この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。


 
夏の俳句は、涼やかな風情のある季語がたくさんあって素敵です。
 
現代風に、暑い夏を詠むのもよいですね。
 
私は、涼し気で古典的な句が好きなので、風鈴や団扇がいいなと思います。
鈴の音や川のせせらぎなど、音が聞こえる句は、いっそう涼しさが増すように思われます。
 
俳句の季語は、7つのグループに分かれます。
 
おさらいすると、
時候・天文・地理・人事・行事・動物・植物です。
 
伝統的な季語から現代になって生まれものまで、たくさんあります。
 
自分で俳句を作るときは、身近なものを題材にすると、作りやすいし気持ちが込められますね。
「人事(生活)」の季語は、人の暮らしの中にあるものです。
今回は、その夏の「人事(生活)」の季語と俳句を、いくつかご紹介します。

 

スポンサーリンク

夏の季語「人事」(生活)

 

 
◎「人事」の代表的な季語
 
麦酒・冷し酒・新茶・ソーダ水・甘酒
ラムネ・氷水・飴湯・かき氷・わらび餅
心太(ところてん)・白玉・蜜豆・柏餅
葛まんじゅう・冷菓(アイスクリーム)
梅干・冷ややっこ・そうめん・筍飯
 
甚平・浴衣・水着・夏帽子・晒(さらし)
サングラス・籐椅子・蠅叩き・竹婦人
香水・日傘・扇・扇子・鯉のぼり
風鈴・金魚玉・水中花・青簾(すだれ)
 
帰省・夏の灯・夏座敷・納涼(すずみ)
噴水・蚊遣火(かやりび)・鵜飼
登山・ボート・浮輪・昼寝・氷室 
草笛・汗・蛍狩・夜店・夏芝居
川床・田植え・打水・走馬灯・薬玉
菖蒲湯・衣替え・夏休み・夏祭・・・・・

 

「食べ物」の季語の俳句を紹介

 

 

柏餅

 
重の内 あたたかにして 柏餅
 
<作者> 高浜虚子
 
柏餅・粽(ちまき)・鯉のぼり・菖蒲など
端午の節句」に関するものは「夏」の季語です。
間違えやすいので、お気をつけください。

 

白玉

 
白玉を 母のごとくに 思ひける
 
<作者> 雨村敏子
 
白玉は、「母」と一緒によく詠まれる語です。

 

スポンサーリンク

心太(ところてん)

 
清滝の 水くませてや ところてん
 
<作者> 松尾芭蕉
 
茶屋を見て 走りついたる 心太
 
<作者> 正岡子規

 

梅干

 
木の下に 其の梅漬ける 小庭かな
 
<作者> 尾崎紅葉

 

生活用品・行動の季語

 

 

団扇(うちわ)

 
家涼し 団扇にのせて 嵐山
 
<作者> 正岡子規
 
舞妓来て 川床に団扇の 風造る
 
<作者> 山口誓子
 
団扇と川床が季語です。
舞妓と川床で、京情緒満載ですね。

 

青簾(あおすだれ)

 
ほつれ毛に 遊ぶ風あり 青すだれ
 
<作者> 竹久夢二
 
「ほつれ毛」に夢二らしさを感じます。(^^)

 

夏の灯

 
どこ見ても 涼し神の灯 仏の灯
 
<作者> 正岡子規
 
神の灯・仏の灯のリズムが軽やかで素敵です。

風鈴

 
風鈴や 花にはつらき 風ながら
 
<作者> 与謝蕪村

 
 

納涼(すずみ)

 
ゆふばれや 桜に涼む 波の花
 
<作者> 松尾芭蕉
 
板塀に 鼻のつかへる 涼みかな
 
<作者> 小林一茶

 

蛍狩・蛍火

 
蛍狩 袋の中の 闇夜かな
 
<作者> 正岡子規
 
蛍火の 昼は消つつ 柱かな
 
<作者> 松尾芭蕉

 

川床

 
床涼み 笠置連歌の もどりかな
 
<作者> 与謝蕪村

 

おわりに

 

 
今回は、夏の「人事(生活)」の季語と俳句を、ご紹介しました。
 
「人事(生活)」の季語だけでも、まだまだたくさんあります。
 
夏の季語で間違えやすいのは、端午の節句にまつわる言葉だと思います。
5月は、旧暦では「夏」なのです。
 
現代と感覚的にずれるので、ややこしいですが、面白いですね。(*’▽’)

 

 

スポンサーリンク