この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。


 
こんにちは、このかです。
 
「着物」は、私たち日本人の民族衣装ですね。
でも、私もそうですが、多くの人は、普段はめったに着る機会がないのではないでしょうか?
 
 
最近、京都では、外国人が着物を着て清水坂を歩いていることが多いのですが、なんだかなーと思ってしまいます。
 
 
清水寺で、変な着方でレンタル着物を着てスニーカーにリュックなのです。
なんだかなーなのです。(心が狭くてすみません)
 
 
まあ、日本人でもきちんと着物を着る日といえば、もう成人式や結婚披露宴のような特別なハレの日ぐらいですね。
 
 
でも、お正月は例外ですよ~。初詣に着物でお出かけする人は結構いますし、お正月なら、着物で街中を歩いてもそんなに浮きません。着物を着てみたいなあと思っている人には、お正月こそ是非に!と、おすすめしたいのです。

 
 

スポンサーリンク

着物の「格」は気にしない

 

 
お正月は「ハレ」の日ですが、初詣に着ていく着物の格式は、特に規定はありません。
 
 
披露宴会場に普段着の小紋や紬で行くのはおかしいですが、初詣には別によいのです。小紋でもお振袖でもなんでもOKです♪
 
 
ですから、思いっきり豪華にオシャレしたいという未婚女性なら、華やかな振袖をまとえばよいですし、気軽にお参りしたいわと思う人は、小紋ウールでも、じゅうぶんお正月らしい雰囲気を味わえるのです。

振袖

 

 
本振袖は未婚女性の「礼装」です。
 
 
最も「格」が高い着物なのです。ですから、着物も帯もとってもゴージャスで目立ちます。思いっきり華やかにオシャレしたい人に、おすすめですよ。

 
 
<注意点>
振袖姿の若い女の子がいると、とってもキレイで目の保養になりますね。でも、着てる本人は、かなり大変なのです。着物は重いわ、頭も重いわ、お腹はしめられて苦しいわ、草履で足指の間が痛くなるわで、歩く時間が長い場合は、ビエーーーッとなります。
 
 
振袖は、本来室内向けの礼装なので、着物も帯も(頭)も重く、本来歩き回るのに向いていない服装なのです。ヘアスタイルも、華やかにしなければ恰好がつかないので、着付けにも時間がかかります。
 
 
外出する場所や体力、着付けにかかる時間などを考えて、着てくださいね。

 
 

スポンサーリンク

色無地・付け下げ

 
 
「着物の種類」は、ここではくわしく語りませんが、色無地は「紋」が入っていれば「正装」で、「紋」がなければ「普段着」の格になる、とても便利な着物です。
 
 
お参りの後に、料亭やレストランへ行ったり、あいさつ回りなどがある場合に、適していますよ。
 
 
既婚・未婚問いませんが、大人の女性がしっとり着ると素敵です。

 
 

小紋・紬・ウール

 

 
着物の格は小紋は「オシャレ着」です。柔らか物で色柄が可愛らしい物が、多いですよ。
 
 
紬は高価なものもありますが「普段着」、ウールも完全に「普段着」です。ウールの着物は温かいですよ。
 
 
混雑する神社に参拝するときは、このような普段着用の着物が、いちばん楽ちんですよー。
 
 
ネットショップでは「小紋の着物一式セット」が1万円前後で手に入りますよ。着物と着付け小物セット、ぞうりもすべて入っているので便利です。
 
 
でも、化繊(ポリエステル)の着物は、ガサガサした生地で体に沿わないので、着崩れしやすいです。化繊でも一部のデパート商品などは、かなり品質が良いですが、ネットショップのこれぐらいの値段の物は、実物を見ると一目で化繊(正絹じゃない)と分かります。娘のお正月用(普段着)に買ったことがあるので、分かるのです。写真写りがかなりよいので、気をつけましょう~。
 
 
レビュー高評価のものをこちらに1つ挙げますが、他にもいろいろな価格、色柄のものがありますので、好みに応じたものを選んでくださいね。(´・ω・)

     ↓

 

さいごに

 

着物の種類は、この他に留袖や訪問着などまだまだありますが、私の主観で初詣に向いているなーと思えるものを選びました。
 
 
初詣には、私は小紋に着物コートを着て行くことが多いです。
小紋なら着付けが楽なので、自分でじゅうぶん着られます。
 
 
帯結びも、ちょっとズルをしてお太鼓の形が始めからできている「軽装帯」にすれば、すぐに結べますよ。外歩きだけで、羽織物を脱がない日に使います。娘にはきちんと着付けると苦しいというので、ゆる~く結んでいます。
 
 
コートを脱ぐことがないなら、帯結びは適当でもばれませんよ。(^^)
 
 

 

スポンサーリンク