この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

87番の寂蓮法師は、藤原定家の父・俊成の甥で、長らく家督を継ぐ子がいなかった俊成の養子になります。
その後で、定家が生まれたため、出家しました。
 
歌人として大変才能のある人で、当時、多くの歌会に招かれています。
 
平安末期から鎌倉前期になると「○○法師」という名の僧侶が目立ちますね。
彼らは、文化サロンを作って、文化・芸術の発展に貢献しました。

スポンサーリンク

87.寂蓮法師(じゃくれんほうし)

1270e5d04e6037a72b90a61497ac5e72_s
 
寂蓮法師は、平安末期から鎌倉初期にかけての代表的歌人です。
俗名は藤原定長(さだなが)といいました。
藤原俊成(83番)の甥(弟の息子)で、後継ぎのいなかった俊成の養子になります。
 
後に定家(97番)が生まれたため、30歳を過ぎて出家しました。
『新古今和歌集』の撰者の1人でしたが、途中で病気で亡くなります。

 

【参考】藤原俊成の歌はこちらです。↓

 

 
村雨の 露もまだひぬ 真木の葉に
霧立ちのぼる 秋の夕暮れ

 

【覚え方】村の霧

にわか雨がさっと通り過ぎ、雨の露もまだ乾ききらないヒノキや松の葉に、霧が立ち上っている秋の夕暮れだなあ。

 

「村雨」は、にわか雨のことです。
「露」は雨のしずくのことで、「ひぬ」は「干ぬ」と感じで表すとわかりやすいと思います。
「まだ乾かない」という意味です。
「真木」はヒノキや杉のような常緑針葉樹のことを指します。
 
現代では年中「霧」と表すものを、古典では、秋は「霧」、春は「霞(かすみ)」と使い分けます。
 
秋の風物に「露」があります。
この歌では「、その露」が主人公になっています。
秋の晴れた夜にできる水滴のことで、「白露」はそれを美化した表現です。
 
村雨が降りやんで、葉の上に美しい滴が見え、それが霧に包まれていく夕暮れへと変化していきます。秋の澄んだ空気が光景が、清々しく感じられますね。
 
自然の繊細な美しさを詠んだ歌で、素晴らしいと思います。(´▽`*)

スポンサーリンク

88.皇嘉門院別当(こうかもんいんのべっとう)

a1170_000161
 
皇嘉門院別当は、崇徳院の皇后・皇嘉門院聖子に仕えた女房です。
別当は、家政を司る役職名のことです。
 
藤原基俊(75番)俊恵法師(85番)寂蓮法師(87番)などとともに歌会や歌合せで活躍します。

【参考】 藤原基俊の歌
【参考】 俊恵法師の歌

 
この歌は、皇嘉門院の弟・九条兼実という公家の歌会に出席したときのものです。
「旅宿遭歌(りょしゅくにあうこい)」というお題で詠んだものです。
港町の遊女になりきって詠んだ歌です。(・。・;

 

難波江の 葦のかりねの 一夜ゆゑ
みをつくしてや 恋わたるべき

 
【覚え方】難波江のみおちゃん

私は一生、この身が尽き果てるまで、難波江の刈り取られた葦の節のように短い、あの一夜限りの契りを思いながら生きてゆくのでしょうか。

 

「難波江」は現在の大阪府大阪市です。当時は入り江で、葦が群生する低湿地帯でした。
「難波江」「葦」」「かりね」「みおつくし」は縁語です。
葦の「かりね」と「仮り寝」が掛詞になっています。
下の句が疑問形になっているので、一夜の恋人に問いかけるような女心を歌っているのですね。
 
難波の港町の遊女がお客である人に恋をしたという設定で詠んでいます。
歌会では、テーマに沿っていかにそれらしく、また技巧を使ってうまく詠めるかを競います。
 
ですから、自分の体験を詠んだものではありません。

 
「百人一首」全首の詳細はこちらから(´▽`)♪↓

 

スポンサーリンク