この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。


 
ここ数年、流行っている大人の塗り絵、私も試してみました。
 
和アートな感じの素敵なデザインのものに、一目ぼれして買ってしまいました。(^^;)
 
今回は、大人用のいろんな塗り絵と、初心者向けの色鉛筆の選び方を紹介します。

 

スポンサーリンク

塗り絵のはじまり

 
日本の塗り絵は、江戸時代の書物の「挿絵」が起源といわれます。
その後、明治時代の教育で用いられた「絵手本」というものが、現在の塗り絵に変化していったそうです。
 
塗り絵は、自分でデッサンする必要はないですが、アートです。
ですから、人それぞれ絵の好みがありますね。
 
最近は、本当にいろんな種類のものが出ていて、自分の好きなものを見つけやすいです。
 
書店で見ているだけでも楽しいですよ。

 

(1)浮世絵

 

↑「Amazonの詳細はコチラです」
 
日本の伝統と和テイストにこだわった大人のための塗り絵JAPANシリーズです。
 
浮世絵師の葛飾北斎は、海外でも人気で知名度も抜群、ジャポニズムブームを巻き起こした絵師の1人です。
 
「富嶽三十六景」は、2019年度からパスポートの査証欄のページに印刷される図柄に採用されました。日本の代表絵師という感じですね。
 
北斎は、当時なかなか出せなかった「藍色(青)」にこだわりを見せているので、そこを考えながら塗りたいです。

 

↑「Amazonの詳細はコチラです」
 
同じくJAPANシリーズ、名浮世絵師、歌川広重版です。
 
塗り方の他に、江戸時代の地図が掲載されています。
塗りながら、江戸の風情や歴史を体感できるように考えられた構成です。

 
水彩色鉛筆を使うと、空や海などを水彩画のようなタッチで、ふんわり描くこともできます。
 

(2)コロリアージュ

 

↑「Amazonの詳細はコチラです」
 
フランスでブームが始まったコロリアージュとよばれる塗り絵が、最近、日本でも大人気です。
 
こちらは、アールヌーボー調の植物を、マンダラの形に仕立てた図案です。
もともとマンダラというのは、密教(仏教)の仏の悟りの境地や世界観をシンボルとして視覚的に表したものです。東洋的なのがクールと思われて取り入れられたのでしょうか。
 
これは、集中力を高めるなど瞑想効果が強そうですね。
一度挑戦したいと思っている塗り絵です。

(3)ファンタジー

 

↑「Amazonの詳細はコチラです」
 
すっごくかわいい(≧◇≦)
 
ファンタジー系、ファンシー系の塗り絵も、20~30代の女性を中心に人気があります。
 
ねこちゃんとかうさぎさんとか、見ているだけで癒されそうですね。
女の子の好きな「かわいい♡」が詰まっています。
 
パステルカラーで、優しい感じに仕上げたいです。

 
 

(4)パズル塗り絵

 

↑「Amazonの詳細はコチラです」
 
ジグソーパズルのように、描かれたピースを番号順にひとつひとつ塗っていくと出来上がるタイプの塗り絵です。
 
こちらは、和風の動物+植物の絵柄ですが、西洋画や風景画など、いろいろな種類のものがでています。
 
塗り終わったらどんな感じになるのかと、楽しみながら塗れますね。

 

スポンサーリンク

塗り絵をやってみた!

今回、私が選んだのはこちらです。
 

↑「Amazonの詳細はコチラです」
 
昔から今にずっとずっと受け継がれてきた和柄だけど、なんだかモダンな雰囲気でとてもきれい!
 


 
現代風だけど大正浪漫のようにゴテゴテしていないところに、センスを感じます。着物の模様が、古典柄の京友禅のようだからでしょうか。
 

 
こちらは、「鶴の恩返し」の1シーン、「鶴の旅立ち」です。
昔話の簡単なあらすじもあります。

 
著者は、着物デザイナーでもあるので、和更紗文様や唐花文様など、細かいところまで構図がしっかりしています。
かと思えば、こんな和モダンなデザインも!

 

 
バッグとヒールは現代風ですが、描かれているのは和柄です。
バッグは麻の葉と桔梗(ききょう)、ヒールは撫子(なでしこ)に千鳥格子です。
 
和モダンというか、ジャポニズムという感じですね。
楽しいです。(*^^)v
 
塗り絵のヒーリング効果とやってみた感想は、こちらにあります。
ご一緒にどうぞ^^♪↓↓


 

初心者には36色の色鉛筆がおすすめ!


 
実際に、塗り絵をすると、テーマにもよりますが、空や海、植物の絵柄が多いことに気づきます。
 
24色の色鉛筆の場合、グラデーションで変化をつけたいとき、「青系」「緑系」の色が少なすぎると思いました。
 
一方、72色になると、まず、ケースが2段になり、色を取り出しにくいと思います。それに、同じような色があるので、選びにくくなります。
 
微妙な色の違いを味わいたい人や、美術に詳しく、塗り方にこだわりのある人は、多いほどよいのかもしれません。
 
色鉛筆を持っていなくて、初めて塗り絵をしてみようと思う人には、色数的にもお値段的にも36色をおすすめします。
 
そもそも、私は美術鑑賞は好きだけど描いたことがないので、水彩色鉛筆とか油性色鉛筆とかいわれてもよくわかりません。学校の芸術科目は、ずーっと「音楽」を選択していたので、絵を描いたことがあまりないのです。
 
ですから、初心者の人が、普通に使いやすいと思う色鉛筆を選んでみました。
学校用でもあるので、1,000円台とリーズナブルです。(*^^)v

 

「Amazonの詳細はコチラ↑です」
 
ファーバーカステル 水彩色鉛筆 平缶 36色セット (1,209円)
私が、使っているのはコレです。
 
芯はかなり固めですが、強いので、筆圧が強くても折れません。
ワックスが多いので、ツルツル滑る感じがします。
 
学校用なので、とってもリーズナブルです。
色の発色はきれいですよ。

 

「Amazonの詳細はコチラ↑です」
 
トンボ鉛筆・色鉛筆NQ シリーズ36色( 1,600円 )
 
国産品がよくて、コスパ重視なら、こちらがおすすめです。
初心者用で、すごく人気のある色鉛筆です。
 
重ね塗りがしやすいというレビューがありますよ。
ファーバーカステルは滑りやすいので、その点は、こちらのようがよいかもしれません。
発色は、お好みですね。

 

おわりに

 
大人の塗り絵は、最近、ますます多様化しています。
 
絵の種類だけでなく、自律神経を整えるものとかマンダラのように心を落ち着かせるものなど、用途も様々です。
 
100円ショップにも売られているようです。
 
気軽に取り組めてよいですね。(´・ω・)

 

スポンサーリンク