この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。


 
こんにちは。
 
 
日本には「雪見」という文化があります。
 
 
「花見」「月見」と同じく、雪もともに見て楽しんだのです。そうして、雪を歌に詠み、俳句を作り、楽を奏でました。
 
 
今回は、これ以上にない「冬」らしい題材「雪」をテーマにした俳句例をご紹介します。
 
 
明治以降の俳人の句です。

 
 

スポンサーリンク

(1)正岡子規の雪の俳句

 

 
正岡子規は現代俳句・短歌の祖と呼ばれます。
 
 
彼は万葉集のような写実風の俳句を好みました。「俳句」「短歌」という言葉を作ったのはこの正岡子規です。
 
 
こちらも合わせてどうぞ♪⇒★正岡子規はこんな人!
 
 
雁なくや 小窓にやみの 雪明り
 
有明に 雪つむ四絛 五絛かな
 
積みあまる 富士の雪降る 都かな
 
逢ふ人の 皆大雪と 申しけり
 
我菴(いお)や 上野をかざす 雪明り

 
 

スポンサーリンク

(2)水原秋櫻子の雪の俳句

 

 
水原秋櫻子(しゅうおうし)は、本名は水原豊という男性の俳人です。
 
高浜虚子に俳句を学んでいましたが、後に離反しました。
 
ホトトギス派の代表といわれた「ホトトギス四S(シイエス)」の1人です。
 
 
「ホトトギス四S」は、水原秋櫻子、山口誓子、阿波野青畝、高野素十の4人ですよ。
 
 
うごめくに 雪降り積むや 蟹の甲
 
橿鳥の こぼす粉雪の 光り舞ふ
 
まんさくや 小雪となりし 朝の雨

 
 

(3)山口誓子の雪の俳句

 

 
山口誓子(せいし)は京都の俳人で、本名は山口新比古(ちかひこ)という男性です。
 
 
ホトトギス派を代表する「ホトトギス四S(シイエス)」の1人でしたが、後に水原秋桜子についてホトトギスを離脱しました。
 
 
「ホトトギス四S」は、水原秋櫻子、山口誓子、阿波野青畝、高野素十です。
 
降る雪に 太陽光の 通路あり
 
降る雪に 汽笛船底を うち貫けり
 
降る雪の 空つづきにて 海も降る
 
降る雪を 見る眼差の みな同じ
 
ずり落ちず 聖樹に積みし 綿雪は
 
遠き燈の そこにのみ雪 降り集ふ
 
炎天に 妄執の雪 降らしたり

 
 

(4)山口青邨の雪の俳句

 

 
山口青邨(せいそん)は岩手県出身の俳人で本名は吉朗といいます。本職は鉱山学者で、師匠は高浜虚子でした。
 
 
書庫までの わが足あとや 牡丹雪
 
牡丹雪 ジルベスターの 夜をこめて
 
牡丹雪 重しと伏すや おかめ笹
 
ひとりゐの 牡丹畑に 牡丹雪
 
けふはふる 牡丹畑に 牡丹雪
 
干柿の 八ツ岳新雪の かがやきに
 
みちのくは 雪深き国 ゆきつばき
 
旧正や 雪深き国 けふも雪
 
マフラーの 新雪のごと 肩にゆたか

   ↑
現代っぽい俳句です。これは、いろいろアレンジできそうですよ。

 
 

(5)飯田蛇笏の雪の俳句

 

 
飯田蛇笏(だこつ)は山梨県出身で、同じく俳人の飯田龍太は蛇笏の息子です。
 
 
ふるさとの 夜半降る雪に 親しめり
 
あすしらぬ こともをかしや 雪つもる
 
帰りつく 身をよす軒や 雪明り
 
雲のまに 新雪きそふ 嶺三つ
 
音をたえて 寒流のゆく 雪げしき

 
 

(6)日野草城の雪の俳句

 

 
日野草城は東京出身の俳人で、本名は克修(よしのぶ)、ホトトギスで俳句を学びました。
 
 
俳句雑誌にフィクションの新婚旅行の俳句を10句載せて師匠の高浜虚子に激怒され、「ホトトギス」を除名されました。
 
 
当時の俳句は、フィクションやエロティシズムの句はダメと厳しかったようです。
 
でも、虚子とは晩年に和解できたそうですよ。
 
 
てのひらに 熱き火桶や 雪景色
 
ほうじ茶の 熱しかんばし 雪景色
 
御扉に ふとも日のさす 暮雪かな
 
いつも見る 景色が雪を かうむりて
 
逢ふ宵の 大雪ふりと なりにけり
 
深雪晴 たばこのけむり 濃むらさき

 
 
【関連記事】



 
 
 

 
 

スポンサーリンク