この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

ceec3b9a0980f6337c5079f8981b939a_s
 
「夏も近づく八~十八夜 バンバン♪」
 
「せっせいせ~の、よいよいよい♪」
で始まる、この「茶摘み」の手遊び歌♪
昭和世代の人は、知っている人も多いのではないでしょうか。
 
今回は、「八十八夜」の意味や「日本茶」との関係について、お話しします。

 

スポンサーリンク

八十八夜とは

 
「八十八夜」は「雑節」の1つです。
 
「雑節」という言葉は、普段あまり使われませんね。
雑節は、二十四節気以外で「季節の変わり目となる特定の日」の総称をいいます。
 
「八十八夜」の他には、「節分」「彼岸」「入梅」「半夏生」「二百十日」「土用」などがあります。
 
宮沢賢治の『風の又三郎』では、三郎がちょうど台風が近づく「二百十日」に転校してきたことが、「風の又三郎」(風の神様)ではないかと思われた理由の1つでした。
 ↓  ↓


 

季節の節目となる「雑節」は、昔の人にとっては、非常に生活に密着したものだったようです。
 

2017年の八十八夜はいつ?

 
八十八夜は、「立春」から数えて「88日目」にあたる日の夜です。
2017年は、立春が2月4日なので、

 

「八十八夜」は5月2日です。
 

これは、江戸時代(1685年)に制定されたものなので、日本独特の制度です。

八十八夜の意味と由来

fd09aec3d16e8488233c14c51e1986a5_s
 
八十八夜は、春から夏へと移る季節の節目にあたります。
 
ですから、特に農家では、作物の生長において大切な目安の日になります。
 
農家では、この日、苗代(稲の種をまき、稲になるまで育てる田)に種もみをまきます。その年のお米のよしあしは、苗のできに大きく左右されるため、農家にとって非常に大切な日なのです。
 
昔は「苗代半日」といって、苗代づくりがうまくうけば、稲作は半分終わったようなものだといわれていました。

 

八十八夜と茶摘みの関係

c454e2630009f0b05f3b4d8ec9e9818f_s
 

童謡「茶摘み」

 
八十八夜は、茶畑では、茶摘みを始める目安の日になります。
 
でも、この八十八夜とお茶が結びついたのは、「夏も近づく八十八夜・・・♪」という童謡「茶摘み」の影響が大きいようですよ。
 
ちょど30秒後あたりから、歌が始まります。
歌詞にはっきり「八十八夜」とあるので、耳に残りやすいですね。

 ↓  ↓  ↓

 
実際には、茶摘みの時期は、茶産地の温暖差によって異なります。
 
八十八夜が茶摘みに最適なのは、関西地方といわれます。
宇治茶ですね・・・。(*^^)v

スポンサーリンク

縁起かつぎ

 
八十八夜の「八・十・八」を重ねると「米」という文字になることから、縁起のよい日といわれます。
 
昔は、八十八夜に摘まれたお茶を飲むと、「無病息災」「不老長寿」のご利益があるといわれました。
 
八十八夜のお茶は、気候的にも縁起を担ぐという意味でも、極上品の「一番茶」です。「一番茶」の茶葉の新芽には、前年の秋から冬越しをして蓄えられた成分があふれています。
 
若々しいお茶特有の香りが失われないうちに製茶されたお茶を、ゆっくり味わいリラックスしたいですね。
 
この「 一番茶」には、「二番茶」以降のお茶よりも、うまみ成分のテアニンなどの成分がたくさん含まれます。

 

日本茶

 
c1337303c510400e85b38635d423a9ae_s
 

日本茶の由来

 
お茶は、奈良時代に遣唐使として渡唐した最澄・空海が持ち帰ったのが始まりといわれています。当初は、貴重な薬として飲まれていました。
 
鎌倉時代に、臨済宗の開祖・栄西が、『喫茶養生記』に「茶は養生の仙薬なり」とお茶の効用と飲む習慣を紹介しました。
 
その後、禅宗の影響を受けた「茶道」が広まって、日本茶を飲む習慣が定着しました。

 

日本茶の産地

 
日本茶(緑茶)の代表的な産地は、静岡、宇治、狭山といわれます。
 
この中では、宇治茶が一番古く、現在生産量1位の静岡茶は、明治初期に生産が始まりました。
 
お茶の消費量が多いのは、静岡、長野です。

 

緑茶の生産量

 
1位ー静岡県
2位ー鹿児島県
3位ー三重県
4位ー宮崎県
5位ー京都府

 

日本茶の効用

7fe08f2f13b9818dabb455990a0d3934_s
 
日本茶には、タンニンやカフェイン、ビタミンやテアニンなどの有効成分がたくさん含まれています。
 
渋みのタンニンはポリフェノールのカテキン類を含み、抗がん作用があるほか、殺菌作用や抗毒作用もあります。
 
うまみのテアニンは、血圧上層抑制や能と神経機能の調節作用があるといわれます。

 

主な効用

日本茶に含まれる成分の主な効果を、こちらにまとめました。
 
1.疲労回復・覚醒作用
2.風邪予防
3.美肌・老化防止
4.便秘解消・脂肪分解促進
5.抗がん作用
6.血圧調整
7.口臭・虫歯予防
8.抗菌作用

 

まとめ

418196
 
昔の人は、「立春」を生活上の暦の起点と考えていて、それから何日で○○というような考え方をしていたとわかりますね。
 
江戸時代の人は、「入梅」や「土用」よりも、数字でわかりやすい「八十八夜」「二百十日」のほうが親しみやすかったため、重要視していたそうですよ。
 
★ 「八十八夜」は「雑節」の1つ。
★ 「立春」から数えて88日目の夜のことをいう。
★ 「八十八夜」は、江戸時代に決められた「雑節」で、日本独自のもの。
★ 「八十八夜」は、農家にとって大事な日であり、茶摘みを始める目安の日。
★ 「一番茶」は、お茶の有効成分や旨みが多く含まれていて美味しい。

 
 

スポンサーリンク