この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

スポンサーリンク

 

「ひな祭り」のような日本の行事は、日本固有の物があるので、
訳しにくい場合がありますね。

そういう「物」の英単語を覚えると、意外と簡単に説明できます。
受験英語は、関係代名詞や関係副詞を使った複文や過去完了進行形など日本語でいまいち対応しにくいものが多く混乱しがちですね。
でも、実際言いたいことを伝えるには、簡単な構文を知っていれば充分!
中学生でも分かる文法で説明してみましょう。

まずは、単語のチェックをしていきましょう。

ひな人形の単語
「お内裏様」the Emperor
「お雛様」 the Empress
「左大臣」minister of the left
「右大臣」minister of the right
「三人官女」three court ladies
「五人囃子」five court musician
「金屏風」 gold folding screen
「ぼんぼり」paper lamp
「桜」cherry tree
「橘」mandarin orange tree

「ひな祭り」の説明

<ポイント>
1.ひな祭りは3月3日に行われる女の子の節句
2.桃の節句とものいう
3.ちらし寿司など特別な行事食を食べる
4.平安時代の宮廷を模している
5.身代わり雛

ひな祭りは
The Doll’s Festivalです。
でも、Hina-matsuriでいいんじゃないかな。

The Doll’s Festival is “the Girls’ Festival”
「ひな祭りは女の子のお祭りです」

スポンサーリンク

“the Girls’ Festival” もしっくりこないです。
この表現以外なさそうなのですが、
外国人がイメージするお祭りとは違いますよね。

 

 

March 3rd is a day to celebrate the growth of young girls.
「3月3日は女の子の成長をお祝いする日なのです。」

It’s also called as “Momo no sekku (the Peach Festival)”.
「桃の節句とも言われます」

Today, we eat traditional dishes like Chirashi Sushi and clam soup for the Doll Festival.
「現在では、ひな祭りにちらし寿司やはまぐりのお吸い物などの伝統料理を食べます」
People display a set of dolls in beautiful ancient court costumes of the Heian era.
「人々は、平安時代の美しい宮廷衣装を着た人形一式を飾ります」

Ancient people transferred their sins onto the dolls and threw them in rivers.

「古代の人々は、雛人形に汚れや罪を乗り移らせて、身代わりとして川に流しました」



 

個人的に、この最後の文がひな祭りの説明には欠かせないと思います。
ただのめでたいお祭りとは違う、祈りが込められた行事だということを伝えたいです。

 

 

(参考:「英語で紹介する日本―オールカラー 」桑原 功次 (著) ナツメ社)

スポンサーリンク