この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。


 
こんにちは。
 
今回は、気をつけなければいけないなーと思う第一印象のお話です。
 
人は、初めて会ったときの印象に、すごく影響を受けます。そして、いったんインプットしたら、なかなか上書きできないのだそうです。
 
しかも、その第一印象を決めるのは、たった3秒なのだそうですよ。
 
まず顔を見て、そこからさーっと視線を下げて、もう一回顔に戻る、で、3秒・・・・・・
 
第一印象、とっても大切なのです!

 
 

スポンサーリンク

第一印象は3秒で決まる

 

 
3秒で決まると言われる第一印象。
 
 
その要素は大きく3つ
 
 
視覚・聴覚・言葉です。
 
 
では、その中で視覚の占める割合は、全体の何%でしょう?
 
 
第一印象の判断として、視覚の占める割合は、55%なのだそうですよ。
 
 
人は、初めて会って、感じの良い悪いをほんの3秒で判断し、そのままきっとこの人はこんな人だなと、勝手に思い込んでしまうのだそうです。
 
 
いい年して人見知りで口下手な私にとって、これはなかなか怖い話でした。
初対面のときって、たいてい不愛想と思われそうなのです。
 
 
やっぱり、外向型のほうが有利なのだな~。( ;´Д`)

 
 

メラビアンの法則

 

 
メラビアンの法則って聞いたことありますか?
理科の法則みたいな感じがしますが、全然違うんです。
 
 
メラビアンの法則というのは、人間が第一印象を決める要素の割合を示す法則なのです。
 
 
アメリカの心理学者メラビアンさんが提唱したので、その名がついています。
 
 
 ・視覚(見た目)  55% 
 ・聴覚(声の雰囲気)38% 
 ・言葉(話の内容)  7%
 
 
 
この数字から分かることは、初対面の人を判断するのは、ノンバーバル(言葉意外)が93%ということです。
 
 
その人の話す内容は、印象を決めるのに決定的ではないということなんですね。
 
 
大事なのは、話す内容ではなく見た目、それも顔の美醜ではなくて、表情や視線、しぐさ、姿勢など、全体の雰囲気なのです。
 
 
表情が固くなりがちで、視線が泳いでしまいそうな私は、気をつけなければと思うのですよ。

 
 

カラー(色)を味方につける

 

 
第一印象で感じがよいと思われる人は、どんな人?と考えてみると、私の場合は、清潔感があって、あたたかそうで、威圧感のない人です。
 
 
緊張して冷たいイメージをもたれないために、色を活用するのもおススメですよ。
 
 
第一印象は、ある程度つくることができます。
 
 
女性の場合は、明るい印象にしたい場合、ビビットな赤や暖色系、おだやかな印象に見せたい場合は、パステルカラーがおススメです。ピンクは、色味や状況によって、あざとく見える場合があるので、上級者向けだと思います。
 
 
自分のパーソナルカラーのタイプを知っている人は、それを活用するときれいな肌に見えます。
ちなみに、私は完全なサマータイプなので、アジサイ色系の服が多いです。
 
 
男性の場合は、白と清潔感を持たせるブルーやネイビーの組み合わせがおススメです。カジュアルな服装の場合は、和み色のグリーンや、ベージュなどのアースカラーでおだやかさを演出するとグッドなのです。

 
 

 
 

スポンサーリンク