この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

12月も半ばを過ぎると、
さまざまな形や大きさのしめ飾りが、店頭にならびます。
最近は、かわいらしい小ぶりの物や
リースのような洋風デザインのものもありますね。


玄関のドアに飾ることが多いので、お正月らしさが出る飾りです。
門松はなかなか飾ることができなくても、
しめ縄だけは飾るというご家庭も多いのではないでしょうか。
我が家もそうです。


いろんな形、大きさのしめ飾りがありますが、
多くのしめ飾りに共通しているものがあります。
しめ飾りとはどんなもので、いつからはじまったのでしょう。

スポンサーリンク

しめ縄は「ここに神様がいる」というしるし

神社の鳥居には、よくしめ縄が張られています。
しめ縄は、そこが「神聖なエリア」であることを示すものなのです。
神社のご神木には、しめ縄がぐるりと張られていますね。
それは、そこが神聖な場所で、神様の宿り木であることを表しているのです。

お正月のしめ縄も、「この家には神様がいらっしゃいます」というしるしです。
また、魔を封じる「魔除け」の意味もあります。
元々はしめ縄で家全体を囲っていたそうですよ。すごい大掛かりですね。
しめ縄に使うのは、前年にとれた「新米」のわらと決まっています。

スポンサーリンク

しめ飾りの意味

しめ飾りは、神聖なしめ縄を輪にして橙、裏白、ゆずり葉、昆布、海老などの縁起物を結び付け、さらに四手をつけたものです。玉飾りともいいます。
縁起物が満載ですね!
輪飾りは簡略化したしめ飾りです。

しめ縄:新しい藁は古い年の不浄を払うという意味があります。
橙(だいだい):みかんのような果実です。家運隆盛を意味します。
裏白(うらしろ):清廉潔白・長寿を意味します。
ゆずり葉:子孫繁栄を意味します。
昆布:名前から喜ぶ(よろこんぶ)につながります。

しめ飾りを飾る場所

まずは、神棚や玄関、床の間にしめ飾りを飾ります。

他には歳神様がいそうな所、具体的には「神様は水に宿る」という考えから
台所トイレ輪飾りを飾ることがあります。

しめ縄を飾る日は?

もっとも多いのは、28日、クリスマスが終わる26日ごろもよいでしょう。
門松と同じように、29日と31日は避けます。

29日は「9」が「苦」という文字を連想させ縁起が悪いとされ、
31日は「一夜飾り」といって、神様に失礼だと考えらえているからです


我が家は、玄関にだけ飾ります。
毎年、新しいしめ飾りを飾るときは、
また新しい一年を迎えるのだなあと感慨深いです。

飾りの一つ一つに、よい一年になりますようにと
神様への願いが込められているとわかりますね。

 
「お正月」記事・「総集編」はこちらです♪↓

2017「お正月総集編」~お正月に関する全ての記事はこちらから♪


 

スポンサーリンク