この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

51f9be649a57202302535587539412de_s
片手を挙げている猫の置物、招き猫。
 
縁起物として、昔から人気があります。
 
陶器製の物から、今ではキーホルダーやストラップなど、いろいろな招き猫グッズがあります。
最近は、日本のお土産として、外国人にも人気です。
 
今回は、招き猫のルーツとその種類、ご利益についてお話します。

 

スポンサーリンク

招き猫の由来

招き猫の由来は、いくつか説があります。
 
もっとも有力な説は、東京都世田谷区の豪徳寺が発祥というものです。

         ↓  ↓  ↓
a0002_009584
 
江戸幕府が開かれてまもない頃、井伊直孝が、荒れていた豪徳寺の前を通りかかりました。そして、お寺のほうにふと目を向けると、白い飼い猫が門前で手招きしています。それを見た直孝は、そこで休憩することに決めました。
 
お寺の和尚にもてなされ説法を聞いていると、突然雨が降り出しそれが激しい雷雨になりました。
 
雨に降られずに済んだ上に、ありがたい説法も聞けたと喜んだ直孝は、その後、多額の寄付をし、豪徳寺は立て直すことできたそうです。
 
他にも、今戸焼説(東京)や自性院説(東京)など、全国各地に似たような言い伝えが残っています。
 
管理人としては、ひこにゃんの元になった「豪徳寺説」を信じたいです。
井伊直孝は第2代彦根藩主です。(初代は徳川四天王の1人・井伊直政です。)
ひこにゃんの赤い兜は「井伊の赤備え」に、そして、白猫なのはこの豪徳寺の招き猫に由来します。

 

100cab2b9dc33ec21e9cb5dd2483e09c_s
 

彦根市のゆるキャラ・ひこにゃんは、関西では広く知られています。
ひこにゃんは「しゃべらない」設定なのが、またまたよいのです。
変な声を出されたら幻滅ですので。(^.^)

 

 

左手・右手・両手を挙げる違いは?



 

スポンサーリンク

 

● 右手を挙げている ➾ お金を招く
● 左手を挙げている ➾ 人を招く
● 両手を挙げている ➾ お金と人・両方を招く

 
右手を挙げている猫は、お金を招いてくれる招き猫です。
財を招く、つまり「金運」のご利益があります。
 
一般家庭に置かれるのは、こちらの招き猫が多いです。
 
左手を挙げている猫は、人を招いてくれます。
客商売をしている店に、昔から置かれていることが多いです。
 
お店に置くときは、お客さんが来るほう、玄関(店の外側)に向けておきます。
 
また、両手を挙げているのは、お金と人を招くのでお得かと思いきや、強欲さが際立つため敬遠されることが多いそうです。

 

手を挙げる高さも違う?



 

● 高く挙げているもの ➾ 遠方の福を招く
● 低く挙げているもの ➾ 近場の福を招く

 
高い・低いの判断は「耳より上にあるかどうか」で決まります。
普通に考えると、手は短いほうがかわいいですね♥

 

色によって違う?

猫は色や模様のバリエーションが豊富です。
基本の招福は「白色」ですが、様々な色が商品化されています。
また、数が少ないので「三毛猫」は縁起物として大人気です。
 
ちなみに、三毛猫はメスも少ないですが、オスはさらに少ない、というより本来生まれることはありません。
たまに生まれるのは、染色体異常「XXY」の個体です。
約3万匹に1匹の確率で生まれ、生殖能力を持たないといわれます。
 
色別のご利益の種類がいろいろ載っています♪↓ ↓




 

色によるご利益の違いは、このようになります。
青と緑は、商品によって違う場合もあります。

 

白 ➾ 招福
赤 ➾ 病除・長寿
黒 ➾ 魔除け
金 ➾ 金運
ピンク ➾ 恋愛運
青 ➾ 健康長寿
緑 ➾ 必勝合格

おわりに

いくつかある招き猫の由来は、全て人が猫に助けられた話です。
 
猫は、昔から日本の家の中で飼われ、犬と共に、人のパートナーとしての歴史が長い動物です。
 
最近の招き猫は、かわいらしくデフォルメされた小型のものが多いです。
猫好きさんにおすすめの、開運グッズですよ(*^^*)♪

 

スポンサーリンク