この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

「百人一首」に選ばれた歌は「和歌」とよばれます。
それでは、たまに国語の授業で作らされる「短歌」とどこが違うのと思いませんか? どちらも「5・7・5・7・7」の31音からなりますね。

スポンサーリンク

その違いは文学史の中で生まれました。
それでは「和歌」と「短歌」の違いについてみていきましょう。

「和歌」は元々「短歌」だった?

もともと「和歌」は、奈良時代に「大和歌(やまとうた)」とよばれていました。「大和歌」は「漢詩」に対しての言葉で日本固有の詩歌という意味です。
5音と7音を基調とした長歌・短歌・旋頭歌(せどうか)・仏足石歌の総称でした。

しかし、平安時代以降、「短歌」以外はほどんと作られなくなり、「和歌」が「短歌」のみを指すようになったのです。
「短歌」は「長歌」と対になっていたので、「長歌」がなくなったら「短歌」という言葉も意味をなさなくなり、しだいに「和歌」または「歌」とよばれるようになります。

つまり大きなくくりの「大和歌」の中の「短歌」だけが生き残り、平安時代に「和歌」と名を変えたということです。
「短歌」➾「和歌」になったのです。

一般的には、「万葉集」から「古今和歌集」「新古今和歌集」あたりまでにおさめられている歌を指すことが多いです。

「短歌」の復活・正岡子規の改革

明治の俳人・歌人の正岡子規は平安時代の技巧的な「和歌」を嫌いました。
子規は言葉遊びや修辞技巧を強く否定し「写生」を重んじます。

彼らアララギ派の歌人たちは「万葉に帰れ!」をスローガンに、「万葉集」におさめられた写実的な歌を正当とし、それらの歌を「短歌」とよぶべきだと主張しました。「和歌」という呼称自体を否定しようとしたのです。

スポンサーリンク

ちなみに、子規は「古今和歌集」を全否定しています。
こういうややこしい主張をしてしまったため、明治以降に作られた「歌」は再び「短歌」とよばれるようになったのです。

つまり、明治時代に「短歌」という言葉が復活したのです。対になっていた「長歌」が失われたままななので妙な感じもしますが、よほど子規は中世からの「和歌」の表現が嫌いだったのでしょうね。
「形式的」には「和歌」も「短歌」も同じということです。
「百人一首」の歌は「和歌」であり、今となっては「短歌」でもあります。
鎌倉時代に生きた藤原定家にとってはもちろん「和歌」だったでしょう。

「和歌」と「短歌」~その感覚的な違い

平安時代以降の「和歌」、つまり正岡子規が嫌った「和歌」は、掛詞や枕詞、倒置法など、数々の趣向を凝らして作られたものです。
一方、明治時代にできた「短歌」は、その始まりが「万葉懐古」なので直情的で言葉遊びをあまりしません

「はたらけど はたらけど 猶わが生活 楽にならざり ぢっと手を見る」
                          石川啄木

石川啄木が勤勉とは全く思えませんが(←結構とんでもない人です)
表現がとても直情的です。
これは絶対「和歌」ではない、「短歌」です。
でも、すごく覚えやすくて心情がどすんと胸に響きます。

もうひとつ、

「きみ恋し おぼろ月夜に 濡れつきぬ 一人慰め 女せつなや」
                               与謝野晶子
さすが「情熱の歌人」、すごいパッションです。
与謝野晶子は、きれいな短歌もたくさん詠んでいて結構好きな歌人なのですが、こういうあからさまな情熱の表現は、まさしく「短歌」です。
この歌、教科書に載ってるけれど、かなりきわどいですね。

恋の歌でも「和歌」の場合は、
「夢路には 足もやすめず 通へども うつつにひとめ 見しごとはあらず」 
                    小野小町「古今和歌集」 
  

こんな感じです。まったく雰囲気が異なりますね。

私たちが平成の世で作る「5・7・5・7・7」音の歌は、「短歌」としか言えないでしょう。

スポンサーリンク