この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

「百人一首」13、14番の陽成院と源融は、どちらも政略争いに敗れた人です。
貞昭親王(後の陽成院)は、9歳で即位し17歳で「病いのため」退位したとされています。
しかし、そこには政治的な事情があったともいわれます。

スポンサーリンク

源融は、嵯峨天皇の子です。
陽成天皇の退位が決まったときに次期天皇にと自薦したところ、時の摂政・藤原基経に反対され叶いませんでした。

藤原定家がこの人たちのような政治的敗者を、百人一首に取り上げているところが興味深いです。

13.陽成院(ようぜいいん)

貞昭(さだあきら)親王は9歳で陽成天皇となり、17歳で退位し陽成院となったため、隠居生活がものすごく長い人です。
母は藤原高子(たかいこ)
摂政・藤原基経は伯父(高子の兄)にあたります。
高子と在原業平(14番)が相思相愛だったのは有名な話です。
業平は貞昭親王の教育係でした。

この歌は、のちに妻となる光孝天皇の娘・綏子内親王(すいしないしんのう)にあてたものです。

筑波嶺の 峰より落つる みなの川
恋ぞつもりて 淵となりぬる

【覚え方】 つくばねの恋ぞつもる

古代から恋の聖地である「筑波山」の峰から流れ落ちる男女川。
そんな風に私のお前への恋心も、水がつもって川になりやがて淵になるように、だんだん深くなっていったんだ。

もともと政略結婚の相手に送った歌なのですが、
やさしさが伝わりますね。
だんだん恋心が増していく、心の動きが素直に届きます。

「筑波山」は茨城県つくば市にある山です。
男体山と女体山の2つに分かれていて、その優美な姿でよく知られていました。

貞昭は気性が荒いことで知られていますが、
この歌からは素朴で穏やかな心情が感じられます。

14.河原左大臣=源融(みなもとのとおる)

「河原左大臣(かわらのさだいじん)って一体誰???」と言いたくなるほど、なぞなぞな名称です。
役職だけの名称はやめてほしいです、定家さん。(´・ω・)

源融「源氏物語」のモデルとされています。
源氏物語の主人公・光源氏と同じく、帝(みかど)の子(嵯峨天皇の子)でありながら、
源氏という臣下に落とされたところや、物語の中の光源氏が建てた「六条院」と、融が建てた大邸宅・「河原院(かわらのいん)」が、場所も規模もよく似ているところなどから、そういわれます。

スポンサーリンク

陸奥(みちのく)の しのぶもぢずり 誰故に
乱れそめにし 我ならなくに

【覚え方】 道の乱れ

陸奥の名産品である「しのぶもぢずり」。
この乱れ模様のようにぼくの心が乱れているのは自分のせいじゃない。
もちろん君のせいさ。

都人なのになぜに東北の土産物「しのぶもぢずり」なの?
そう、謎の言葉「しのぶもぢずり」は福島県信夫地方で作られていた名産品で、乱れ模様のあるすり衣のことです。
その乱れ模様は、忍草(しのぶぐさ)の汁を使って作ります。
その「乱れ模様」と「心の乱れ」を掛けているのですね。



当時、東北地方は西国から見ると、まだまだ未知の国でした。
赴任先の陸奥から京へ帰ってきた陸奥守などの土産話を聞くうちに、融は陸奥に強い憧れを抱いたようです。

そこで、自ら建てた「河原院」に陸奥の国の「塩釜の浦」の景観を再現させることを思いついたのです。
敷地内に「鴨川」の水を引き入れて池を作り、そこに「難波」などから毎月大量の海水を運ばせて「塩焼き」などを楽しんだとか。

在原業平など、多くの歌人や文人たちの交遊の場になっていたそうですよ。
海のない京都市内に海水を運んだって、しかも毎月遊ぶためだけに。
当時の貴族って、いろいろとすごいですね。

「追記」

源融の死後、河原院は荒廃してしまいます。
大きな邸宅が荒れ果てると、夜はとても恐ろしい雰囲気になるでしょうね。

あるとき、宇多上皇が京極御息所(きょうごくのみやすんどころ)を河原の院に連れていき、共に夜を過ごしていたところ、融の霊があらわれ、御息所を失神させたという伝説が残っています。

「源氏物語」の「夕顔」の巻で、夕顔が六条御息所の生霊により亡くなるくだりがありますが、それもこの伝説がモチーフになっていうのではと考えられています。

 

 
「百人一首」全首の詳細はこちらから(´▽`)♪↓

「百人一首」まとめ記事~全首の意味・覚え方とおすすめ参考文献!


 

スポンサーリンク