この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。


 
こんにちは~、このかです。
 
 
私は、若いころから「気」が足りないのか、精神的なエネルギーが弱いんですよ。
 
 
初対面の人はもちろんのこと、慣れている人でも、5人以上集まったらあんまりしゃべれなくなります。いつも目立たないように、こっそり生きてきました。人前で話すのは、お腹壊すぐらい苦手でヤバいです。
 
 
そして、ものっすごく人ゴミが嫌いです。どんなに美味しいと評判のお店でも、行列ができるようなところには近寄らないし、京都の紅葉、見に行きたいけど、人が多すぎるので行きません。
 
 
スポーツ観戦が好きなメタボ旦那に何回誘われたって、野球やサッカーの試合は見に行きません(全く興味ないし)。1万人以上の人の熱(歓声)を浴びるなんて恐怖です。ライブも同じです。
 
 
それより、家で本を読んでいたいんですよ。
 
 
でも、そんな気持ち、メタボ旦那には分からないらしく、いまだにちょくちょく誘ってきます。まったくうっとおしいです。
 
 
娘は私と同じインドア派の文学オタクなので、話があうから助かります。
そんな母子が、唯一うきうきと人の多い所に出かけるのが観劇なのです!(^^)!
 
 
観劇は、人が多くても、静かに黙って鑑賞するものなので、まだ大丈夫なのです。休憩時間が怖いけど……。

 

スポンサーリンク

 

宝塚のチケットゲット

 

 
宝塚大劇場の12月公演のチケットをゲットできました♪
 
 
今回は、2階A席です。
2階席は初めてなので、ちょっとワクワクです。
 
 
もちろん、臨場感があってよいのは1階S席ですよ! 
「友の会」などに入っていないので、SS席は取れません。
 
 
チケットは、旦那の会社の斡旋(SS席なし)なので、席を選ばなければ必ず取れます。そして、ちょっと割安に買えます。
 
 
でも、うちは「3連席」がよいので、なかなかいい席は空いてないのです。
いろんな席で見てみるのも、面白いです。
 
 
みんなでお出かけできるのは、観劇ぐらいなので、旦那が一番テンション上がってます。宝塚歌劇はおっさん1人で行く勇気の持てない世界らしく、実はめっちゃ見に行くのも好きなのです。

 
 

スポンサーリンク

宝塚は二次元オタク女子にもおすすめ

 

 
今回の演目の主人公は、フランス革命の革命家「ロベスピエール」です。
 
 
歴史オタクの私としては、フランス革命は、語りだしたら3時間なので、演目としては、めっちゃ良い感じです。
 
 
ロベスピエールは、恐怖政治を引いた革命児というよりテロリストのような人で、まあ、確かに信念の人ではありますが、たくさんの人をギロチン送りにした挙句、「テルミドール9日のクーデタ」で自ら断頭台の露と消えた人です。うーん、めちゃくちゃな時代でした。
 
 
このロベスピエール、「フランス革命」を語る上で外せない人なので、「ベルばら」にも登場します!
 
 
宝塚の美しさは、二次元(漫画・アニメ)の美に通じると、私はすごく思うのです。演出側もそう思ってるから、「るろ剣」や「ルパン三世」などが演目になっているのでしょう。なので、三次元には興味ないわという女子にこそ、是非おすすめなのです。
 
 
うちの二次元オタクの娘は、男役の「美」にくぎ付けになり、絢爛豪華なレビューで心臓わしづかみされました。(笑)
 
 
それ以来、すべての演目に行くぞ~(それは無理だけど)と、行く気満々です。
 
 
阪急京都線の駅には、次の演目のポスターがいつも貼られているので、うっとり眺めています。
 
 
アイドルオタク的要素はないので、特定のタカラジェンヌに興味はありません。あくまで「劇中の彼」がよいそうです。

 
 

「ポーの一族」など古典漫画が演目に!

 

 
1月からの宝塚大劇場の演目は、萩尾望都の漫画「ポーの一族」ですよ~♪
 
 
萩尾望都のファンや漫画が好きな人からすると、私のことですが、これは、すごいことなのです!
 
 
「ポーの一族」は、漫画の中の名作中の名作です!!(←私にとってですが…)
連載開始が1972年ですから、私が1歳のときに書き始められた作品です。
 
 
でも、私は、この作品、好きすぎるので、観に行きたくはないのです。
その理由は、がっかりするにきまってるから……。
メリーベルと沈丁花のシーンなんて、人間には演じられないと思ってますから。
 
 
そして、3月からの演目も、またまた漫画の作品なのです。
 
 
篠原千絵の「天(そら)は赤い河のほとり」です。
 
 
これまた懐かしい~、学生時代に読んでました♪
古代オリエントの強国、ヒッタイトが舞台ですよ!
 
 
こちらは、衣装や舞台が楽しみです。

 
 

劇場周辺も見どころありです

 

 
宝塚大劇場は、阪急・JRなど交通の便もよいですし、駐車場が広いので、車でも行きやすいです。
 
 
そして、阪急宝塚駅から劇場までの「花のみち」は、オシャレな感じで飲食店もあります。
 
 
タカラジェンヌへの差し入れ御用達のサンドイッチ屋さんとか名物店もありますよ~。ランチできる場所もいろいろあるので、楽しいです。
 
 
客層もかなりよいので、あまり騒がしくないです。みなさん、きちんとされています。服装は、全然ゴージャスじゃなくて大丈夫です(笑)
 
 
大人の女性は、ちょっとしたお出かけ服が安心です。

 

スポンサーリンク