この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。


 
小倉百人一首には、様々な季節の歌を詠んだものが含まれます。
 
100首の中に春の歌は6首入っています。
結構、少ないと思いませんか。
 
季節の歌は、全部で32首
春ー6首
夏ー4首
秋ー16首
冬ー6首

 
ちなみに、恋の歌は43首入っています。
藤原定家が恋の歌好きというのが、分かりますね。
 
でも、厳選された「季節の歌」は秀歌ばかりです。
私は万葉好きなので、恋の歌より情景を詠んだ歌のほうがずっと好きです。
 
歌や俳句の良し悪しを感じるのは、結局理屈ではなく感情なのだと思います。

スポンサーリンク

春の短歌

384ecef9211dfc06c737dde5214d5112_s

早春の歌

春とは、陰暦の初春から3月のことをいいます。
睦月(むつき)・如月(きさらぎ)・弥生(やよい)ですね。
 
春の歌は、万葉の時代は、梅や桃、桜、鶯などの生き物などなど、様々なテーマが取り上げられました。
 
しかし、平安時代以降、「花」=「桜」を詠んだ歌が圧倒的に多くなります。
これは、身分の低い人の歌が、なかなか後世に伝わっていいないからともいわれます。
 
まず、桜以外のテーマのものから・・・。

 
 

1.君がため 春の野に出でて 若菜摘む わが衣手に 雪は降りつつ

光孝天皇・古今集・百人一首15番
 
(訳)あなたのために春の野原に出て、若菜を摘みました。私の袖にはふわふわと早春の雪が降り続いていましたよ。

詠み手のほんわりとした優しさに包まれる歌ですね。
私の大好きな1首です。

この歌は「若菜摘み」を題材にしたものです。
若菜とは「春の七草」のことを指します。

つまり、春とはいっても新春、1月7日の寒い日のことです。
「雪は降りつつ」というのも、わかりますね。


 
 

2.雪の内に 春はきにけり うぐひすの こほれる涙 今やとくらむ

 
二条后(藤原高子)・古今集
 
(訳)雪の降っている中に春がやって来ました。鶯の凍っていた涙は、今はもうとけるでしょうか。
 
こちらはウグイスの歌。
藤原高子は陽成院の母で、恋多き奔放なイメージがあります。在原業平との恋は伊勢物語の題材にもなっています。
 
しかし、この歌からは、やさしい雰囲気が伝わります。
 
ウグイスといえば「春が来た、やったー!」という内容の歌が多い中、「鶯の涙」と詠んでいますね。ウグイスが自分のことならかわいらしい表現ですし、身近な人のことならいたわりの心が感じられます。

 
 

3.春きぬと 人はいへども うぐひすの なかぬかきりは あらじとそ思ふ

壬生忠岑・古今集
 
(訳)「もう春が来た(立春だ)」と人が言ったとしても、鶯が鳴かない限りはまだだと思う。
 
壬生忠岑は、本来宮中に上がることはできない低い身分の役人(六位)でした。
 
しかし、『古今集』の選者に選ばれ、後にも、藤原公任、紀貫之、藤原定家など、多くの歌人や和歌集の選者から絶賛されています。
 ↑ ↑ ↑
いちいちこういうことを書きたくなるほど、私の好きな歌人なのです♥
 
天皇やそれに近い貴族の歌合せや歌会に、度々招かれていました。

 
 

テーマ「梅」

 

 
「梅と鶯」は立春セットですね。
春を告げる鳥・鶯(ウグイス)と新春に先駆けて咲く梅の花は、よく一緒に詠まれます。
 
また、梅といえば、たいへん梅を愛した菅原道真公を忘れられません。
「梅」は、天神さんの神文にもなっています。

 
 

4.春されば まづ咲くやどの 梅の花 独り見つつや 春日暮らさむ

山上憶良・万葉集
 
(訳)春になるとまず咲く我が家の梅の花を、一人見ながら春の日を過ごそう。
 
万葉の歌のこの素朴さがたまらなく好きです。(*´▽`*)♥

 
 

5.人はいさ 心もしらず ふるさとは 花ぞむかしの 香ににほひける

紀貫之・古今集・百人一首35番
 
(訳)あなたのお気持ちはどうかわかりませんが、私が懐かしい故郷だと思っている梅の花は、昔と変わらない香りを漂わせてくれていますよ。

 
 
 

