この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。


 
推理サスペンス小説やサスペンスドラマは、お好きでしょうか?
 
 
日本最古の長文小説『源氏物語』は、主人公の光源氏と多くの女性のドロドロした恋愛劇という印象が強いですね。
 
 
でも、実はそれだけではありません。
 
 
ドロドロした男同士のいやーな出世競争なども、しっかり描かれているのでした。
 
 
全部で54巻ですから。
 
 
政治サスペンス、処世術、仏教的因果応報など、いろんな要素を含んでいるのです。
 
 
舞台が宮中、「国の最高機関」ですから、トップの総理大臣(摂政・関白)になろうという優秀な人達がたくさんいます。ということは、出世競争や政治的な駆け引きも、もちろんあるはずなのです。
 
 
紫式部は頭中将(とうのちゅうじょう)という宮中若手ツートップの片割ともいえる、ハイスペックなライバル(義兄)も登場させますし、笑い事では済まされない政敵も登場させます。
 
 
そして、彼女はその舞台となる「宮中」でこの小説を書いています。『源氏物語』は、当時、女性だけでなく男性官僚にも人気があったそうですよ。
 
 
今回は、その全く色気のない政治的な視点から、『源氏物語』の「第一部」をお伝えします。

 
 

スポンサーリンク

母「桐壺の更衣」が意地悪された本当の理由

 

 
光源氏の母「桐壺の更衣」(きりつぼのこうい)は、後ろ盾のない身分の低い女官です。しかし、彼女は非常に美しい女性で、桐壺帝はぞっこんになり、彼女を寵愛するようになりました。
 
 
物語の始まりはここなのですが、そもそも、それがよくなかった!
 
 
もう、このはじまりから、すごい波乱を予感させます。
 
 
光源氏の父・桐壺帝は、天皇です。「帝」なのです!
 
 
摂関時代の帝には、絶対君主のような権力はありません。妻(皇子の母)の実家(リアルでは藤原氏)の力を頼りに、政治を行っていたのでした。
 
 
ですから、大きな後ろ盾(つまり藤原北家)を持つ女性を正妻にするのが、慣例のようなものだったわけです。
 
 
平安時代は「一夫一妻多妾制」なので、正妻以外に社会的に認められた妻を複数持つのは当然ですが、後ろ盾のない女性をひいきし、「皇子」を産ませるというのは、多くの政敵を作る原因、国が乱れる元になります。
 
 
「後ろ盾」とは「金と権力」、つまり、女性の実家の財力と父親の権力です。
 
 
そして、宮廷で帝の寵愛を求める女性たちは、自分だけではなく、家族の出世や家の繁栄がその肩に掛かっていました。ですから、みんな必死です。
 
 
もちろん、「卑しい女の分際で、帝の寵愛を独り占めしてっ!」という女の嫉妬はあったでしょうけど、それだけではないのです。もっとシビアな問題です。
 
 
そして、当時、桐壺帝には中宮はいませんでしたが(後に藤壺が中宮に)、重臣・右大臣の娘「弘徽殿の女御」(こきでんのにょうご)が皇子を生んでいました。なのに、帝が後ろ盾のない更衣にぞっこんというのは、やっかいです。
 
 
「弘徽殿の女御」やその父の右大臣に身内が世話になっている女官たちが、みな「桐壺の更衣」に敵意を持つのは、もっともなことです。
 
 
つまり、帝の行き過ぎた寵愛が、いじめをエスカレートさせているようなもの。
 
 
弘徽殿側の女官たちは、一致団結して桐壺をいびります。
 
 
「廊下に汚物をまき散らして帝の部屋へ行けなくする」、「戸に鍵をかけて閉め出す」など、単純ですがなかなかダメージの大きい嫌がらせをし続けるのでした。心が折れそうです。
 
 
桐壺の更衣が皇子(光源氏)を産むと、いじめはますますエスカレートし、ついに、もともと体の弱かった彼女は、病に倒れ亡くなってしまったのでした。
 
 
光源氏が3歳のときです。
 
 
それを知った帝は、さめざめと彼女を想って泣くばかり。。。
 
 
そして、後ろ盾のない息子(光源氏)を皇子のままにしておくのは争いの原因になりかねないと言い、「源氏」という姓を与えて臣下に下します。
 
 
右大臣や弘徽殿の女御は、これでいったん胸をなで下ろしたでしょう。
 
 
ここの内容は、後ろ盾のない女性をえこひいきすると、本人も周りも不幸になるという宮中の教訓話を含んでいると思います。

 
 

須磨への左遷でどん底ピンチに!

