この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

平安中期の女流作家として真っ先に思い浮かぶのは、この人ではないでしょうか。
摂関政治の最盛期に、藤原道長が一条天皇に嫁がせた娘・彰子に仕えます。
 
54帖に渡る宮廷長編小説『源氏物語』は、日本人だけでなく、多くの外国人にも親しまれています。
また、『紫式部日記』という日記も書いています。
この作品には和泉式部(56番)赤染衛門(59番)清少納言(62番)藤原公任(55番)などが登場します。
 
和泉式部と赤染衛門は彰子に仕えた同僚です。
清少納言は皇后・定子に仕えた女房ですが、紫式部が宮仕えをした頃には、定子が亡くなり引退していました。
 
娘の大弐三位も、同じく彰子に仕えました。
親子で連番と覚えておくとよいですね。

 

スポンサーリンク

57.紫式部

74044fd354016171bbd7fb628d1c238f_s
 
紫式部は、藤原北家屈指の学者で詩人でもあった藤原為時の娘です。
藤原宣孝と結婚し、大弐三位(58番)を産みます。
夫の死後、一条天皇の中宮・彰子に仕え、『源氏物語』を執筆しました。
女房名は藤式部(とうしきぶ)です。
(※「女房」は「嫁」ではなく、当時の「女性官僚」のことです。)
 
『源氏物語』は当時から大人気だったため、急かされて執筆するのが大変だったようです。締切に追われる作家は今も昔も同じですね。大変な才媛で、父が漢学者であったこともあり、当時、女性は学ばなかった漢詩にも精通していました。兄が学んでいた『史記』を、すぐに暗記したというエピソードがあります。
 
この歌は、姉のように慕っていた幼なじみと久しぶりに逢えたのにわずかな時間しか取れず、月と競うように帰った寂しさを詠んだものです。(『新古今集』)

 
めぐり逢ひて 見しやそれとも わかぬまに
雲がくれにし 夜半(よは)の月かな

 

【覚え方】めぐる雲が

スポンサーリンク
やっと会えたと思ったのに、あなたなのかわからないうちにいなくなってしまった。出たと思ったらすぐに雲に隠れた月のようだわ。

「月」と「めぐる」は「縁語」です。
「見しやそれとも」は、「見たのがそれかどうかも」という意味です。
「それ」は直接的には「月」を指しますが、「幼なじみ」を暗示しています。
「わかぬ間に」は「見分けがつかないうち」にという意味です。
「夜半(よは)」は夜中・夜更けの意味です。
 
ほんのわずかな再会を嘆く気持ちを、「夜半の月」に重ね合わせる発想が美しいですね。

 

58.大弐三位(だいにのさんみ)


 
大弐三位(だいにのさんみ)紫式部(57番)の娘です。
母と同じく中宮・彰子に仕えます。
祖父と母仕込みの歌の才がありました。
 
太宰大弐正三位・高階成章(たかしなのしげあきら)と結婚したので、大弐三位と呼ばれました。
その後、子供が生まれ、後冷泉天皇の乳母(めのと)を勤めます。
天皇の乳母になることは、当時、大変名誉なことでした。
 
この歌は、全く音沙汰がなくなった恋人からの文(ラブレター)への返歌です。

 
有馬山 ゐなのささ原 風吹けば
いでそよ人を 忘れやはする

 
【覚え方】有馬山はいいで

いいえ。有馬山から猪名にある笹の原っぱへ風が吹くと、必ずそよそよゆれるように、そうよ、わたし、あなたのことを絶対忘れたりなんかしません。

「いでそよ」の「いで」は「まったく、必ず」などの意味の副詞です。
「そよ」には、は笹の葉のさらさらという音と「そうよ」という気持ちの2つの意味があります。2重の意味を表す「掛詞」です。
 
「全然会いに来なかったのに、よくもそんなことが言えたわね。」という心情が相手に届きますね。でも、攻めすぎていないさじ加減が見事です。この恋は、元鞘に収まったそうですよ。(´・ω・)

 

 
「百人一首」全首の詳細はこちらから(´▽`)♪↓

「百人一首」まとめ記事~全首の意味・覚え方とおすすめ参考文献!


 

スポンサーリンク