この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

denpoudou03
紀三井寺と根来寺は、「桜の名所100選」に選ばれています。
 
和歌山の桜の名所は、自然に恵まれた神社仏閣が多いです。
 
和歌山城は和歌山市内にあるのので、南大阪からもアクセスしやすいです。
広い敷地でゆったりお城の観光もでき、お子様連れにおすすめですよ。

 

スポンサーリンク

1.和歌山城

26177
 
和歌山城は、天正13年(1585年)に豊臣秀吉が弟の秀長に命じ、藤堂高虎に築城させたのが始まりです。
藤堂高虎が秀長に重用された頃のことでしょうか。
高虎は、ダーティーな世渡り上手というイメージがありますが、私は結構好きな武将です。豊臣家に仕えるまで、彼はかなり主君に恵まれませんでしたから。
 
和歌山城は、江戸時代には、徳川御三家の1つ紀伊徳川家の居城となります。
8代将軍・徳川吉宗の故郷ですね。
吉宗は、将軍職に就く前、紀州藩第5代藩主としてこの地を治めています。
 
和歌山城は、3月下旬から4月上旬には桜が咲き乱れ、4月下旬にはツツジも美しく咲く花の名所です。
 
例年「さくらまつり」が開催され、ライトアップされるので夜桜も楽しめますよ。
2017年は、3月下旬~4月上旬に予定されています。
(※ 桜の開花に合わせます。)
ライトアップは日没~22時です。

 

【本数】約600本
【例年の見ごろ】3月下旬~4月上旬
【桜の種類】ソメイヨシノ、ボタンザクラ、シダレザクラ
【住所】和歌山県和歌山市一番丁3
【問い合わせ】073-435-1044(和歌山城整備企画課)
【料金】無料(和歌山城天守閣は大人410円、小人200円)
【時間】和歌山城は9時~17時30分、入場は閉場30分前まで
【休み】無休(和歌山城は12月29~31日休み)
【電車】JR和歌山駅→和歌浦口行きまたは新和歌浦行きバス7分、公園前下車徒歩すぐ
【車】阪和道和歌山ICから県道145号経由5.3km15分
【駐車場】58台・最初の1時間まで200円、2時間まで350円、以降1時間毎200円

2.根来寺(ねごろじ)

denpoudou03http://www.negoroji.org/gyarari-.html
 
根来寺は、和歌山県北部、葛城連峰南麓にあります。
 
新義真言宗の総本山で、1132年に宗祖・覚鑁(かくばん)が高野山に創建し、その後、この地に移りました。
 
春になると、境内にはヤマザクラ、ソメイヨシノ、ネゴロザクラ、シダレザクラ、ボタンザクラなど約7000本の桜樹が咲き誇ります。
 
例年「さくらまつり」が開催され、ライトアップされるので夜桜も楽しめます。
2017年は、4月上旬に予定されています。
(※ 桜の開花に合わせます。)
ライトアップは18時~21時です。

 

スポンサーリンク
【本数】約7000本
【例年の見ごろ】3月下旬~4月上旬
【桜の種類】シダレザクラ、ソメイヨシノ、ネゴロザクラ、ボタンザクラ、ヤマザクラほか
【住所】和歌山県岩出市根来2286
【問い合わせ】0736-62-1144(根來寺)
【料金】大人(中学生以上)500円
【時間】9時~16時30分(11~3月は~16時)、年中無休
【電車】JR紀伊駅→バス15分、根来下車、徒歩20分。
またはJR和泉砂川駅→バス16分、バス停:根來寺下車、徒歩すぐ。
【車】阪和道泉南ICから県道63号経由10km15分
【駐車場】約80台・無料(桜シーズン中は電車バス等を利用)
URL:「根来寺」公式ホームページ

3.紀三井寺(きみいでら)

cfd31f9fa753583c657d1d77039c7d50_s
 
紀三井寺は名草山(なぐさやま)の中腹にあり、770年に開基された西国三十三カ所2番札所として名高いお寺です。
 
寺名の由来ともなった境内にある「清浄水」「楊柳水」「吉祥水」の3つの井戸は、「名水100選」に指定されています。
 
本数は500本と少ないですが、関西一の早咲きを誇る桜は、江戸時代以前からの桜の名所となっています。
 
「見あぐれば 桜しもうて 紀三井寺」
という芭蕉の句碑があります。
松尾芭蕉の代表作は、こちらにあります。↓


 
例年「桜まつり」が開催され、ライトアップされるので夜桜も楽しめます。
2016年の「桜まつり」は3月20日から4月20日、
ライトアップは18時~22時でした。
2017年度は、詳細が分かり次第追記します。

 

【本数】約500本
【例年の見ごろ】3月下旬~4月上旬
【桜の種類】ソメイヨシノ、ヤマザクラほか
【住所】和歌山県和歌山市紀三井寺
【問い合わせ】073-444-1002(紀三井寺)
【料金】大人200円、小人・シニア(70歳以上)100円
【時間】8~17時、年中無休
【電車】JR紀三井寺駅→徒歩15分
【車】阪和道和歌山ICから国道24号、県道145号(宮街道)・135号(国体道路)経由30分
【駐車場】30台・300円

4.熊野那智大社

img_p06http://kumanonachitaisha.or.jp/pavilion/?id=pavilion-top
 
熊野那智大社は、田辺市の熊野本宮大社、新宮市の熊野速玉大社とともに「熊野三山」の一社です。
全国約4,000社ある熊野神社のご本社でもあります。
 
ご祭神は「熊野夫須美大神」で、そのご神徳により「結宮(むすびのみや)」と称されます。
 
人の縁・願いの縁など様々なものを結ぶ宮として崇められました。
 
「八咫烏(やたがらす)」を熊野の神様のお使いとしていることでも、よく知られます。
八咫烏は、3本足の烏です。
より良い方向へ導く導きの神とされ、熊野那智大社の境内にある御縣彦社(みあがたひこしゃ)で祀りられています。
 
本社は、天正9年(1581年)に織田信長によって焼き討ちにあいますが、豊臣秀頼が再建しました。
 
境内には、春になるとヤマザクラの名木・秀衡桜やシダレザクラ、ヤエザクラなどが彩ります。
 
桜の時期には、例年「桜花祭」が催されます。
開催日は、4月14日です。
これは、桜に自然の恵みへの感謝を託し、五穀の豊穣を祈る祭典です。
飛瀧神社(那智の滝)で「浦安の舞」という巫女による神楽が行われます。

 

【本数】約50本
【例年の見ごろ】4月上旬~中旬(シダレザクラ3月下旬~4月上旬、秀衡桜4月中旬~下旬)
【桜の種類】シダレザクラ、ヤエザクラ、ヤマザクラ
【住所】和歌山県那智勝浦町大字那智山
【問い合わせ】0735-55-0321(熊野那智大社)
【料金】無料
【時間】5時30分~16時30分(宝物殿は8時30分~16時)、年中無休
【電車】JR紀伊勝浦駅→熊野交通バス那智駅経由那智山行き30分、那智山下車徒歩15分
【車】紀勢道尾鷲北ICから国道42号経由70km1時間40分。
または阪和道南紀田辺ICから国道42号経由114km2時間20分
【駐車場】約30台・800円

 

こちらの記事も、よく読まれています。(*^^*)↓


 

スポンサーリンク