 

 
光源氏は、光り輝く美しい貴公子に成長しました。そして、奔放な恋愛体験を重ねていきます。
 
 
その恋のお相手の1人に、「朧月夜」(おぼろづきよ)という女性がいます。
 
 
彼女は、大輪の花のように艶やかで高貴、自分の考えをしっかり持った奔放な美女です。すごく現代的でかっこいい女性です。私は若い頃は、女性の登場人物の中で、彼女が一番好きでした。
 
 
しかし、そんな彼女は右大臣の娘、最大の政敵の娘だったのです。
 
 
つまり、光源氏の母をいじめた帝の正妻・「弘徽殿の女御」(こきでんのにょうご)の年の離れた妹で、「弘徽殿の女御」が生んだ光源氏の兄・東宮の妻(女御)にと望まれた、入内する予定の女性だったのです。
 
 
そのようなややこしい立場の姫と、彼は朧月夜の美しい夜に出会ってしまったのです。初対面の時は彼女の素性を知らなかったとはいえ、後に知ってからも、二人はそのままずるずるとこのスリリングな逢瀬を重ねたのでした。
 
 
「ロミオとジュリエット効果」というやつでしょうか。
 
 
しかし、当然、ついに娘の親にバレてしまう日がきたのでした。
 
 
愚かですが、物語的にはドラマチックでスリル満点です!
 
 
当時の宮中の女性は、ラノベを読むような気分で楽しんだことでしょう。
 
 
しかし、その事件の後始末として、光源氏は当時の片田舎「須磨」に左遷されました。贅を尽くした生活しか知らなかった光源氏は、このとき初めて、少しだけビンボー生活を体験したのです。
 
 
主人公を成長させるためにも、ストーリー的にも、こういう「どん底」体験をさせるのは、すごく効果的です。続きが気になりますね。
 
 
須磨は寂しい場所なのですが、光源氏はやっぱり光源氏。
 
 
ここでも「明石の君」という美しく聡明な元受領(中流貴族)の娘と出会い、しっかりロマンスを楽しみました。
 
 
都でひたすら仏様に単身赴任中の夫の無事を祈る「紫の上」が不憫です。
 
 
この「明石」が、後に源氏の一人娘・中宮になる「明石の上」を産むのでした。

 

スポンサーリンク

冷泉天皇の即位で政治の頂点に!

 

 
須磨に流された光源氏は、兄帝による恩赦で都に戻されました。(父の桐壺帝は亡くなり、兄が朱雀帝として即位しています。)
 
 
理由は、光源氏を須磨に左遷してから、政敵の右大臣が亡くなって兄帝も目の病にかかり、災厄が続いたので、帝が自分が過ちをおかしたので神仏の罰が当たったと考えたからでした。
 
 
平安時代の人らしい考え方ですね。ちなみに、光源氏が戻って来るというこの恩赦に、「弘徽殿の女御」はとても悔しがります。
 
 
都に戻ってからの光源氏は、とんとん拍子に出世コースに乗り、39歳にして栄華を極めたのでした。
 
 
養女の「秋好中宮」を冷泉帝(←また代替わり。藤壺との不義の子)の中宮とし、自分の娘「明石の上」を東宮(皇太子)に嫁がせることに成功!
 
 
また、「六条院」という大邸宅を建てて、これまで関係した女性たちを住まわせ一大ハーレムを築きます。
 
 
そして、冷泉帝から「准太政天皇」という、臣下としてはこれ以上望むべくもない「最高の地位」を得たのでした。
 
 
めでたし、めでたし。

 

おわりに

 

 
ここまで読んでくださり、ありがとうございました。
 
 
源氏物語の「第一部」は、光源氏の人生のまばゆいばかりの頂点まで描かれています。よくあるハッピーエンドの出世話です。
 
 
しかし、紫式部は、「第二部」で、自分が作り上げたこの絢爛豪華な世界を破壊していきます。
 
 
『源氏物語』の素晴らしいところは、この崩壊のステージ、第二部なのです。
 
 
「女三宮」の降嫁から、少しずつ光源氏も周りの人々も苦悩に見舞われ、不幸になっていきます。そして、その描写がとても味わい深いのです。
 
 
紫式部の凄さは、特にこの後「第二部」にあると、私は思います。
 
 
長くなりましたので、そのお話は、また別の機会に♪
 
 
【関連記事】

 
『源氏物語』は、引きこもりでネガティブ思考の紫式部だから書けた大作だった!?
 
紫式部はどんな人?娘は大弐三位!~「源氏物語」作者の素顔
 
紫式部「源氏物語」のあらすじと解説~光源氏の諸行無常を味わおう!