この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。


 
こんにちは、このかです。
 
 
冬休みや春休み、夏休みなど子供の長期休暇の後、私は無性に物を捨てたくなって、「断捨離じゃ~!」と、ゴミ袋の山を作ります。
 
 
今、わが家は「冬の断捨離月間」なのです。今日は、普通ゴミとリサイクルゴミの重なる日だったので、ゴミ袋合わせて8個出しました~。スッキリです♪
 
 
リサイクルゴミは、自分の家の玄関の中に門を開けて置いておくと、業者さんが回収に来てくれるので、ご近所迷惑にはなりません。
 
 
年末にやれよって感じですが、年末年始のように普段と違う雰囲気のとき、私は弱るので元気に動けないのです。(外からの変化に弱い体質)
 
 

 

スポンサーリンク

服は「買わない」より「処分する」に意識を向ける

 

 
新しい季節になると、ついつい流行の服を買いたくなりますね。ファッションに意識が向かなくなると、老化が進みそうなので、新しい服を必要分買うのは、良い事だと思っています。
 
 
でも、その分、着なくなる服もあるはずですよね。私は、衣服については買わないことより、「買ったら捨てる」を意識しています。
 
 
よく言われる、「1つ買ったら1つ処分する」というやつです。トータルで物を増やさないようにするのです。
 
 
でも、実は私は、衣類を捨てるのは得意(?)なのです。とにかく、1~2年着なかったらもう着ないだろうと、どんどん捨てます。衣類に対する執着心は全くないのでした。
 
 
ハウスダストのアレルギーがあるので、布類は健康被害の元という気持ちが強いのだと思います。クローゼットの中に入れっぱなしのも、ダメです。ダニの死骸がウジャウジャですよ。
 
 
娘がなかなか服を捨てようとしないタイプなので、私がこっそり捨てています。でも、今まで捨てたと気づかれたことは、ないんですよ。そんなもんなのです。
 
衣類を引き取って買ってもらえるお店もあるようですが、面倒なのですべてリサイクルゴミに出します。スッキリ♪

 
 

スポンサーリンク

なぜかたまっていく文房具類

 

 
文房具は、いつの時代も可愛いものが多いですね。
子供のころはメモ帳や消しゴムが大好きで、使いもしないのによく集めていました。
 
 
今は、添削に使う赤ペンと三色ボールペンをストック3本、シャーペン2本と決めています。
 
 
その他に、娘がよく使うシャーペンの芯、修正テープ、スティックのり、添削時のお便りに使う一筆箋などをまとめ買いします。
 
 
修正テープなど、使いたいときに切れていたら、すっごく不便なんですよ。そんなことをしているうちに、なぜかメモなどが文具を入れている引き出しの中でいっぱいになっています。
 
 
はああああ、ちょっと気を抜くと、増えるんですね~。
消耗品はともかく、メモはあまり使う機会がないので、そんなにたくさん要らないはずなのです。これも、引き出し整理の大掃除で、もったいないけど、処分しました。
 
 
文房具で気をつけたいのは、あくまで使うための道具だという意識を持つことですね。つい、かわいいからと買っていては、減らないんです。気をつけます。
 
 
あと、意外と粗品などでボールペンをもらう機会がありますが、あれはいらないですね。処分します。
 
 
スッキリした暮らしをしようと思ったら、「物の定数」と「物の定位置」をはっきり決めておくことが大切です。
 
 
物はないほうが、頭の中がスッキリ整理されるというのは、本当ですよ。私は家で仕事をしているので、よく分かります。

 
 

「本」はとても大切なので捨てられません

 

 
あまり物にも人にも執着心のない私ですが、「本」だけは簡単に捨てる気にはなれません。
 
 
捨てられない、でも、処分はしますよ。「ゴミ」のように捨てられないので、本はまとめてブックオフに売りに行きます。
 
 
土曜日に、要らない本を段ボール4箱につめて、ブックオフに売りに行きました。ほぼすべて私の本です。
 
 
本は私にとって、かなり大切なものなので、他に読んでくれる人の手に渡ってくれるとうれしいのです。結局処分な場合も、あるでしょうけど……。今回は、全部で7,000円弱になりました。充分です。
 
 
ちなみに、結構みんなきれいな本でしたよ。
本を買うとすぐに、市販のビニールカバーをつけますから。
そう、「本は大切に!」なのです。
 
 
毎回、季節の変わり目に、今回ぐらいの量の本を売りにいきます。電子書籍も利用していますが、しっかり読みたいものは、やはり私は「紙の本」です。
 
 
ついでに、今回は本棚も処分しましたよ。
 
 
本棚の中の本って、読まないんですよ。よく読む本は、すぐ手に取れるバスケットの中に入れているので、ただの邪魔な飾りになってしまっていたのです。
 
 
ですから、本棚は処分して、必要な本はプラスチックの収納箱に入れて、ベッド下に片づけました。
 
 
本や雑誌が増える人は、季節ごとに売ったり、リサイクルゴミに出したりすことをおすすめします。

 
 

おわりに


リビングや仕事部屋をスッキリした空間にするためには、物の定位置を決めることがすごく大切ですね。そうすると、それ以外に置くものはいらないなと思えます。
 
 
文房具のような小さな必需品は、ストックするのは○個までと、自分で決めておくとよいと思います。それでも、物はいつの間にか増えてしまうもの……。
 
 
なので、年に数回の断捨離は、必要なのです。

 
 

スポンサーリンク