この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。


年賀状を出していない人から、届いたけれど、帰省や旅行でしばらく家を空けていて、出し損ねてしまった場合、
 
つまり、お正月が終わってから年賀状の返事を出したいときは、「寒中見舞い」を送ります。
 
今回は「寒中見舞い」の意味と書き方を説明します。

 

スポンサーリンク

寒中見舞いとは?

 
一年のうち、もっとも寒い時期に相手の体調を気遣う挨拶を送る、それが寒中見舞いです。
 
「寒中」とは二十四節気の「小寒」と「大寒」の間の期間のことです。

 

寒中見舞いを出す場合

 

 
一般的には、下記の場合に「寒中見舞い」を出します。
 
〇年賀状を出さなかった人から年賀状をもらった場合のお返し
〇年賀状を松の内までに出し遅れてしまったときの年始の挨拶
 
〇喪中ハガキをいただいた人に年賀状にかえて出すお悔やみ
〇喪中だったため、年賀状を出せなかった場合の年始の挨拶
 
つまり、年賀状を出せなかったときと喪中の場合ですね。
最近は少ないと思いますが、純粋に季節の挨拶として出す場合もあります。

寒中見舞いを出す時期

 
先程、寒中とは小寒と大寒の間と述べました。
その期間に「寒中見舞い」を出します。
 
「小寒」は1月5日からですが、1月7日までは松の内で年賀状を出す時期なので、実際は、松の内が終わってから「立春」の前日(節分)までとなります。
 
2017(平成29)年の寒中見舞いを出す時期は、1月8日~2月3日です。
 

 

寒中見舞いの構成

 

 

時候の挨拶

 
こちらの言葉から始めます。↓
●寒中お見舞い申し上げます
●寒中謹んでお見舞い申し上げます
 
その後に季節の挨拶や相手を思いやる言葉を続けます
 
●寒さ厳しき折、皆様いかがお過ごしでしょうか
●寒さもいっそう身にしみる昨今ですが、お元気にお過ごしでしょうか
●寒い日が続いておりますが、皆様お変わりございませんでしょうか

 

スポンサーリンク

報告

 
●ご丁寧に年頭のご挨拶をいただき、ありがとうございました
おかげさまをもちまして、私どもも家族そろって賑やかな正月を迎えることができました
 
●実は、昨年○月○日に△(続柄と故人の名前)が他界し、
喪中のため年末年始のご挨拶は控えさせていただきました

 

結びの気遣い

 
●皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします
●本年も変わらぬお付き合いをよろしくお願いいたします

 
 

日付け

日付けは「2×××年1月」「平成〇〇年一月」と書きます。
日にちや「吉日」などは書かなくてもよいでしょう。

 

「寒中見舞い」文例

 

 

喪中の人へ出す場合

 
寒中お見舞い申し上げます
服喪中のことと存じ 年始のご挨拶は遠慮させていただきましたが
寒冷の候 いかがお過ごしでしょう
ご家族の皆様はお力を落としのことと存じますが
お心を強くお持ちになってお過ごしください
今年は例年より厳しい寒さが続いておりますので どうぞご自愛ください
平成〇〇年一月

 

喪中に年賀状が届いた場合の例文

 
寒中お見舞い申し上げます
ご丁寧なお年始状をいただきありがとうございました
実は、昨年〇月に△が永眠し 年頭のご挨拶を控えさせていただきました
ご連絡が遅れましたこと、お詫び申し上げます
今年も変わらぬお付きあいのほど どうぞよろしくお願いします
平成〇〇年一月

 

年賀状を出さなかった人から届いた場合の例文

 
寒中お見舞い申し上げます
皆様におかれましてはお変わりなくお過ごしとのこと 心よりお喜び申し上げます
丁寧なお年賀状をいただきながら ご挨拶がおくれまして大変失礼いたしました
おかげさまで家族一同 元気に暮らしております
本年も、変わらぬお付き合いをお願い申し上げますと共に
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます
平成〇〇年一月

 

注意点

 

 
年賀状ハガキを使いません。
普通の官製はがきなど、一般のハガキを使います。
 
手紙ではないので頭語や結語は使いません。
「頭語」は手紙の始めに書く「拝啓」「前略」などの言葉
「結語」は手紙の結びに書く「敬具」「草々」などの言葉
です。
 
喪中の人に出す場合は、賀詞は使いません。
 
なんだか禁止事項ばかりですが、マナーとして心がけたいですね。

 
 

スポンサーリンク