この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

スポンサーリンク

大人になると趣味でもない限り俳句を作ることはないでしょう。
でも、学校の国語の授業で作ることはありますね。
管理人は、小学生のときも中学生のときも作らされた記憶があります。

「俳句」のルールは、
「5・7・5」の17音で「季語」が入っていることです。

俳句の成り立ち、川柳とのちがいはこちらです↓


では、実際に作ってみましょう。

まずは気軽に作ってみよう

ルール:「5・7・5」17音で季語を一つ入れる。
夏休みの宿題の場合、「夏の季語」を入れます。
「季語」は旧暦で考えるので、今の私たちの感覚では少し早めに感じます。
例えば「七夕」「天の川」は「秋」の季語です。
季語は「歳時記」という本に載っています。
俳句を趣味にする場合、これだけは必須です。
夏の季語の例を一部ですが下に載せておきます。

「5・7・5」とは

「音」の数の数え方は簡単、そのままひらがなの数です。
とはいえ、小さな「ゃ」「ゅ」「ょ」やカタカナの「ー」など
気になる点もありますね。

「でんしゃ」は「で・ん・しゃ」と「3音」
「サッカー」は「サッ・カ・ー」と「3音」
です。

でも、俳句には「字余り」「字足らず」という技法があります。
熟練者は印象を考えて1文字増やしたり減らしたりするのです。
とにかく「6文字」や「8文字」になってもルール違反ではないので
そんなに気にしなくてよいでしょう。

 

題材を決める

「季語」は元は時候の挨拶で、その季節を表す代表的な言葉です。
夏休みのイベントや日常の一コマも「季語」になるので、何を題材にするか決めましょう。
例えば
<イベント>
●夏休みに旅行に行ったこと
●プール(海水浴)へ行ったこと
●花火大会に行ったこと
<日常のこと>
●友達と虫取りをしたこと
●昨日食べたスイカがおいしかったこと
●飼い犬とたくさん遊んだこと

スポンサーリンク

まず、どこかに文字をあてはめてみる

●「夏休み 〇〇〇〇〇〇〇 〇〇〇〇〇」
●「〇〇〇〇〇 〇〇〇〇〇〇〇 カブトムシ」
●「〇〇〇〇〇 せんこう花火 〇〇〇〇〇」
●「セミの声 〇〇〇〇〇〇〇 〇〇〇〇〇」
と、まず「形を決めるのも一つの方法です。

「動き」か「思ったこと」を1つ入れる

思いついたことを、とりあえず文字にして書いてみましょう。
適当に私が思いついたことを書いておきます。
「ひまわりが たくさん咲いて きれいだった」
「夏休み プールに行って 楽しかった」
「朝顔の 双葉が出た うれしいな」

などなど、こんなに適当でOKです。

「推敲(すいこう)」する

思いついたことをいくつか書き出すと、その後でそれを俳句らしい形になるように考え直します。それを「推敲」といいます。

上の三つの句だったら、例えば

「ひまわりの あふれる笑顔 胸いっぱい」
「夏休み プールバシャバシャ 楽しいな」
「朝顔の のぞく双葉に 花はいつ」
(←「朝顔」は「秋」の季語)

こんな感じでいろいろな言葉を変えて考えます。

思う事

小学生の「俳句」は思ったことを「5・7・5」のリズムにのせるだけで充分だと思います。
無邪気で明るい俳句を詠む子が多いので、上記の一番下の句のようなふんわりした気持ちや、夏が終わる切なさを詠んだ句を作ると個性的になります。

中学高校生の修学旅行俳句「京都奈良編」はこちらです↓

<夏の季語>
●時候・自然を表すもの
夏の朝・夏の夕・夏の夜・夏の空・夏の雲・夏の海・夏の山・夏の月・夏の雨・秋近し
●夏のイベント
キャンプ・プール・海水浴・登山・林間学校・花火大会
●生活用品
扇風機・風鈴・蚊取り線香・花火・浴衣・うちわ
●食べ物・飲み物
ソーダ水・サイダー・アイスクリーム(氷菓)・かき氷・白玉・バナナ・
スイカ・メロン
●生き物
夏の虫・蚊・てんとう虫・ホタル・カブトムシ・クモ・カタツムリ・金魚・アオガエル・ホトトギス・セミ
●植物
ヒマワリ・ユリの花・カキツバタ・アヤメ・スイレン・キュウリ・ナス・
トマト
スポンサーリンク