この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

赤染衛門小式部内侍は、どちらも和泉式部ゆかりの人物です。
 
赤染衛門和泉式部(56番)は、一条天皇の中宮・彰子に仕える友人でした。
紫式部(57番)も同じ、彰子のサロンで勤めています。
紫式部の娘・大弐三位(58番)も、和泉式部の娘・小式部内侍も彰子に仕えました。
 
これは彰子の父・藤原道長が、娘の周りに才能ある女性を集めたためです。

スポンサーリンク

 
【参考】
「和泉式部」と「藤原公任」の歌

「紫式部」とその娘「大弐三位」の歌
 

59・赤染衛門(あかぞめえもん)


 
赤染衛門は、この時期の代表的女流歌人の1人です。
平兼盛(40番)の娘?ともいわれます。

 


 

夫の大江匡衡は文章博士になった秀才です。
藤原道長の妻・倫子に仕えた後、中宮・彰子に仕えます。
 
この歌は、妹の代筆といわれます。
平安時代は、文(ラブレター)の代筆を、歌の上手な身内に頼むことが多々ありました。赤染衛門の妹は、このとき藤原道隆の恋人でした。
藤原道隆は儀同三司母(54番)の夫です。

 

 

やすらはで 寝なましものを 小夜更けて
かたぶくまでの 月を見しかな

 

 
【覚え方】やすらは傾く

あなたがいらっしゃらないとわかっていたら、ためらわず寝てしまったというのに。お待ちしているうちに夜も更けて、西の空へと月が傾いてゆくのを見てしまいましたわ。

 
「やすらはで」の「やすらふ」は「ためらう」という意味です。
「寝なましものを」の「まし」は反実仮想の助動詞で、「ものを」は逆接の接続助詞です。
「かたぶくくまでの」は、「月が傾くこと」を指します。
月が傾いて沈んでいき夜明けが近づいたことをほのめかしています。
 
恋人が来なかったのを責めているけれど、拗ねているようなかわいらしさを感じる歌です。
重くなりすぎないところが、考えられていますね。

スポンサーリンク

60.小式部内侍(こしきぶのないし)


 
小式部内侍は橘道貞と和泉式部(56番)の娘です。
和泉式部は、宮廷でも有名な優れた歌人でした。
娘の小式部内侍も若いのに素晴らしい歌を詠みます。
それゆえ、小式部内侍の歌は、母が代わりに詠んでいるのではないかという噂が宮中に広がりました。
 
この歌は、それを一蹴するエピソードとして有名です。
 
小式部内侍がある歌合に招かれたとき 和泉式部は夫とともに丹後国に赴いており不在でした。
その歌合の場で、恋人の藤原定頼(64番)が、「お母様の文を運ぶ使者は来ましたか? 届くまでさぞ心配でしょう。」と、代作疑惑のことを皮肉ったのです。
 
そのとき、小式部内侍が即興で詠んだのがこの歌です。

            
 
大江山 いくのの道の 遠ければ
まだふみも見ず 天の橋立(はしだて)

 
【覚え方】大江山をまだ踏まない

大江山を越えて「生野」を「行くの」道は遠いので、まだ天橋立を「踏んだ」こともないし「文」も見ていないわ。

「いくの」は今の京都府北部で、丹後へ行くには生野の里を通りました。
「いくの」と「行く」が掛詞で、
まだふみも見ず」の「ふみ」が「「踏み」と「文(ふみ)」の掛詞です。
 
「生野の道を踏んだこともないし、母からの文もまだ見ていない」と重ねて表しています。
また、「踏み」は「橋」の縁語です。
 
「即興でこれだけ技巧を重ねた素晴らしい歌を詠めるなんて!」と感嘆されるに相応しい歌ですね。
お見事です。(´・ω・)

 
「百人一首」全首の詳細はこちらから(´▽`)♪↓

「百人一首」まとめ記事~全首の意味・覚え方とおすすめ参考文献!


 

スポンサーリンク