この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。


年末年始の準備として「年賀状」も忘れてはいけないものです。
最近は、SNSやメールで済ませる人も多いですが、
やはり新年の挨拶として出す必要がある場合もあります。

とはいえ、もはや管理人は
年賀状は出さず、すべてLineで済ませます。
こういう人は、最近多いと思います。

人間関係の薄くなった昨今、昔からの風習や挨拶の仕方が
受け継がれなくなっています。
だから、いざというとき迷うのですね。
年賀状はいつまでに出すべきなのか、確認しましょう。

スポンサーリンク

年賀状、何日から何日まで?

年賀状は、やはり1月1日(元旦)に届けたいですね。
まずは、郵便局の情報を確認しましょう。

年賀状の引受・配達について(抜粋)

12月25日(火)までの差出しにご協力をお願いします。

一通でも多くの年賀状を元日にお届けするためには、できるだけ12月25日(火)までに差し出していただきますようお願いします。

12月26日以降28日までに差し出していただいた年賀状も、できる限り元旦にお届けできるよう取り組んでまいります。

なお、年末押し迫っての差出しが集中した場合、地域によっては元旦にお届けできない場合がありますので、ご了承ください。

引用元:「日本郵便」公式ホームページより

年賀状投函の受付開始は、12月15日からです。
この日から、年賀状用の投函口が郵便ポストに設置されます。

確実に元旦に届くのは12月25日までです。
これは明記されていますね。
12月26~28日は、近い場所なら届く確率が高いようです。

しかし、その年の年賀状の集まり具合に寄るので、
25日までが確実です。

29日以降に出してどうしても元旦に届けたい場合は、
速達で出すとよいです。
もちろん速達料金はかかります。

年賀状は、多くの店舗で「早割」をしています。
11月中は10~20%オフになる所も多いので、
早めに準備するとお得です。
簡単便利に用意できますよ。

自宅でプリントする場合は、年賀はがきやインクの用意を
忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

年賀状の返事の期間はいつまで?


年賀状を出していない人から届く場合もあります。
そんな場合は、ハガキの用意をするのに日にちがかかると、
学校や仕事が始まってしまいます。

年賀状はお正月に出す年賀の挨拶状なので、
出すのはお正月が終わる「松の内」までです。

つまり、年賀状の投函は1月7日までとなります。

関西では松の内は15日までとされますが、
今のご時勢、いくらなんでも10日を過ぎて
お正月気分の人はいないでしょう。
学校も会社も、とっくに平常に戻っています。

ここは7日までと考えましょう。

年賀状の返事が遅れた場合

もう一度確認しますが、
年賀状の投函期間は1月7日の松の内までです。
1月8日からはハガキに郵便局の消印が押されます。

しかし、お正月中は帰省や旅行で家を空ける人もいますね。

松の内が過ぎてから返信をしたい場合は、
「寒中見舞い」を出します。
その場合、年賀はがきではなく、
普通の官製ハガキなどを使います。

寒中見舞いは、寒いこの時期に、
相手の体調を気遣って出す挨拶状です。

年賀の挨拶は書かないようにしましょう。

おわりに

人間関係のツールが変化しつつある社会の中で、
年の初めに手間暇かけた年賀状を送り合う風習が、
まだ生きているというのは、素敵なことですね。(*´ω`)

「お正月」記事・「総集編」はこちらです♪↓

2017「お正月総集編」~お正月に関する全ての記事はこちらから♪


スポンサーリンク