この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

ea1a6ae87a4b624951bdc106c7f8cc6c_s
 

スポンサーリンク

1.姫路城

2d9edc65bfd53db77d388af4ed7d9ca6_s
 
世界遺産・国宝・姫路城は、日本一の名城といわれ築城400年の歴史を持ちます。
 
別名・白鷺城とよばれる優美な城です。
 
城内にはソメイヨシノ、ヤマザクラ、シダレザクラなど約1000本が咲き、名城の城郭に映えます。
 
城内の見どころは、三の丸広場の桜並木、西の丸庭園のシダレザクラを中心とした桜林、三国濠、菱の門周辺、姫山公園お濠沿い桜、喜斉門前広場や三の丸広場高台の桜林などが挙げられます。
 
また、桜だけでなく、世界遺産のお城そのものの見学も楽しめます。
 
場内にある「お菊井戸」は、怪談「播州皿屋敷」のヒロインお菊が責め殺されて投げ込まれたといわれる井戸ですよ。
「一ま~い、二ま~い……。」とお皿を数えるお菊さんの幽霊が出る怪談です。
もとは釣瓶取(つるべとり)井戸とよばれていました。
 
例年、「姫路城観桜会」というさくらまつりが解されます。
期間は4月上旬から4月末までです。
その間、夜桜のライトアップもあります。
時間は18~21時です。
 
2017年度の「姫路城観桜会」の日程詳細は、分かり次第アップします。

 

【本数】 約1000本
【例年の見ごろ】4月上旬~中旬
【桜の種類】シダレザクラ、ソメイヨシノ、ヤマザクラ
【住所】兵庫県姫路市本町68
【問い合わせ】079-285-1146(姫路城管理事務所)
【料金】入城料金:大人(18歳以上)1000円、小・中・高生300円
(公園内は無料、夜桜期間中は西の丸庭園のみ無料開放)
【時間】9~16時(4月27日~8月31日は~17時)
【休み】無休(12月29・30日は休業)
【電車】JR姫路駅→徒歩20分
【車】山陽道山陽姫路東ICから国道372号経由6km30分
【駐車場】大手門駐車場582台・3時間600円、3時間超1日900円

2.明石公園

80309f0efdcffaf8033425be6c99bde7_s
 
明石公園は、明石城跡に造られた敷地面積約55万平方mにも及ぶ県立公園です。
 
明石城は、1620年に、徳川家康の曾孫・小笠原忠真(ただざね)が築城したお城です。
お城の大半は明治維新に取り壊されましたが、白亜の巽櫓と坤櫓が現在も残っています。
 
2000年には、両櫓を結ぶ土塀が100年ぶりに復元されました。
 
春は「剛の池」を中心に約1000本のソメイヨシノが咲き、桜の名所として知られています。
 
「さくらまつり」は例年、4月上旬に行われます。
2017年度の「さくらまつり」の日程の詳細は、分かり次第アップします。

 

スポンサーリンク
【本数】1000本
【例年の見ごろ】3月下旬~4月上旬
【桜の種類】ソメイヨシノ
【住所】兵庫県明石市明石公園1-27
【問い合わせ】078-912-7600(明石公園)
【料金】無料
【時間】7時30分~21時(駐車場営業時間)、年中無休
【電車】JR明石駅・山陽電鉄山陽明石駅→徒歩5分
【車】第二神明道路大蔵谷ICから県道21号経由10分
【駐車場】第1駐車場360台、第2駐車場130台(駐車料金は場所により異なる)

3.夙川河川敷緑地

3574c13e5c9a7f4047de8d83c650a913_s
 
夙川(しゅくがわ)は文人たちに愛された町です。
 
谷崎潤一郎の『細雪』『卍』、井上靖の『あした来る人』『昨日と明日の間』など夙川が舞台の小説もたくさんあり、他にも遠藤周作、村上春樹など多くの作家や画家たち影響を与えた閑静な住宅街です。
 
この町を南北4kmにわたって流れるのが夙川です。
 
そのうちの香櫨園(こうろえん)浜から苦楽園口駅までの約3km、17万9000平方mの河川敷緑地に昭和12年(1937年)、公園が整備開設されました。
 
春にはそこに、ソメイヨシノを主とした約1660本もの桜並木が続きます。
 
例年、4月上旬に「西宮さくら祭」が開催されます。
2017年度の「西宮さくら祭り」の日程詳細は、分かり次第記載します。

 

【本数】約1660本
【例年の見ごろ】3月下旬~4月上旬
【桜の種類】ソメイヨシノ、ヤマザクラ、オオシマザクラ、カンザン、フゲンゾウほか15種
【住所】兵庫県西宮市大井手町
【問い合わせ】0798-35-3611(西宮市公園緑地課)
【料金】無料
【時間】散策自由、年中無休
【電車】阪急夙川駅→徒歩すぐ。または阪神香櫨園駅→徒歩すぐ。
またはJRさくら夙川駅→徒歩すぐ。または阪急苦楽園口駅→徒歩すぐ。
【車】車での来場不可
URL:「西宮市」公式ホームページ

4.龍野公園

9d477714c05b39d12e3a95efe32f1fe9_s
 
県下有数の桜の名所として知られ、「一目三千本」と呼ばれる満開の桜は見事です。
 
毎年、4月上旬から「龍野さくら祭」が開催されます。
期間中は、夜桜のライトアップもあります。
 
2017年度の「龍野さくら祭」の日程の詳細は、分かり次第追記します。

 

【本数】約3000本
【例年の見ごろ】4月上旬~中旬
【桜の種類】ソメイヨシノ、ヤマザクラ
【住所】兵庫県たつの市龍野町中霞城
【問い合わせ】0791-64-3156(たつの市商工観光課)
【料金】無料
【電車】JR本竜野駅→徒歩25分
【車】山陽道龍野ICから県道姫路上郡線経由10分
【駐車場】約200台・普通車500円
駐車場が少なく混雑します。公共交通機関の利用をおすすめです。

 
こちらの記事も、よく読まれています。(*^^*)↓


 

スポンサーリンク