この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

04e4a142f970172e91e10f010d84bfcf_s
 
『坊っちゃん』は、夏目漱石の前期の作品です。
何度も映画化されているので、見た人も多いと思います。
 
漱石が「松山中学校」で教鞭をとった自身の体験を基に描いた作品です。
松山中学校は、漱石の友人・正岡子規の母校でもあります。
 
文章は、「おれ」という「一人称形式」で書かれていて割と読みやすいです。
「おれ」は、もちろん「坊ちゃん」です。
 
なぜ「坊ちゃん」なのかというと、年老いた使用人の「清(きよ)」がそう呼ぶからです。タイトルが「清(きよ)」目線ですね。
 
ちなみに、漱石の表記は「坊っちゃん」と「っ」が入ります。
 
テストに出そうな場合は、気をつけてくださいね。(´・ω・)

 

スポンサーリンク

あらすじ

 
すごく簡単にあらすじを説明すると、
 
「東京から松山に中学教師(数学科)として赴任した「坊っちゃん」が、学校で生徒や教師と問題を起こして、結局、教師を辞めて東京に戻ってくる話」
です。
 
<<冒頭>>
「親譲りの無鉄砲で小供の時から損ばかりしている。」
 
全部で(一)から(十一)の章に分かれています。
 ↓ ↓ ↓
『坊っちゃん』青空文庫

 

(一)・(二)

c23d015b0fd7051c6587380f7caa7f46_s
 
「坊ちゃん」は子供のころから無鉄砲で、気性の荒い性格です。
そのせいで、両親にうとまれ、兄ばかりがかわいがられます。
 
しかし、下女として世話をしてくれるおばあさんの「清(きよ)」だけは、いつも坊ちゃんの味方です。「清(きよ)」はいつも坊ちゃんをほめてくれて、「真っすぐでいい性格」だと言います。
 
坊ちゃんの母親がなくなり、数年後に父親も他界します。
 
兄は家を売り払って九州に行き、坊ちゃんはその遺産で物理学校(現・東京理科大学)に通います。そして、卒業後、数学科教師として四国の中学校に就職します。
清(きよ)は、甥の家に身を寄せることになりました。
 
四国に着くと、都会育ちの坊ちゃんの目には、そこはすごい田舎に映ります。
人の気質も田舎者なので、江戸っ子の「坊ちゃん」とは、気が合いません。
 
学校に着いた「坊ちゃん」は、知り合った教師たちにあだ名をつけ、「清(きよ)」宛ての手紙に書きます。
 
校長は「狸」、教頭は「赤シャツ」、英語の教師は「うらなり」、数学は「山嵐」、画学は「のだいこ」です。

 

(三)・(四)

 
「坊ちゃん」は、教壇に立ちますが、生徒たちとよい関係を築けません。
 
「坊ちゃん」がお店で天麩羅そばを4杯食べているのを生徒に見られ、「天麩羅先生」とあだ名をつけられたり、温泉の浴槽で遊泳したことをいたずらのネタにして笑われます。
 
また、当番の宿直で学校に泊まったとき、寝ている部屋に50~60匹ものイナゴを入れられるといういたずらをされます。
 
怒った「坊ちゃん」が問いただすと、生徒は、自分たちがいたずらをしたと認めません。そういう卑怯な態度は、「坊ちゃん」には許せない事でした。

スポンサーリンク

(五)・(六)

a0800_000099
 
釣りに行きませんかと「赤シャツ」と「野だ」に誘われて、「坊ちゃん」は釣りに行きます。
 
そこで、2人はひそひそと話をして、「坊ちゃん」にわざと聞こえるように「イナゴ」「天麩羅」などと言って笑います。
「坊ちゃん」は気を悪くし、この2人に強い嫌悪感を抱きます。
 
