この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。


1月は、1年の内で、一番改まった手紙やハガキを出す時期ではないでしょうか。
 
松の内の間は「年賀状」を、
それ以降「大寒」までは「寒中見舞い」を送ります。
 
今回は、一般的な「手紙」の書き方を紹介します。
 
「年賀状」「寒中見舞い」の書き方は、こちらを参考にしてください。
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 


 
 

 
 

 
 

 

スポンサーリンク

時候の挨拶・ビジネスメール

 
こちらは、ビジネス関係など、改まった手紙の時候の挨拶です。
(「~の候」と「~のみぎり」は、どちらも使えます。)

 
● 新春の候
 
● 初春の候
 
● 厳寒の候
 
● 厳冬のみぎり
 
● 寒冷のみぎり
 
● 寒風のみぎり
 
● 新春の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。
 
● 初春の候、皆様ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

スポンサーリンク

親しい人への1月の挨拶

 
親しい人への挨拶は、「時候の言葉」と「相手の安否を気遣う言葉」をセットで表すことが多いです。
 
● 新春とは申しながらまだ耐え難い寒さに見舞われていますが、お元気でしょうか。
 
● ご一家お揃いで明るい春をお迎えのことと、心よりお喜び申し上げます。
 
● 寒さがひとしお身にしみる季節ですが、いかがおしのぎでしょうか。
 
● 皆様には、お幸せな新年を迎えられ、健やかにお過ごしのことと存じます。
 
● 先生にはご機嫌麗しく、清々しい初春を祝われていることと拝察いたします。
 
● 寒に入り、北風がひときわ身にしむこの頃です。皆様にはお変わりございませんか。
 
● 早いものでいつの間にか松の内も過ぎてしまいました。いかがお過ごしでしょうか。

 

個性的な表現


 
かなり親しい人へのくだけた表現です。
自分の近況や気づいたことなどを、自由に表しています。

 
● 正月休みが終わり、普段の生活が戻ってまいりました。
 
● 本年も例年と同じく、家族そろって○○神宮へ初詣に行き、家内安全を祈ってきました。
 
● お屠蘇気分も消え、すでに多忙を極めていますが、仕事始めはいかがでしたでしょうか。
 
● 小雪が舞う朝、庭の松の木の上を、初雀が一羽飛んでいく姿を目にしました。
 
● 当地では珍しい大雪が降り、子供たちが雪遊びに興じています。
 
● 雪の季節になると、スキー合宿での生活が懐かしくよみがえります。
 
● 寒さなどものともせず、寒稽古に励んでいるあなたの姿が瞼に浮かびます。

 

1月の手紙・末文

 
● 本年も変わらぬお付き合いのほど、お願い申し上げます。
 
● 新たな気持ちで、今年一年よろしくお願い致します。
 
● 皆様の今年一年のご多幸を、お祈り申し上げます。
 
● まだまだ厳しい寒さの日が続きます。くれぐれもご自愛ください。
 
● 寒さ厳しき折、お風邪など召しませぬようお気を付けください。

 

スポンサーリンク