この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

ひな段を飾るひな人形。
7段飾りの場合、その3段目にくるのは「五人囃子(ごにんばやし)」です。
 
これまでみてきた「親王・内親王」と「三人官女」は、京都御所を設定に作られています。しかし、ひな人形が今の形になったのは江戸時代です。
 
「江戸」でひな人形の形が成立したとき、
京都式の官女や随身に、江戸式の五人囃子(ばやし)を加えた形
になりました。
 
つまり、十五人揃い、(内裏雛,官女,五人囃子,随身,衛士)の内、五人囃子だけは江戸式のものです。
(全て京都式の場合、「五人囃子」ではなく「五楽人」で雅楽を奏でます。)

スポンサーリンク

五人囃子とは

340135
五人囃子とは、少年たちによる楽師隊のことです。
みんな元服前なので、髪を結ばずに少年の髪型をしています。
 
彼らは、お内裏様とお雛様の 「結婚式の祭り囃子」を演奏しています。
 
五人とも、選りすぐりの楽の名手で秀才です。
この五人が奏でているのは、「能楽」です。
 
「能楽」は無形文化遺産にも登録された日本の伝統的な音楽です。
室町時代に始まり、江戸時代には「武家の式楽」として確立します。
 
能楽は、「シテ方」「ワキ方」「地謠」「囃子方」
で構成されています。
 
このうちの「地謠」1人、「囃子方」4人で構成されるのが、五人囃子です。
 
一方、公家中心の京都では雅楽に使用する楽器が好まれました。
ですから、京都式の場合は「雅楽の楽人」(五楽人)となります。
「五楽人」は、雅楽器をそれぞれ持ちます。

五人囃子の並べ方

「五人囃子」は、演奏を担当する囃子方(はやしかた)4人と、声楽を担当する謡い手(うたいて)1人に分かれています。
 
「五人囃子」の持ち物は、向かって左から、
「太鼓(たいこ)」
「大鼓(おおつづみ)」
「小鼓(こつづみ)」
「笛(ふえ)」
「謡い手」

です。
 
「五楽人」の場合、並び方は、向かって左から、
「横笛(よこぶえ)」
「篳篥(ひちりき」)
「火焔太鼓(かえんだいこ)」
「笙(しょう」)
「羯鼓(かっこ)」

です。
 
こちらはメロディー楽器が多いので、演奏がより華やかになります。
 
「七楽人」となる場合もあって、その際は「琴(こと)」と「琵琶(びわ)」が加わります。
 
※京都式の「五楽人」や「七楽人」は元服前の少年ではなく、風格ある大人の男性の場合が多いです。

スポンサーリンク

五人囃子それぞれの担当楽器

free-illust41080

「太鼓」

太鼓(たいこ)は、いわゆる締太鼓のことで、構造は基本的に鼓(つづみ)と同じです。四拍子のリズムを主導する役割を担っています。
能楽では、神、霊、鬼畜といった、非人間的なものが登場する場面、怪異的な内容の曲のみに使われます。
 
座っている人形で、両手にばちを持つ形になっています。

「大鼓(おおつづみ)」

大鼓(おおつづみ)は、材質や構がはほぼ「小鼓」と同じで、ひとまわり大きい太鼓です。音色の種類は、右手の打ち方によって分けます。
 
立っている人形です。
左手で持ち、右手で叩く楽器なので、右の掌が横を向いています。

「小鼓(こつづみ)」

小鼓(こつづみ)は、小ぶりの太鼓で、肩に担いで叩きます。
大鼓よりも柔らかい音を出します。
 
立っている人形で、左肩のほうに向け、右手を上げています。

「笛・能管(のうかん)」

「笛・能管(のうかん)」は、竹でできています。
笛はメロディ楽器ですが、能楽では主にリズムを刻む奏法で使われます。
また管内に細い竹を1本はめ込んでいるので、「ヒシギ」と呼ばれる鋭い最高音を出すことができます。
 
座っている人形で、両手を前に出しています。

「謠(うたい)」とよびます。
声楽担当なので、楽器を持たず扇を持っています。
 
座っている人形で、両手を膝の上に置いています。

まとめ

「五人囃子」は、親王の結婚式の盛り上げ役です。
それにしては、太鼓が多いなと不思議に思っていたのですが、謎が解けました。
 
ひな人形は、江戸時代に、主に「江戸」で成立したものなので、「五人囃子」だけ江戸の文化が混ざったということなのです。
成立時期や場所の影響が、後々まで文化として残るというのが、とても興味深いです。(´・ω・)
 
★五人囃子は「能楽」を囃(はや)している。
★ひな人形の中で五人囃子だけ、京都式(公家文化)ではなく江戸式。
★京都式の場合は、五楽人や七楽人で雅楽器を持っている。
★五人囃子は元服前の少年、五楽人は成人男性。

 
「ひな祭り」のまとめ記事はこちらです。(´▽`)♪↓

ひな祭り・ひな人形と行事食の由来や飾り方・まとめ記事!


 

スポンサーリンク