スポンサーリンク

6.君ならで 誰にか見せむ 梅の花 色をも香をも 知る人ぞ知る

紀友則・古今集
 
(訳)この梅の花を、あなた以外の誰に見せようというのか。色も香りも、良さが分かるのはあなたを置いて他にはありません。
 
この歌も、非常によく知られています。
「知る人ぞ知る」という語の語源としても有名です。

 
 

7.こちふかば 匂ひおこせよ 梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ

菅原道真・拾遺集
 
(訳)東風が吹いたなら、妙なる香りを起こして届けておくれ、梅の花よ。主がいないからといって、春を忘れるなよ。
 
大宰府に左遷された道真公が、毎年愛でていた御所の梅を想って詠みました。
その梅の木は、道真公のいる大宰府まで飛んで行ったという伝説が残ります。

 
 
 

テーマ「桜」

 

 
国風文化➾和歌の文化が栄えると共に、桜は「花」として盛んに詠まれるようになります。
桜には、いろいろな表情がありますね。

 
 

8.花の色は 移りにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに

小野小町・古今集・百人一首9番
 
(訳)花の色は長雨に打たれてう移り変わってしまいました。見る人もないままいつの間にか。私がこの世の中について思いめぐらし、ぼんやりと眺めている間に・・・。
 
非常に有名な歌ですね。桜の花は悲哀を誘うのでしょうか・・・?

 
 
 

9.久方の 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ

紀友則・古今和・百人一首34番
 
(訳)こんなに日の光が降りそそいでいるのどかな春の日なのに、どうして落着いた心もなく、桜の花は散り急いでしまうのだろうか。
 
これも桜の歌の代表のような有名な歌です。物悲しさが漂います。

 
 
 

10.世の中に たえて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし

在原業平・古今集・伊勢物語
 
(訳)世の中に桜と云うものがなかったなら、春になっても、咲くのを待ちどおしがったり、散るのを惜しんだりすることもなく、のんびりした気持ちでいられるだろうに。
 
これには有名な反歌があります。
 
「散ればこそ いとど桜はめでたけれ 憂き世になにか久しかるべき」
 
桜は惜しまれて散るからこそ素晴らしいのです。
世に永遠なるものは何もないのだから。

 
 
 

11.いにしへの 奈良の都の 八重桜 今日九重に にほひぬるかな

伊勢大輔・詞花集・百人一首61番
 
(訳)とおい昔、都であった奈良で咲き誇っていた八重桜が、今日はこの宮中(九重)で美しく輝いています。
 
こちらは、若い女性らしい、かわいらしい雰囲気の歌ですね。

 
 
 

12.高砂の 尾の上の桜 咲きにけり 外山の霞 立たずもあらなむ

大江匡房・後拾遺集・百人一首73番
 
(訳)はるか遠くの高い山の峰にも、やっと桜が咲いた。里近くの山の霞よ、桜の姿をよく見たいから、どうか立たないでおくれよ。
 
大江匡房の桜は、すぐそばにあるのではなく、遠くから眺める桜です。
「霞」は春に立つ霧のことです。

 
 
 

13.あしひきの 山桜花 日並べて かく咲きたらば いと恋ひめやも


山部赤人・万葉集
 
(訳)もしも山の桜が何日も咲いていたら、こんなに恋しいとは思わないでしょうに。すぐに散ってしまうからこそ、こんなに恋しいのだ。
 
確かに、桜の花が年中咲いていたら、こんなにも人の心を打つことはないでしょう。
はるか昔の山部赤人の心に、現代を生きる私たちが共感できるところに感動です!

 
 

14.花見にと 群れつつ人の 来るのみぞ あたら桜の とがにはありける

西行法師
 
(訳)花見の客が大勢押し寄せてきて騒々しい。これがこそが桜の罪である。
 
これも、すごくすごく同感ですよ。ゆっくり落ち着いて、人のいないところで風情を楽しみたいです。
騒がしい人も場所も大嫌い。(>_<)

 
 
 
 

15.願わくば 花の下にて 春死なむ その如月の 望月の頃

西行法師
 
(訳)願いが叶うならば、桜の下で春に死にたい。草木の萌え出る如月(陰暦二月)の満月の頃がいい。
 
西行法師は「花」と「月」の歌をたくさん残しています。
 
この歌のとおり、西行法師は、如月(2月16日)に亡くなりました。
生き方も死に方も、かっこいい人です。

 

 

スポンサーリンク