この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。


 
こんにちは。
 
「干し芋」は、昔からある自然素材のおやつですね。
 
 
子供の頃、「干し芋」をおばあちゃんにもらったことがあるんですよ。
 
 
でも、とても固くて変な白い粉がついていたので、悪いけどあんまり美味しそうじゃないなあと思ったのです。そのときはほとんど食べなかったと思います。
 
 
最近、レンジでチンする「焼き芋」をお取り寄せしたのですが、そのとき「干し芋」とセットになったものがあったので、チャンス!と思って買いました。
 
 
そこの「干し芋」は、やわらかいというレビューが多かったのです。干し芋にも、いろいろタイプがあるようですよ。
 
 
その干し芋は、本当にとってもやわらかくて甘々だったのです。砂糖を使っていないのに、焼き芋より甘いのですよ。
 
 
そして、あの白い粉は、なぜかついていませんでした。
 
 
今回は、干し芋の食レポと栄養や作り方などについてご紹介します。

 
 

スポンサーリンク

干し芋の白い粉

 

  ↑↑↑
昔食べた干し芋は、こんな感じの白い粉がついていました。
 
 
「こ、これ何~っ?」って思いませんか?
 
 
チーズみたいに白カビも一緒に食べるのかな?とも思いますが、実は、これは、サツマイモの糖分が出て、結晶化したものなのでした‼
 
 
糖分なのか~。ああ、よかった。(*´Д`)
 
 
干し芋は乾燥させるときに、サツマイモの糖分が表面に浮き出てくるのだそうですよ。
 
 
干し柿も、同じように白い粉が表面についていることがありますね。あれも、同じなのだそうです。
 
 
糖分が出ているということは、糖度が高いということです。
 
 
干し芋には、表面が乾燥していないしっとりしたタイプと、乾いたタイプがあります。
 
 
白い粉が吹いている干し芋は、乾いているほうなのです!
こんな感じでよす。

     ↓

 
かなり固くて、歯ごたえがあるとのことです。
 
どちらがよいかは、好みでしょう。
 
 
今回、私が購入したのは、すごくしっとりしてました。(≧◇≦)

 
 

スポンサーリンク

干し芋実食レビュー・もっちもちで美味しかった!

 

 
3種類のサツマイモの干し芋。
 
 
どれも、しっとり系です。

 
 

 
製造してから冷蔵庫で保管しておくと、お芋のデンプンが糖化して自然に白い粉が付着するのだそうです。
 
 
天然ものなので、白い粉がついているものとついていないものがあるそうですよ。

 

 
我が家に来たのは「どこに白い粉が?」という感じの、しっとりべとべとしたお芋でした。
 
 
焼き芋の糖分を濃縮したような甘さでしたよ。
 
 
色はきれいな黄金色です。
これで無添加・無着色というのが、うれしい~♪
 
 
歯にくっつくぐらいのネバネバでしたが、とっても美味しかったです^^♪
 
 
季節や個体によって状態に違いが出るらしいので、一例として参考にしてくださいね。

 
 

 
素手で触るとベタベタするだけでなく、柔らかくてふにゃっとなります。
 
 
焼き芋もおいしいけれど、1人で食べるには量が多いなと思う場合、干し芋は少しずつ食べられるのでよいですね。
 
 
開封後は、冷蔵庫保存で2~3日はもちます。

 
 

干し芋の栄養とカロリー

 

 
干し芋の栄養分は、干すことでサツマイモとちょっと変わってくるのです。大きな違いは、食物繊維、ビタミンC、カリウム、カロリーの量です。
 
 
サツマイモが誇るビタミンCの量は、約3分の1に減ってしまいます。でも、カリウムは約2倍、食物繊維は約4倍も増えます!
 
 
そして、ありがたくないことに、カロリーも増えます。(´Д`)ガーン
 
 
サツマイモ→132kcal
干し芋→303kcal
 
 
サツマイモの栄養と「焼きいも」の食レポはこちらです。

     ↓


 
 
干し芋はかなりの高カロリーですが、「GI値」が低い食品、つまり、ゆっくり消化される食べ物なので、食べ過ぎなければ全く問題ありません。
 
 
それどころか、体に優しいとっても美味しいおやつなのです。

 
 

干し芋の作り方と注意点

 

    ↑
サツマイモから干し芋を作るのは、割と簡単そうです。私はめんどうくさいから、作りませんけどね・・・。
 
 
きっと、お芋が蒸しあがった時点で、そのまま食べてしまうでしょう。(笑)
 
干し芋には、実は、「カビ」が生えることがあるのですよ。
 
 
茶色のカビ、緑色のカビ、そして、白いカビも‼
 
 
白いカビって、わかりにくいじゃない!

 
 

糖分の白い粉と白カビの見分け方

 
糖分だと思っていた「白い粉」が実はカビだった!
 
 
なんてことがないように、しっかり区別をしましょう。
 
 
糖分の白い粉との違いは、「胞子の有無」です。
 
 
糖分の場合は、サツマイモの中にある糖が表面に出てくるものなので、あくまで「粉状」です。
 
 
一方、白カビは、根を生やして胞子の形になるのです。それをじっくり見て確かめることが大切なのですよ。
 
 
お腹を壊すと大変なので、間違えないように気をつけましょう。
 
 
作ったら、なるべく早く食べるのがよいですね。
 
 
購入品なら真空パックに入っていて、開けてから2~3日と目安が書かれているので安心ですよ。
 
 
私は、またお買い得セットが出るのを狙います。(*^^)v

    ↓

 
[楽天うまいもの大会1位]おいもやの初代干し芋【200g 5袋】 国産の静岡産
 
 

スポンサーリンク