恋
4.仏に救いを求める気持ちが高まったから
 
でも、西行本人でなけば、その心の中は分かりません。
失恋話はともかくとして、いろんな要因が絡み合っていたとは思います。
当時は、皇位継承で醜い争いをしていましたし、浄土思想が高まった時代でもありました。
 
私は、小林秀雄などが示唆している、西行の出家は、外的要因ではなく、内的要因、つまり、よりよい自分を発見し、自己を高めるという目的のためだという考え方がしっくりきます。
 
これは、小林秀雄らしい文学的発想だと思いますが、西行は生まれながらの歌人です。芸術家ですよ。
 
世俗の地位や名誉などより、自分自身を高めるほうがずっと価値あることと、考えていたのではないかと思います。

 

西行法師・旅のエピソード

 

 
宮廷を去った西行は、始めに鞍馬に行き、そこで小さな庵を作って籠って自己を見つめます。その後、各地を旅してまわりました。
 
桜を愛でた西行らしく、まずは3年ほど秘境・吉野で暮らし、28歳のとき、親戚筋の奥州藤原氏を訪ねに平泉へ行きます。その後は、高野山で庵を結び、30年ほど旅に出ながら、そこを拠点としていました。
 
彼は、行く先々で歌を残しています。
後鳥羽院は、自然や心情をストレートに言葉にした西行の歌を、ことさら好んだといわれます。
 

 

スポンサーリンク

娘が心配過ぎて、コッソリのぞき見したりして

 

 
西行が出家するとき、すがりつく幼い娘を蹴っ飛ばして出て行ったというくだりが「西行物語」にあります。
 
蹴ったというのが、どれぐらいのものかわからないのですが、言葉が独り歩きしていて、酷い父親のイメージがついています。
 
ポンと蹴るのと、コロコロ転がるほど蹴っ飛ばすのとでは、全然違いますね。
どんな感じだったのでしょう。
 
で、その西行法師。
 
実は、娘のことは自分の弟に実子のように育ててくれと、しっかり頼んで出家しています。
 
そして、それから数年後、娘の暮らす家の近くにやって来た西行は、数人の子供たちと共に外遊びをしていた娘を見つけて、こっそりのぞき見、というかガン見しています。
 
「うん、さすが我が子、あの子は美人になるぞ~♪」とか思っていると、娘に気付かれ、「変なオッサンがいるから、みんな、あっちに行こう!」と言って去られました。(「発心集」より)
 
なんだかんだで、気になっていたのですね。
 
出家したくせに、全然世俗を捨てきれていない西行が愛おしいのでした。
芸術家は、こうでなければ!

源頼朝にたまたま出会い流鏑馬の指南をした

 

 
西行が68歳のとき、源平の動乱で、東大寺の大仏が焼失してしまいます。
 
東大寺の住職は、復興のため、奥州藤原氏に砂金を送ってくれと頼んだけれどなかなか送ってくれないので、西行に伝えてほしいと頼みにきました。
 
70歳前で東北地方への旅なんて、この時代、ものすごーく大変なことですよ。
 
でも、西行は引き受けます。
おそらく、これが藤原秀衡と会う最後の機会と思ってのことでしょう。
どちらも高齢ですから。
 
西行と会った約半年後に、秀衡は病で急死します。
その後、奥州藤原氏は、かくまっていた源義経を見捨てましたが、結局、源頼朝に滅ぼされてしまいます。藤原秀衡は非常に優れた武将でしたが、3人の息子はそろいもそろって残念でした。秀衡の言葉に従って、義経と共に戦ったほうが、まだましだったかもしれません。
 
頼朝は、高齢の秀衡が亡くなるのを待ってたのでしょうね。ひそかに狙っていたのは、見え見えです。
 
そんな状況の中、2度目の奥州への旅の途中、西行は、なんと、鎌倉で源頼朝とばったり出くわします。

 

 
そのくだりは、「吾妻鏡」に記されています。
 
頼朝が鶴岡八幡宮に参拝したとき、鳥居の辺りを徘徊する老僧がいて、不審に思った頼朝が家臣に尋ねさせると、西行法師とわかったのだそうです。
 
西行法師と知った頼朝は、歌と流鏑馬について、教えを請いました。
西行は、始めは「歌なんて、感じたことを31語で表すだけですよー。」「流鏑馬の事なんて、もう忘れましたー。」なんて言ってはぐらかしていたそうですが、頼朝があまりに熱心なので、流鏑馬については、真面目に指南してあげたそうです。
 
それが、その翌年から鎌倉で行われる「流鏑馬」になったそうな。
 
翌日も、頼朝に滞在をすすめられますが、西行法師は出立します。
そのとき、頼朝は、土産にと高価な銀製の猫を贈りますが、なんと西行さん、館の門を出ると、通りで遊んでいた子供に、「これで遊びなさい」と言ってあげてしまったのだそうです。
 
西行は、仲の良い親戚の奥州藤原氏を狙う頼朝を嫌っていたから、すぐに猫を手放したという意見もありますが、私としては、そんなのどうでもよかったのではないかと思いたいです。究極のミニマリストですよ。「物」に意味があるなんて考えていないから、別にいらんわーと思ったのではないでしょうか。
 
それより、なんで「猫」?って、気になるんですけど・・・。
頼朝は猫派なのかな? 

 

おわりに

 
ここまでお読みくださり、ありがとうございます。
 
西行法師は、旅の途中や独りぼっちの草庵で暮らしながら、友達がいなくて寂しー、都が懐かしー、煩悩捨てきれませんというネガティブな歌を、たくさん残しています。
 
そして、そういう歌が私は好きです。
 
雪月花を詠んだ西行法師の和歌は、長くなりましたので、コチラの記事でお伝えしています。↓↓↓

 
桜と月を愛した歌人・西行法師の和歌を「山家集」から15首紹介
 

スポンサーリンク