この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

「お正月は」一年の始まりのとてもめでたい日です。
お祝いに「お神酒(みき)」をいただく人もでしょう。
年の初めにいただく「お屠蘇」も、それと同じように思いがちです。
しかし、そうではないようですよ。
今回は「お屠蘇」とはどういうものか、みていきます。

スポンサーリンク

お屠蘇の意味と由来

お屠蘇の由来

お屠蘇は平安時代に唐(中国)から伝わりました。
その頃、唐では、邪気を払い無病長寿を願う「薬草酒」を元旦に飲む風習がありました。大晦日に井戸の中に漢方薬をつるして、元旦にそれを引き上げお酒に浸して飲むという風習があったのです。

日本では当初、平安貴族が元旦の宮中儀式として取り入れました。
それが、江戸時代に入って一般庶民にも広がりました。

お屠蘇の意味は、邪気を滅し精気を「蘇生」させるという説や、
「蘇」という悪鬼を屠るという説
があります。
いずれにせよ、無病や長寿を願うための「薬草酒」だったのです。

中国の三国時代の華陀(カダ)と言う名医が作った屠蘇散(とそさん)に
由来するといわれます。

お屠蘇とは

「お屠蘇」は「お神酒」と似たようなものと思われがちですが、
それは違います。

「お屠蘇」は漢方薬をお酒に浸した薬用酒を新年にいただくもので、
「お神酒」は歳神様にお供えしたお酒をおさがりでいただくものだからです。
中国に起源を持つ「お屠蘇」は日本の神道の「お神酒」とは性質が異なる
のです。

 

 

おせち料理の説明も合わせてどうぞ♪ ↓

 

 

お雑煮も大切ですね(^^)/↓

お屠蘇に使われる漢方薬とその効用

本来のお屠蘇には複数の生薬が使われます。
中には、かなり効き目強い植物もありますが、
元旦だけ少量服用するなら、そんなに気にしなくて大丈夫でしょう。。

スポンサーリンク

山椒(サンショウ)の実:サンショウの実 健胃作用、抗菌作用
肉桂(ニッケイ)の根:健胃作用、発汗・解熱作用、鎮痙作用
白朮(ビャクジュツ)の根:利尿作用・鎮静作用・健胃作用
桔梗(キキョウ)の根:鎮痛作用・咳痰を止める
蜜柑(ミカン)の皮:健胃作用

その他にも数種類の生薬が含まれます。

これらの生薬を刻んでお酒やみりんに浸して作る薬用酒を
「屠蘇散(とそさん)」
とよびました。
「屠蘇散」は、今でも漢方薬として薬局などで販売されています。
ティーパックのような形をしていて、10包150~300円ぐらいです。

お屠蘇のいただき方

お屠蘇は、正式には上の画像のような大・中・小の三つ重ねの杯(屠蘇器)でいただきます。
正月飾り(水引も可)をつけると、歳神様が降りてくる目印になります。
なければ、小さめの杯や酒器でも大丈夫です。

順番

いただく順番も、正式には決まっています。
若い人➾年長者の順番です。
これは、若い人の生気を年長者に分け与えるという中国の風習によります。
しかし、日本の伝統的なしきたりでは祝杯は年長者➾年少者なので、
この順にいただく場合もあります。
また、厄年の人は、厄年以外の人の運をいただくという意味で最後に飲みます。

三つ重ねの盃の場合、小➾中➾大の順にそれぞれ1杯ずつ飲みますが、
略式なら1つの盃に3回に分けて注ぎ、3回に分けて飲むこともあります。

元旦の朝、お屠蘇を飲む前には必ず若水(年の初めにくんだ水)で手を清めます。そして、家族が揃ったら新年のあいさつをします。
お屠蘇はその後、おせちを食べる前にいただきます。

※未成年や車の運転をする人は、口をつけるだけにとどめます。
アルコール飲料ということをお忘れなく。

 
「お正月」記事・「総集編」はこちらです♪↓

2017「お正月総集編」~お正月に関する全ての記事はこちらから♪


 

 

スポンサーリンク