また、別の日には、「山嵐」に、「坊ちゃん」に紹介した下宿をすぐに出るようにと言われます。
「坊ちゃん」が乱暴でその宿の亭主が困っているのだとと言うのです。
乱暴な事などしていない「坊ちゃん」は、「山嵐」に腹を立てます。

 

(七)・(八)

下宿を引き払った「坊ちゃん」は、「うらなり」の紹介で新しい下宿先を見つけます。
 
その下宿先で「坊ちゃん」は「うらなり」と結婚の約束をしていた「マドンナ」が「赤シャツ」に奪われたことを知ります。
 
そして、「赤シャツ」の策略で、「うらなり」が転勤させられることになり、それを知った「山嵐」が「狸」に抗議したことから、「山嵐」と「赤シャツ」の仲がこじれたという話も聞きます。

 

(九)・(十)・(十一)

 
「うらなり」の送別会のとき、「山嵐」が「坊ちゃん」に謝罪しました。
下宿で乱暴をしたという話は、下宿の亭主の作り話だったと分かったからです。そして、二人は仲直りしました。
 
その後、中学生と師範学校生が喧嘩を起こします。
「坊ちゃん」と「山嵐」がそれを止めに入りましたが、喧嘩を止めることはできませんでした。
 
その責任を取らされて「山嵐」が学校をやめる事になります。
「赤シャツ」に邪魔な「山嵐」を追い出すきっかけとして利用されたのです。
 
「坊ちゃん」は、その処分に全く納得がいきません。
こそこそと悪口をいったり、人を陥れる策略家の「赤シャツ」をこらしめなければと考え、「山嵐」と計画を練ります。
 
「坊ちゃん」は「山嵐」と共に待ち伏せして、芸者遊びを終えて帰る「赤シャツ」と「野だ」をこらしめます。そして、そのまま辞表を出して、学校を辞めます。
 
東京に戻った坊ちゃんは街鉄(がいてつ)の技手になって、「清(きよ)」と共に暮らします。それからしばらくして、「清」は肺炎で亡くなります。

 

感想文のコツ

637627
 
感想文に書くときは、
 
(1)「坊ちゃん」と「赤シャツ」の敵対関係
(2)「坊ちゃん」と「山嵐」の友情
(3)「坊ちゃん」と「山嵐」がした「天誅」についての是非
(4)「坊ちゃん」と「清(きよ)」の愛情

 
このあたりを「軸」にするとよいと思います。
いろいろな視点で読めるところが、漱石先生のすごいところですね。
 
(1)は、天敵(大嫌いな人)がいる人は書きやすいです。
「赤シャツ」のように、策略家で腹黒いのに、世渡りがうまい人って、確かにいますね。
 
(2)は、自分の親友(悪友でもOK)との例を挙げて書くとよいです。
実際に、一緒に力を合わせて何かをした「体験」を書くことがポイントです。
 
(3)は、社会的な目線になります。←少し高度です。
「坊ちゃん」は、結構、毒のあるキャラクターなので、「坊ちゃん」の独りよがりの「正義」で暴力(天誅)が許されるのか否かが焦点になります。
「是非の主題」として書いていきましょう。
 
私が書くなら断然(4)ですね。
すごいおばあちゃんっ子だったので、「清」がおばあちゃんとかぶりまくりです。(*^^*)
 
「赤シャツ」たちには敗れたけれど、「坊ちゃん」には帰る場所がありました。
東京に戻って真っ先に「清(きよ)」を訪ねたことからも、それは明らかです。
四国にいるときも、度々「清(きよ)」のことを思い出していますしね。
 
気性が荒くて、人付き合いが下手な「坊ちゃん」は、両親に疎まれて育ちました。
そんな「坊ちゃん」を100%受け入れ、肯定してくれる人が「清(きよ)」だったのです。
 
「清(きよ)」の大きな愛情が、この話を温かくしているように思います。

 

 
「夏目漱石」についてのその他の記事は、こちらです。(*^^*)
  ↓  ↓  ↓


 

 
 

スポンサーリンク