この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。


 
こんにちは、このかです。
 
日本は、美しい四季のある国ですね。
 
でも、私たちは、つい忙しく日々の暮らしに追われて、残念ながら、花鳥風月を感じるゆとりを失ってしまいがちです
 
私も、普段はそうなのですが、月に2~3回のおけいこで、花をとおして気づくことって、意外と多いのですよ。
 
花には季節感がありますから。
 
今回は、外からはわかりにくい生け花の流派の特徴について、お話しします。

 

スポンサーリンク

花の対話を大切にし「間」をいかす


 
まず、あなたはお花を、どんな空間にどのように飾りたいですか?
 
お花のスクールは、「生け花」「フラワーアレンジメント」、大きく2つに分かれます。
 
この2つの違いは、それこそ 日本文化と西欧文化という文化の違いそのものですね。
 
日本の伝統文化では、「間」を生かすことを、とっても大切にします。
茶道も、書道も、絵画も同じです。
 
生け花は、同じ空間にいける「花と花との対話」、「花といけ手との対話」を大切にするといわれます。花材で大きく形どる宇宙(空間)の中に「間」を設けると表現しますよ。
 
一方、フラワーアレンジメントは、印象派の油彩のように、空間を隙間なく埋めつくすように形作ります。花数が多く、このような華やかな雰囲気です。
                ↓↓↓

 
自宅が洋風建築だから、生け花は合わないかなとは、思わないでほしいんです。
生け花も、伝統は守りつつ、時代に合わせて変わる努力をしているんですよ。
 
例えば、小原流の「盛花」は、リビングのテーブルに合うような西洋花を、「盛る」ようにいける活け方です。
 
ですから、花を習いたいな~と思ったら、両方の体験レッスンを受けることをおススメします。
 
生け花は、流派や先生によってもかなり雰囲気が違うので、まずは教室をのぞいてみてくださいね。
 
私はここで、今習ってる生け花教室を探しました。
   ↓
気になるおケイコを手軽に検索「ケイコとマナブ.net」

 

生け花三大流派とは


 
生け花には、「三大流派」とよばれる大きな3つの流派があります。
 
もともと、生け花(華道)は、室町時代に京都の六角堂の僧「池坊専慶」が確立させたものです。
 
今、華道の流派は数100もあるのですが、そのすべての流派が、この池坊から枝分かれしたものなんですよ。
 
生け花は茶道と違って、本当にたくさんの流派に分かれています。
これも、教室を選びにくくしている原因じゃないかと思うんです。
 
だって、選ぶとき、どこの流派がいいかって結構きになるじゃないですか。
後々変えることも、しにくかったりしますしね。
 
でも、どの流派も「草花のもつ美を最大限に生かす」という理念は同じなんです。
 
その数100ある流派の中で、代表的な3つの流派が、こちらです。

 
「池坊」・「草月流」・「小原流」
 
これらの流派は規模が大きいので、家元制は保っていますが、現代的な習い事と同じように、とっても分かりやすいカリキュラムと料金体系になっています。
 
これ、すごく大事なことですよ!
 
そして、教授者も多いので、教室を見つけやすく、また、引っ越しても同じ流派の先生を見つけやすい利点があります。
 
興味はあるけれど流派とかわからないなーと思う人は、この3つの流派で、まず調べてみてはいかがでしょう?
 
1つの目安になると思いますよ。
 
また、茶道を習っている人には、「未生流」「嵯峨御流」も人気です。
(関西だけかもしれませんが。)
 
 
【関連記事】
生け花教室を選ぶ基準はこの4つ!もっとも大切なのは先生との相性

 
 

スポンサーリンク

三大流派の特徴


 
現在のいけばな界でもっとも多い会員数を誇る3つの流派、
 
「池坊」
「草月流」
「小原流」

 
について、それぞれの特徴をもう少し詳しくお話ししますね。

 

(1)「池坊」の特徴

 
仏前に花を供えるという慣習は、なーんと飛鳥時代からありました。
「いけばな」は、もともと「供花(くげ)」から始まったものです。
 
時代が下って、室町時代に、京都の六角堂頂法寺の僧、池坊専慶池坊がいけた「花」が、都で評判になります。
 
いけばなが「花」として確立したのは、このときなのでした。
池坊は「いけばなの本家」なので、唯一、名称に「派」という字がつかないんですよ。
 
「池坊の歴史は生け花の歴史」とも言われます。
そして現在も、最大の会員数を誇ります。

 
仏花として始まった形は「立花」で、その後、住宅事情の変化により、新たな形が生み出されました。
 
学ぶ技法は、大きく分けて、「立花」「生花」「自由花」があります。
 
花展に行くと、池坊の「立花」は、まっすぐ凛と佇んでいてとっても美しいです。
最近では、「自由化」も幅広く学べるようですよ。
そのあたりのさじ加減は、先生にもよるのでしょう。
 
なんといっても「華道家元」です。
 
じっくり腰を据えて、一生もののお稽古として取り組みたい人も、安心できると思います。

 
 

(2)「草月流」の特徴

 
「草月流」の特徴は、「斬新」「自由」
3流派の中で最も新しい流派です。
形式にとらわれすぎず、いける人の個性を大切にする流派といわれます。

 
花展に行くと、モダンアートを見ているようで、おもしろいですよ。
コンクリートや石などを使ったユニークな作品もあります。
 
海外普及にも力を入れているようで、「英語版テキスト」も多いです。
 
初学者のうちは、少しずつステップアップできるテキストが用意されているので、基本はきちんと押さえられます。
 
ある程度学んだら、制約が少ない自由ないけ方をしたいと思う人に、ぴったりの流派だと思います。

 

(3)「小原流」の特徴

 

 
小原流は、19世紀末に池坊で学んでいた小原雲心が、「盛花(もりばな)」という新形式のいけばなを創始し、近代いけばなの道を開いたことに始まります。
 
「床の間」や広い玄関のない洋風の住宅に合う、つまりテーブルの上に盛るようにいける「型」が「盛花」です。
 
「盛花」は、「瓶」ではなく、平たく背の低い「水盤」に、「剣山」を使って盛るようにいけます。
 
剣山を初めて使ったのは、小原流なのだそうです。

 
もう1つ、小原流には、「琳派調いけばな」という型があります。
 
これは、 琳派絵画に描かれた花をいけばなで表現する形式で、三世家元小原豊雲先生が創案されたものです。
 
尾形光琳のカキツバタを模していけたりするので、琳派好きの方は、調べてみるとおもしろいと思います。

 

おわりに


 
私が習っているのは、「小原流」です。
 
なぜかといわれると・・・・???
 
特に、流派にこだわりが、あったわけではないんですよ。
 
どちらかというと、池坊がいいかな(←一番有名だから)ぐらいに思っていました。
 
でも、私の家から通えるところで、素敵な教室だなと思えたのは、小原流の先生だったのです。
 
ご縁ですね。
 
私のように、流派に強いこだわりがないなら、教室の雰囲気と先生との相性で選ぶのが、一番だと思いますよ。
 
 
体験レッスンを受けられる教室が、おすすめです。(*’▽’)
    ↓



気になるおケイコを手軽に検索「ケイコとマナブ.net」

 
 
【関連記事】
  ↓
生け花教室を選ぶ基準はこの4つ!もっとも大切なのは先生との相性
 
生け花(華道)教室に通るとき 最初に揃えるものは何?費用は?

 
 

スポンサーリンク