この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。


 
こんにちは。
 
吉田兼好は、700年も前に、シンプルイズベストな生き方指南書『徒然草』を出版していますが、これがなかなか刺さる言葉が多いんですよ。
 
 
今回お伝えする150段は、「芸で名人になろうとする人」に向けて指南した言葉です。
 
 
「未完の美」という言葉、わびさびを感じますね。
余韻の残る響きです。
 
 
わびさびの「わび」は「欠けの美」、完璧でないものに宿る魅力を指します。まさに「未完の美」なのです。
 
 
昔の日本人は、この欠けている部分に魅かれたのです。
それはおそらく、人間がどこか欠けているものだから、未完成なものだからではないでしょうか。
 
 
でも、現代は、完璧が求められる社会です。
結果がすべてという画一教育のもと、画一的な労働者が生産されています。
 
 
そこでは、欠けている個性は、劣ったものとみなされます。
 
 
そんなの気にせずに、自分の極めたい道を有言実行で突き進もうというのが、吉田兼好のアドバイスです。

 
 

スポンサーリンク

未完(下手クソ)でも披露しよう

 

 
『徒然草』150段は、 これから芸を身につけようとする人について、兼好からのアドバイスが書かれた段です。
 
 
ちょっと意訳しますと、こんな感じですよ。

初心者は、「下手くそなうちは、人に見られたら恥だ。こっそり練習して上達してから、芸を披露するのがかっこいいのだ」と、勘違いしがちだ。
 
でも、そんな事を言っている人が、芸を身につけた例えは1つもない。
 
下手くそなうちから上手なベテランにまざって、バカにされたり笑い者になっても気に留めず、平常心でがんばっていれば、特別な才能や素質などなくても上達できる。
 
芸の道を踏み外したり、我流になることもないだろう。
 
そのままま練習し続ければ、要領だけよく訓練を怠る者を超えて、達人になっていくのだ。
 
人間性も向上して、努力が報われ、周囲からの尊敬も得られる。
 
天下に並ぶ者なし」と言われる人も、最初は下手くそと笑われ、けなされてひどい屈辱を味わってきたのだ。
 
それでも、その人が芸の教えを正しく学び、一歩一歩歩み続けてきたからこそ、多くの人に尊敬され、万人の師匠となったのだ。
 
どんな世界でも同じである。

 
この前半の言葉、思い当たりすぎて、うーんとなります。
だって、こっそり練習してかっこよく披露したいじゃないですか。
 
 
でも、そう思って隠れて練習して芸を身につけることはないのだそうです。
 
 
そうはいっても、けなされると、「あーもう自分には才能がないんだ」とがっかりしてしまいますよね。
 
 
今の会社には、ひどい上司がわんさかいるので、けなされすぎて心が病んだり、2度と立ち直れなくなったりする場合がありそうです。
 
 
でも、勉強や習い事の場合は、生徒はお客さんなので、先生やコーチは、「ほめて育てる」指導が多いです。現代っ子は過保護気味なので、スパルタ指導では伸びないと分かっています。
 
 
私の勤める作文教室でも、まずは良い所をほめてほめてほめまくって、書く自信をつけさせます。いちいちけなしていたら、提出率が下がるだけなのです。うまく書かなければと思って書けなくさせてしまうのは、もっとダメな指導なのですよ。
 
 
ですから、「ほめる指導」のところで習っている人は、思い切って、下手くそでもどんどん披露するとよいです。受け止めてもらえますよ。

量質転嫁の法則

 

 
芸事だけではなく、楽器もスポーツも語学も、どんなものでも、ある程度力をつけるには、数稽古が必要です。
 
 
受験勉強をしたことのある人は、塾や予備校で聞いたことがあると思いますが、「量質転嫁の法則」という上達するための有名な法則があります。
 
 
これは何かを習得するとき、 ある一定の量を積み重ねると、質的な変化を起こすという現象を指す言葉です。自分の技術の質を上げたい場合は 量をこなすことが必要なのです。
 
 
つまり、上手くなりたければ、質が変化するまで量をこなすことが必要で、質が変化しない段階で量(反復練習)を止めてしまうと、 すぐに元に戻ってしまうのです。
 
 
でも、思考停止したまま、やみくもに数だけこなしても意味がありませんよ。
 
 
学んだことを何度も繰り返し思い出して、確認しながら、考えながらの反復練習が必要なのです。始めはみんな下手くそですが、めげずにとにかく数をこなすのが大事なのです。

 
 

スポンサーリンク

「芸の道」は、一生完成しないもの

 

 
私の生け花の先生のお母様は、茶道の先生をしています。
 
 
たまに、お話をしたことがあるのですが、この先生が、まだ親先生のところへお茶を習いに通っていると聞いて、びっくりしたことがあります。
 
 
80代の大先生がおそらくもっと年上の先生のところに、月に3回習いに行っているのです。
 
 
といっても、もう技術的なことを習っているのではないでしょう。
 
 
ほとんど茶飲み友達のようなものだと思いますが、それでもどちらかが死ぬまで師弟関係は続くのだそうですよ。
 
 
師匠の前では、いつまでも修行の身、極めることなどできないのだそうです。
なんだか、仏道修行みたいだなーと思ってしまいました。
 
 
芸事の修行というのは、昔からそういうものだったのでしょう。

 
 

おわりに

 

 
私は祖父母が他界しているので、今では戦前の風習を教えてもらえる人はいません。ですから、そういう話をしてくれる人は、貴重なのです。
 
 
例えば、そのお茶の先生は、今も「6の日」にお稽古に通っているのだそうですよ。つまり、「6日、16日、26日」がお稽古日なのです。
 
 
グレゴリ暦が入って来る前は、「曜日」ではなく「○の日」という日にちの数が、生活の基準だったんだなーと分かります。為替取引で知られる「五十日(ごとおび)」もその名残なのでしょう。
 
 
社会の中の常識は、少しずつ変わっていっていくんですね。
 
 
でも、「芸は一日にして成らず」は、古今東西普遍なのです。
人の心は弱いので、こっそり習得しようとすると、すぐにやる気がなくなります。
 
 
応援してくれる人がいれば、有言実行、披露してみましょう。
 
 
『徒然草』関連の本で、最近、とても読みやすいふんわりした雰囲気の本が出ています。堅苦しいのはいやだな、楽しく読みたいなと思う人におすすめです。

   ↓

 

 
【関連記事】
  ↓
吉田兼好★脱サラしてフリーライターに!『徒然草』がロングセラー大ヒット
 
不器用で生真面目な愛すべき変人「鴨長明」
 
「枕草子」の内容とその作者・清少納言の生い立ちを簡単に解説
 
「枕草子」は和歌の苦手な作者・清少納言の劣等感から生まれた作品

 

スポンサーリンク