この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

1月1日のことを「元旦」「元日」と表します。
年賀状に書くときは、元旦が多いかなと思います。
 
この2つの言葉は、漢字も使い方もよく似ていますが、
明確な違いはあるのでしょうか。
 
きちんと違いを確認してみましょう。

スポンサーリンク

元旦と元日

「元旦」とは

「元旦」の「旦」という漢字はどういう意味か調べてみました。
 
1.「あした(朝)」、「よあけ」、「早朝」(例:平旦、元旦)
2.「夜が明ける」
3.「檀の略字」(例:旦那)

 
「旦」という文字自体に「朝」という意味があると分かりますね。
「元旦」とは1月1日の朝、もしくは午前中を指します。

「元日」とは

「元日」は年の最初の日、1月1日をさします。
 
1948年にされた「公布・施行の国民の祝日に関する法律(祝日法)」で、
1月1日は「年のはじめを祝う」国民の祝日「元日」とされました。
 
ですから、「元日の朝」を「元旦」というのですね。
「元旦の朝」は、正確には誤りです。
 
※現在では「元旦」=「元日」として用いられるようになり、区別されなくなってきています。言葉は時代の流れの中で変化していくものなので、使われ方も変わっていくのですね。

「正月とは」

ここで、もう一度「正月」の期間を確認しておきます。
 
もともと正月とは1月のことを指しました。(1月1か月間)
現在では正月は1月1日から1日3日までの「三が日」を指す場合と、1月7日(関西は15日)までの「松の内」を指す場合があります。

 

スポンサーリンク

年賀状に書くのはどっち?

年賀状は、期間中に出せば1月1日の午前中に届くので、「元旦」と書きます。
 
「元旦」「元日」という言葉の中に、すでに「一月一日」という意味が含まれているので、「一月一日元旦」とは書きません。
「平成〇年元旦」「2△△△年元旦」と表記しましょう。
 
投函するのが遅くなり、1月2日以降に届くかもしれない場合には、「元旦」「元日」とは書かずに、「平成〇年一月吉日」または「平成〇年新春」と書きます。
しかし、今ではその区別は明確でなく、松の内までに届くものなら「元日」「元旦」と書く人も多くなりました。
 
松の内以降に届いてしまう場合は、年賀状とせずに「寒中見舞い」を出します。
寒中見舞いの文例はこちらを参考にしてください。↓

 


 

まとめ

★「元旦」:1月1日の朝。 最近は1月1日のこと。
★「元日」:1月1日のこと。(一日中)
★「平成〇年元旦」「平成〇年元日」と書くこと

(「1月1日元旦」「1月1日元日」は重複になるので書かない!)

 
「お正月」記事・「総集編」はこちらです♪↓

2017「お正月総集編」~お正月に関する全ての記事はこちらから♪


 

 
 

スポンサーリンク