スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。


 
こんにちは。
 
今日は、ゆらぎ世代の女性にとっての天敵についてお伝えします。
 
もおおおおおおお、これは、ほんっとに天敵ですよ。
 
その前に、更年期の女性の体は、ホルモンバランスや自律神経の乱れなど、体の内からの変化に翻弄されてしまいますね。
 
それを防ぐためにする基本の3つが、これです。
 
 
●食習慣の改善
●軽い運動の習慣化
●サプリメントなどで補給

 
 
でも、これよりも、もっともっと重要なものがあるんですよ!
それは、ストレスから逃げることなのです。

 
 

スポンサーリンク

人間関係を断捨離しよう

 
 
あなたは、ストレスを抱えていますか?
 

 
アドラー心理学では、人間のおおよそすべての悩みやストレスは、人間関係にあると考えます。
 
アドラー心理学は、哲学に近いと思っているのですが、確かにそうだーっと思えることが多いのですよ。気になったら、ぜひ読んで見てください。おすすめです。
 
 
私たちは、だれしも常に何かしらのストレスを抱えて生きていますね。
 
仕事、学校、近所、恋愛、お金、ダイエット・・・
 
これらのストレスは、突き詰めていくと「人間関係」が関係していることがほとんどです。苦手な人、嫌いな人と顔を合わせるのをやめるだけでも、ストレスはものすごく軽減できるのです。
 
 
でも、社会生活を営む以上、どうしても好き嫌いの感情だけで切れない関係はあります。パワハラしてくる上司とか、やたらと張り合ってくる同僚とかですよ。
 
 
でも、そうでない人、なんとなくズルズル付き合っているだけで、一緒にいても特に楽しくない人とは、ちょっと距離を置いてみてはいかがでしょう。
 
 
人間関係の断捨離をするのです。
 
 
つまらない飲み会に参加する回数を減らすとか、行きたくない友達の誘いを思い切って断るとかですよ。無駄な付き合いを捨て去りましょう。
 
 
私は、もともと極端に一人でいるのが好きで、人といるとストレスを感じるタイプです。
 
 
今の在宅の仕事は、家に引きこもってしているので、週に2~3日は、家族以外の人と話をしない日があります。でも、全然平気です。それどころか、人と合わなくてすむので、人間関係ストレスは、幸いな事にゼロに近いです。
 
 
暇な時間は、本を読んだり、ネットショップでお買い物をしたり、動画配信で映画を見たり、うさぎと遊んだり、たまには、部屋の模様替えをしたりして、まったり過ごしています。
 
 
でも、外交的な性格の人だったら、私のような生活は寂しすぎて、反対にストレスを感じるでしょう。
 
 
ストレスのかからない幸せな暮らしは、人によって異なるので、できるだけ自分が快適と思える環境で過ごせるようにすることが、大切だと思います。

 
 

ストレスが重なるとキラーストレスになる

 

 
社会生活を営む以上、多少のストレスは仕方ありませんが、多くのストレスがかかる場合、気をつけなければいけません。
 
 
複数のストレスが一気にかかると、それがキラーストレスに変わってしまうのです。
ストレスホルモンというのは、脳の偏桃体から指令を受け、副腎から出る物質です。人は、一度に複数のストレスがかかると、このストレスホルモンが大量に出て、体内に貯まっていくのです。
 
 
そして、それが心拍数を増加させ、急激に血圧を上昇させます。
また、このとき、自律神経が、心臓の筋肉を収縮させるように働いてしまうのです。
 
 
血圧上昇に耐えられなくなったら、血管が破裂してしまいます。
そして、脳出血や心筋梗塞になるのです。
 
 
また、ストレスホルモンは、免疫細胞の働きを阻害し、がん細胞活性化の引き金になってしまうのです。
 
 
ストレスホルモンは、自律神経に作用します。
女性ホルモンが減少して、ただでさえ自律神経が乱れているゆらぎ世代の女性には、ますます悪い影響が出てくるのです。

 
 

ゆったり過ごすことが大切

 

 
女性ホルモンバランスの乱れは、自分で努力して整えることはできません。
更年期に入ると、ただでさえ私たちは、心理的にイライラが増える傾向になりがちなんです。
 
 
我慢は美徳ではありませんよ。
 
 
更年期からリスクが増える子宮がんや乳がんなど発がんリスクも、過剰なストレスによって高まります。自分の体と心は、自分で守っていきたいですね。
 
 
更年期の症状を和らげるのに大事なのは、とにかくリラックスすることです。
 
まったり過ごしましょう。(*´ω`*)
 

 
 

スポンサーリンク