この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

京都は、日本有数のパワースポットスポットであり合格祈願の神社も多い場所です。
関西でも有名な人気の神社がたくさんあります。
そのような神社はお正月三が日は、時間帯によって身動きがとれないほどの混雑が予想されます。屋台がたくさんでてお正月の雰囲気を味わいたいならもちろんよいですが、ゆっくり参拝したい場合は、三が日をずらした松の内(関西は1月15日まで)の間に行くことをおすすめします。

スポンサーリンク

商売繁盛・金運のご利益のあるおすすめ神社

伏見稲荷大社

京都で最も有名な商売繁盛の神社といえば、ここ伏見区にある伏見稲荷大社です。稲荷山に鎮座する全国稲荷神社の総本宮です。708~715年に秦氏が伊奈利山(稲荷山)の三つの峯にそれぞれの神を祀ったのが大社の起源です。元は五穀豊穣の神でしたが、現在は商売の神様として厚い信仰を集めています。

伏見稲荷大社の詳しい情報はこちらにあります♪↓

八坂神社


「祇園さん」の愛称で親しまれる八坂神社は、京都の中心部・祇園に位置し、街中からのアクセスが良好です。そのため、初詣期間は毎年100万人近い参拝者でにぎわい、特に大晦日から元旦にかけては、境内から西楼門、四条通りまでの周辺のエリアを人の波が埋めつくすほど混雑します。
しかし、朝は比較的空いているようですよ。↓

平安初期、京都で流行った疫病を祓うために創建されました。ご祭神は須佐之男命(スサノオノミコト)です。この神社は非常に有名な神社で商売繁盛の他、厄除や縁結びのご利益もあります。また、八坂神社境内にある美御前社は、祇園の芸妓・舞妓さんがその美貌を保つためによく参拝に訪れます。
また、7月1日から1ヶ月に渡り行われる「祇園祭」は八坂神社の祭礼です。

昼に訪れるなら、「祇園造」と呼ばれる珍しい建築様式である本殿などの見どころをゆっくり眺めたり、境内の東側に広がる円山公園や東山参道の散策を楽しむのもおすすめです。

八坂神社
【住所】京都市東山区祇園町北側625
【交通アクセス】電車/京阪祇園四条駅→徒歩で約5分、
阪急河原町駅より徒歩で約8分、
各線京都駅より市バス100・206系統→「祇園」下車→徒歩すぐ
【参拝時間】終日・参拝無料
【問い合わせ】075-561-6155

 

京都ゑびす神社

「日本三大ゑびす」のひとつと称されます。「京のえべっさん」の名で知られています。
家内安全・商売繁盛のご利益があります。
この神社は、正月三が日よりも「十日戎」のときのほうが屋台の数も多く賑やかです。

スポンサーリンク

十日戎の情報はこちらにあります♪↓

御金神社

「おかね」ではなく「みかね」神社です。
御金神社のご祭神は、日本神話に登場する金山毘古神(かねやまひこのかみ)です。
元は「鉱山・鉱物の神様」で、金属全般にご利益を授けてくれることから刀剣や鏡、鍬などの職人・商人に参られていました。
それが転じて、通貨(金・銀・銅)にもご利益があるとされ、今では「金運の神様」として広く崇拝されています。

この神社、行ったことがありますが、有名な割にすごくこじんまりしています。
二条城近くの普通の住宅地の中にあり、周りにマンションなども多く、
「え? ここ?」という感じの隠れ家的な雰囲気なのがおもしろかったです。
入り口に金ぴかの鳥居があるので、場所はすぐわかりますよ。
さすがに絵馬が多く、ほぼすべてが金運祈願のようでした。
当然ですね。(´・ω・)

御金神社(みかねじんじゃ)
【住所】京都市中京区西洞院押小路下ル押西洞院町618
【交通アクセス】京都市営地下鉄東西線「二条城」駅下車 徒歩約5分
市バス「堀川御池」下車 徒歩約5分
【拝観時間】自由
【参拝観料】無料
【問い合わせ】075-222-2062

 

松尾大社


松尾大社はお酒の神様として信仰されています。
酒造関係者が商売繁盛を祈願するために奉納したたくさんの酒樽が、境内に置かれています。
701年に創建されたこの神社は、京都最古の神社の一つです。主祭神の大山咋神(オオヤマクイノカミ)が、大社裏の霊亀ノ滝の水で酒を造ったという言い伝えがあります。白地に酒樽の地模様が描かれた御朱印帳が、個性的で素敵です。また、大社裏には「亀の井」とよばれる井戸があり、ここの水を酒に入れて醸造すると酒が腐らないといわれます。

松尾大社
【住所】京都市西京区嵐山宮町3
【交通アクセス】阪急電車:松尾駅下車徒歩約1分
市バス:京都バス松尾大社前下車徒歩約1分
【車】駐車場:有/無料
【拝観時間】5時~18時境内自由
【問い合わせ】075-871-5016

 

 
「お正月」記事・「総集編」はこちらです♪↓

2017「お正月総集編」~お正月に関する全ての記事はこちらから♪


 

スポンサーリンク