この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。


 
こんにちは、このかです。
 
 
気軽に断捨離のつもりが、なんだか今回は大掛かりになりそうです。
 
 
ピアノを処分したらリビングがすっきりしたので、壁紙変えようか~ということになり、来週、壁と天井のクロスを変えることになったのでした。
 
 
ピアノの処分は、その場で査定してもらって運び出してもらうまで、30分もかかりませんでしたよ。
 
 
でも、ここ数年、ずっとどうしようか迷っていたのでした。
⇒思い出の品「ピアノ」の断捨離を決意

 
 

スポンサーリンク

ピアノの処分はどこの業者に頼む?

 

ピアノの引き取り業者は、今はネットで探すといろいろ出てきます。
 
 
私が選んだのは「伸和ピアノ」というところです。
 
 
ネットでは、複数の業者の一括見積もりのサイトもありましたが、そういうのはしていません。古くてけっして状態がよいとはいえないピアノなので、値段はつかなくていいと思っていましたし、お金よりも大事なことがあったのです。
 
 
それは、きちんと修理して再生していただける業者さんかどうかということです。
 
 
やっぱり、ピアノ(楽器)は、家具とは違います。
想い出の品なので、できればまた誰かに弾いてもらいたいのです。
 
 
私のピアノは、私が幼いときに買ってもらって、娘と2代に渡ってお世話になった楽器です。やたらと大型なので、うるさいなあと思うほどまだ大きな音が響きます。出ない音もありません。
 
 
ですから、できればもう一度、現役で誰かに楽しんでもらえたらいいなと思ったのです。
 
 
引き取り業者の中で、「大型家具が主でピアノも引き取りOK」というところは、すぐに処分されそうな感じがしました。(サイトなどを読んだ印象です)
 
 
伸和ピアノさんは、ピアノ専門業者で、自社工場で修理再生を行い、国内需要がないピアノでも、アジアの後進国などに中古ピアノとして輸出する流通ルートを持っているとのことでした。
 
 
「それじゃあ、うちの古いピアノでも大丈夫かな・・・」
そう思ったのです。
 
 
ちなみに、査定だけでもよく、その場で断っても全然大丈夫な雰囲気でしたよ。査定は無料です。男性2人で来られて、ていねいな対応をしていただけました。

 
 

引き取り価格がついたのにびっくり

 

 
1月末頃にメールをすると電話で連絡があり、大まかな日にちを相談して決めました。同じ地域のピアノを同じ日にまとめて引き取りに来るシステムらしく、不在の日や時間帯を伝えておくと折り返し連絡があります。
 
 
一週間ほど前に2月2日の夕方まで(夕方以降は×と言っていたので)と日にちが決まり、2日前に正確な時間の連絡がありました。その日に回る1番始めで朝の8時ですとのことでした。
 
 
時間通り8時過ぎに来られて、ピアノの状態を見ていただきました。
 
 
ピアノにK8で始まる文字があったのでそれが品番かと思ってお知らせしていたら、その横の「BL-76」というのが品番だったらしく、引き取り価格がつきました。
 
 
お見積りは、2万円でした~♪
その場で、キャッシュで受け取りです。
 

 
もちろん調律は必要ですが、マフラー交換をしたらまだじゅうぶん使えますよとのことでした。
 
 
よ、よかった~(´▽`*)
 
 
引き取り料払ってもいいかと思ってたぐらいなので、まだまだ使ってもらえるとわかってうれしいです。

 
 

おわりに

 
 
ピアノのような楽器や思い入れのあるものは、不要と分かっていてもなかなか手放しにくいものです。
 
 
もともとリビングにでーんと陣取っていたので、存在感がすごくあったため、なくなったら寂しいかなと思っていたのでした。
 
 
でも、実際になくなったら、すごくスッキリです♪
 
 

   ⇓  ⇓  ⇓

 
また、弾いてもらえるなら、わが家でただのデカすぎのオブジェになっているより、ピアノにとってもずっとよいと思えるのでした。
 
 
誰かに弾いてもらえたら、本当にうれしいです。古いピアノは、施設などの引き取りが多いと聞きました。大きな音が出るピアノだから、ぴったりだと思います。
 
 
業者に引き取ってもらわなければいけないものは、気軽にポイっとゴミ出しできませんが、やってみると、意外と電話1本で済んだりするんですね。
 
 
ちなみに、来週クロス張替えの前後に、食器棚も入れ替えます。
 
 
なんだか家に新しい「風」を入れることができて、軽やかな気分になれました。

 
 

スポンサーリンク