スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。


 
こんにちは、このかです。
 
今日(4月1日)もお花見日和でした。日曜日なので、観光地は大混雑ですよ。
 
 
嵐電に乗って車折神社(くるまざきじんじゃ)桜のトンネルを楽しみました。
 
 
ちなみに、開花の遅い仁和寺の御室桜(おむろざくら)も、もう5分咲きとの情報が入っています。

 

 
私たちは、仁和寺は中には入っていないのですが、去年より2週間ほど開花が早いですよ。次の週末が見ごろでしょう。
 
 

スポンサーリンク

ローカル電車・嵐電(らんでん)

 

 
嵐山から途中枝分かれして、北は北野白梅町、南は四条大宮に行く京福電鉄。
 
途中で京都唯一の路面電車になるので、ローカル感が楽しめますよ。

 
 

 
この電車、京福電鉄なのに、「嵐電(らんでん)」と呼ばれます。それはなぜかというと、もともとこの鉄道が1910年に開通したとき「嵐山電車」という名前だったからなのです。
 
 
当時、嵐山電車を省略して「嵐電」と呼んでいたのが、そのまま通称として残っているのですね。
 
 
途中の駅には、仁和寺、龍安寺、等持院など、京都の北側のお寺が点在しています。
 
 
今日は、桜の季節なので、桜のトンネルを楽しみましたよ。

 
 

嵐電の「桜のトンネル」はどこにあるの?

 

 
嵐電は、駅がすごくしょぼくて趣があって素敵なのです。
 
 
例えば、宇多野駅。↓

 

 
これ、駅の裏側から撮っているのですが、単線です。
 
 
そして、「桜のトンネル」は、この宇多野駅と鳴滝駅の間にあります。

 
 

 

 
写真やポスターで見ることもありますが、実は、かなり距離は短いです。
 
 
でも、見事でした~♪ ちょうど満開です!

 
 

 
車上から楽しむ場合は、電車の一番後ろに張り付いて後ろの窓から見るのがベストですよ。
 
 
でも、みなさん分かっているので、なかなかその場所は空いてません。(*´Д`)
 
 
なので、降りて近くまで行きました。
 
 
ここは、夜はライトアップされて、とても幻想的なのだそうです。そして、この短い距離を楽しめるように、ゆっくり走ってくれるのだそうですよ。
 
 
素敵です。

 
 

芸能のパワースポット車折神社には清少納言社が!

 

 
車折神社は、古事記の「岩戸伝説」のアメノウズメがご祭神ということで、芸能のパワースポットとして有名です。
 
 
嵐電の「車折神社駅」から徒歩0分(1~2秒)、道路を挟んだ駅の向かい側です。多くの芸能人が訪れることで、知られています。

 
 

 

 
ここは、中にいくつかの神社があり、ご祭神もいくつか祀られています。
 
 
嵯峨天皇、市杵島姫命(いきちしま の ひめの みこと)、そして、清原頼業(きよはらのよりなり)という漢学者もご祭神です。
 
嵯峨天皇が祀られている地主神社です。

   ↓ ↓ ↓

 
こちらは、弁天神社です。美しくなりたい人の祈願にぴったりなのです。
   ↓ ↓ ↓

 

 

 
そして、こちらは清少納言社です。
   ↓ ↓ ↓

 

 

 
ご祭神の清原頼業の清原家は、平安中期のエッセイスト・『枕草子』の作者・清少納言の家系です。
 
 
それで、この神社には、清少納言にあやかった「才色兼備お守り」があるのです。
 
 
学力や才能に加え、美しさも兼ね備えたいというちょっとよくばりな人にぴったりのお守りですよー!
 

 
【関連記事】
  ↓


 

 

  ↑ ↑ ↑
この濃い色の桜も、美しいですね。
 
 

  ↑ ↑ ↑
ここは、よく時代劇のロケに使われる場所です。
 
 
風情があって素敵でした!ヽ(^o^)丿

 
 
 

嵐山は激混みです!

 

   ↑ ↑ ↑
嵐電の終点、嵐山駅にも少しだけ寄りました。
 
 
人が多すぎて民家の2階から上しか写真が撮れず、どこだかよくわからない感じです。この下にはたくさんの人がいて、混雑しています。
 
 
嵐山も満開でしたが、とにかく人が多い・・・
 
 
ここ20年ぐらいで、嵐山は変わりました。観光シーズンは、大阪駅の地下街みたいに混雑します。

 
 

 
嵐電の駅構内にある「足湯」スポットです。
ここは、駅中なのでかなり人が少ないですよ。

 
 

 

 
3人ほど足湯を楽しんでいましたが、片側が開いていたので撮影できました。
 
 
200円です。

 
 

おわりに


 
先週からずっとお天気がよいので、今年は桜が長く楽しめそうです。
雨が降らなければ、来週末まで持つかもしれませんね。
 
 
私は、毎年、近場にしかお花見は行かないのですが(それもこっそり)、今年はわりと出かけています。桜は美しいけれど、やっぱり混雑は苦手なので、場所は選んでます。
 
 
京都は神社仏閣がたくさんあるので、人の少ない穴場スポットも意外とあるんです。
 
 
車折神社は、かなりの穴場でしたよ。

 

スポンサーリンク