この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

73.権中納言匡房=大江匡房

 

 
大江匡房(おおえまさふさ)は、漢学者の家系「大江家」に生まれた学識者です。
8歳で『史記』を暗唱し、11歳で漢詩を作り「神童」と称えられました。
赤染衛門(59番)の曾孫です。
また、源義家に兵法を教えたことでも知られています。
 
匡房は生真面目な学者だったので、女房たちに「あづま琴」を差し出され、「博士さまは、お勉強はできてもお琴は無理なようね。」とからかわれたことがあります。
そのとき、機転を利かせた歌を詠んで女房たちを黙らせたというエピソードが残っています。 
  
その歌がこちらです。
逢坂の 関の彼方も まだ見ねば 東(あづま)のことは 知られざりけり
(まだ逢坂の関から東へ行ったことがないので、「東の事」も「東の琴」も知らないのです。)
  
  
「百人一首」に選ばれた歌は、酒宴の席で、内大臣・藤原師通に詠むようにいわれたものです。お題は、「はるかに山の桜を望む」でした。

スポンサーリンク

 
高砂の 尾の上の桜 咲にけり
富山の霞(かすみ) たたずもあらなむ

 
【覚え方】高砂の富山

はるか遠くの高い山の峰にも、やっと桜が咲いたなあ。里近くの山の霞よ、桜の姿をよく見たいから、どうか立たないでおくれよ。

「高砂(たかさご)」は、砂が高く積もっていることで、高い山を意味します。
「外山(とやま)の霞(かすみ)」の「外山」は人里近い低い山のことです。
 
遠くの「高山」と近くの「里山(外山)」を対比させる技巧を用いています。
 
「霞(かすみ)」は立春の頃にたつ霧のことです。
春にたつ霧を「霞」とよび、秋の「霧」と区別しました。
 
美しい風景がを見ているような、のびやかな歌ですね。

 

スポンサーリンク

74.源俊頼朝臣

 

 
源俊頼は、「三船の才」・源経信(71番)の息子です。
俊恵法師(75番)の父親でもあります。
堀川・鳥羽・崇徳天皇に仕えました。
 
この歌は、藤原定家の祖父・藤原俊忠の屋敷で詠んだ歌です。
お題が「祈れども逢わざる恋」と決まっていました。

 
憂(う)かりける 人を初瀬の 山おろしよ
はげしかれとは 祈らぬものを

 
【覚え方】うかり禿

私につれないあの人との恋がうまくいきますようにと願ったはずなのに。初瀬の山おろしよ。お前のように激しく冷たい風よ吹けと祈ってはいないのに、あの人はさらに私につれなくなってしまったよ。

 

「初瀬」は現在の奈良県櫻井市で、そこには観音信仰で有名なお寺・長谷寺があります。平安時代は、『法華経』が広く信仰され、上流貴族の間では観音信仰が盛んでした。
 
「山あらし」は山から吹き下ろしてくる激しい風のことです。
この「山あらし」を擬人化しています。
 
長谷寺に参って祈ったのに、片恋の相手はますます冷たくなってしまった辛い恋心を、言葉巧みに伝えています。
「山あらしよ」が字余りになっているのが印象的ですね。
 
俊頼は、情感豊かな表現で、技巧も巧みに仕える和歌の達人です。
お題にぴったりの素晴らしい歌ですね。(´▽`*)

 
「百人一首」全首の詳細はこちらから(´▽`)♪↓

「百人一首」まとめ記事~全首の意味・覚え方とおすすめ参考文献!


 

スポンサーリンク