この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

スポンサーリンク

春と秋の彼岸の食べ物といえば、真っ先に「おはぎ」が思いつくと思います。
 
おはぎはぼたもちとよばれることもあります。
 
この違いは、「お萩」「牡丹餅」と漢字を当てはめると納得なので、割と広く知られています。
 
今回は、このあんで包んだおもちについてお話しします。

おはぎとぼたもちの歴史

古代より、小豆の赤色には、邪気払い・厄除けのおまじない効果があると信じられていて、縁起のよい食べ物とされていました。
それが、「先祖の供養」と結びついて、この時期にお供えしお下がりをいただくという風習が次第に生まれます。
 
また仏教では、「彼岸」は悟りの境地を示すもので、苦しみに満ちた「此岸」と対になる言葉として使われます。
 
もちもちした白い半分お米のようなおもちをあんこでくるんだものを、「彼岸」や「四十九日の忌明け」に食べる風習が定着したのは、江戸時代です。
 
一方、春の彼岸は農作業が始まる時期で、秋の彼岸は収穫の時期にあたるため、「農業の神様」への捧げものという意味もあったようです。
(日本の古い風習は、神様への供物と先祖供養が合わさったものが多いです。)

おはぎとぼたもちの違い

「おはぎ」と「ぼたもち」は基本的に同じものです。
では、細かい違いを見ていきましょう。

スポンサーリンク

季節による呼び名の違い

「牡丹餅」は牡丹の花が咲く時期、つまり春の彼岸に食べるものです。
小豆の粒をまぶしている状態が、牡丹の花弁に似ていることから名づけられました。
 
「お萩」は萩の花が咲く時期、つまり秋の彼岸に食べるものです。
小豆の粒が小さい花をたくさんつける萩の花の様子に似ているからつけられました。
 
季節による呼び名は、春と秋だけでなく夏と冬にも存在します。
 
夏に食べるものを「夜船(よふね)」
冬に食べるものを「北窓(きたまど)」とよびます。
 
この呼び名は、おもちのつき方に由来します。
 
おはぎはおもちとちがって「ぺったんぺったん」何度もつく必要がありません。
それが隣人からすると、いつついたのかわからない「つき知らず」のもちといわれました。
そこから「つき知らず」を「着き知らず」に掛けて、夜の船がいつ着いたのかわからない「着き知らず」という意味になり、「夜船」とよばれるようになりました。掛詞ですね。
 
冬の「北窓」も同じような理由です。
冬の空は北の窓からは月が見えない「月知らず」なので「北窓」とよばれました。
 
どれも美しい名称ですね。
四季折々の美しさを感じる日本人のこころが生み出したものと分かります。

あんこ粒の違い


おもちに使うあんこには、「粒あん」と「こしあん」があります。
そして「おはぎ」には「粒あん」、「ぼたもち」には「こしあん」が使われます。
 
この違いは、あんの材料である小豆の収穫時期に関係があるのです。
 
秋のお彼岸は、小豆の収穫期とほぼ同じなので、とれたての柔らかい小豆をそのままあんにできます。柔らかい皮も一緒につぶして使えるから、粒あんになります。
 
春のお彼岸は、冬を越した小豆を使うことになるので、小豆の皮は固くなっています。固くなった皮をそのまま使うと食感が悪くなり美味しくないので、皮を取り除いた小豆を使うため、こしあんができるのです。
 
しかし、今では保存技術の発達や品種改良により、一年中、品質のよい小豆が手に入るようになりました。ですから、この区別はあまり意味のないものになっています。
 
また、今では全国的に和菓子屋さんで売られる名称が「おはぎ」のため、この名称が定着しつつあります。

おわりに

おはぎやぼたもちは、素朴な和菓子で美味しいですね。
管理人は和菓子好きなので、しょっちゅう和菓子屋さんに行きますが、和菓子には季節感が感じられるものが多いです。
姿かたちも名称も、その季節の風物詩の1つとなっています。
 
今では一年中「おはぎ」の名で売られることが多いですが、
やはり春のお彼岸には「ぼたもち」とよびたいです。

スポンサーリンク