この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

bdd4e631867a556256dee19d187bb1cf_s
 
こんにちは、このかです。
 
「花祭り」という言葉を、聞いたことがあるでしょうか。仏教系の学校は、学校行事にあるので、ご存知でしょう。
 
 
日本人は、なんとなく代々「家は仏教」という感じで、宗教に関心の薄い人が多いです。(←私のことです^^;)
 
 
「仏教行事」は「キリスト教の行事」と比べると、「イベント」として軽いノリで取り上げられることが少ないです。
 
 
もしかしたら、クリスマスやハロウィンのように軽く騒ぐようなものではなく、もっと厳かなものだと思う人が多いのかもしれません。確かに、軽く扱うと、なんだか罰当たりな気がします。
 
 
やっぱり日本人の多くは、仏教に対して真摯(しんし)な気持ちで向き合っているのかなと思うのでした。
 
 
今回は、仏教行事の「花祭り」について、お話しします。

 
 

スポンサーリンク

花祭りは、仏陀の誕生日


「花祭り」は、仏教の開祖、お釈迦様(仏陀)の誕生日をお祝いする日です。ですから、毎年、決まった日に行われますよ。
 
 
そのお釈迦様の誕生日は、「4月8日」です。
 
 
「花祭り」は、もともと「灌仏会(かんぶつえ)」と呼ばれていたもので、その別名なのです。
 
 
「降誕会(ごうたんえ)」
「仏生会(ぶっしょうえ)」
「浴仏会(よくぶつえ)」「龍華会(りゅうげえ)」
「花会式(はなえしき)」
 
などとも呼ばれます。全部覚えにくそうな言葉ですね。「花祭り」が一番きれいで素敵です。
 
 
「花祭り」は、お釈迦様の誕生日なので、日本だけではなく、インドや中国など他の仏教国でも、古くから行われています。
 
 
日本で初めて行われたのは、記録によると、推古天皇の時代(606年)とされています。聖徳太子が摂政に立った飛鳥時代ですね。仏教が日本に伝来し広まった時期に重なります。なるほどなという感じですよ。

 
 

スポンサーリンク

釈迦(仏陀)の誕生


「釈迦」は、「お釈迦様」と親しみを込めて呼ばれることが多いです。
 
 
インド名は、「ゴータマ・シッダッタ(シッダールタ)」、中国に渡って「仏陀(ブッダ)」「釈迦(ジャカ)」と呼ばれるようになりました。
 
 
ここでは、お釈迦様と呼ぶことにします。
 
 
お釈迦様は、紀元前7世紀~紀元前5世紀ごろに、インド北部の「ルンビニー園」という花園で生まれました。
 
 
お釈迦様の母・マーヤは、当時の習慣で、出産のため生家へ向かう途中、この「ルンビニーの園」で休憩します。
 
そして、無優樹(ムユージュ)の花びらに触れたとき、急に産気づいてお釈迦様が生まれたという伝説が残っているのです。

 
 

天上天下 唯我独尊

 
fdb7e0ba98c0998ba21af3e011041e19_s
 
お釈迦様は、生まれてすぐに立ち上がり、東西南北それぞれに7歩あゆみ、右手をあげて「天」を指し、左手で「地」をさし、「天上天下 唯我独尊(てんじょうてんげ ゆいがどくそん)」と言いました。
 
 
スーパーベイビーですね。
 
 
「天上天下 唯我独尊」とは、「生きとし生けるものすべてが、尊い命を持っている」という意味です。
 
お釈迦様の母・マーヤは、お釈迦様を出産後7日目に他界したと伝わります。産後の肥立ちが、悪かったのでしょうか。
 
 
仏教では、自然界には、命が命を産み育てるという大原則があると考えられます。
 
 
つまり、すべての生き物は「他」を生かし、「他」に生かされているという大原則なのです。すべての命が、お互いを支え合って生きているのでした。
 
 
「天上天下、唯我独尊」という言葉は、命の尊厳と、すべての生命が共生していることを讃える言葉でもあるのです。
 
 
お釈迦さまはシャカ国の王子として生まれましたが、29歳のとき出家します。その後、35歳で悟りを開いて「仏教の開祖」となりました。
 

 

花祭りの由来

 

 
「花祭り」は、インド・西域で行われていた仏教行事が、中国を経由して日本に入って、アレンジされたものと考えられています。
 
 
その起源は、インドの仏像や仏塔の周りをまわりながら礼拝する「行道」や、輿に仏像などを乗せ行列を組んで寺の外を練り歩く「行像」という行事だったといわれます。
 
 
日本で最も古い仏生会は、奈良の法隆寺の聖霊会(しょうりょうえ)のものです。

 
 

「甘茶」をかける理由は?

 

 
「花祭り」には、花御堂に誕生仏(釈迦像)をまつり、それに「甘茶」をかけて祝います。
 
 
その由来は、お釈迦様が誕生したとき、9頭の竜(八大竜王)が天からやってきて「香湯」を注ぎ、それを産湯にしたという言い伝えによります。
 
 
竜の「香湯」は伝説上のものなので、中国では代わりに「香味料入りの糖水」が用いられました。
 
 
日本では、江戸後期から、産湯にあたるものとして灌仏桶に「甘茶」を入れ、ひしゃくで誕生仏(釈迦像)に「甘茶」をかけるようになりました。

 
 

甘茶とは?

 
甘茶は、ヤマアジサイの変異種「アマチャ」の若葉を煎じて作られます。
 
 
葉を蒸して揉み乾燥させることで、砂糖の200百倍~1000倍もの甘味成分が生成されるそうです。甘いお茶だから「甘茶」なんですね。そのままです。
 
 
含まれる甘味成分は、「フィロズルチン」「イソフィロズルチン」というものだそうですよ。
 
 
お茶特有のダイエット・美容効果があり、抗アレルギー作用もあるので、花粉症にも効き目があるそうです。市販されていますよ。
 
手軽なティーパックにもなっているようですよ。
↓  ↓  ↓

 

おわりに


「花祭り」(降誕会)は、「お釈迦様の誕生日をお祝いする」にとどまらず、「生きとし生けるものすべての命の尊さと、共生の大切さを讃える日」なのです。
 
 
「花祭り」に行われる地方の風習は、年々失われつつあります。
 
 
今では、「仏教寺院」で行われる行事というイメージがありますが、昔は、地方の人々の生活に密接に関係した「年中行事」の1つだったようですよ。

 

スポンサーリンク