この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

まだまだ暑い日が続きますが、もうすぐ秋ですね。
日本人は、古来より「共に同じものを見て共感する」ことに
喜びを感じてきました。

「花見」「月見」「雪見」などの言葉があるように、
美しい自然を愛で、同じ時間を一緒に過ごし楽しんできたのです。
最近は、「花見」こそ残っていますが、
月や雪を見て風情を楽しむ機会が失われてきています。

夜のイベントが、カラフルにライトアップされたものとなった今、
月明かりを楽しむということ自体、難しくなってきています。
しかし、このような特別な日だけでも、
お天気が許すなら月を見上げてみたいなと思います。


tuki2

スポンサーリンク

2016年の中秋の名月は?

そもそも、中秋の名月とは「旧暦8月15日」の夜の月のことをいいます。
ですから、毎年、今の暦では日にちは、変わってきます。

中国が起源の行事で、平安時代に日本に伝わりました。
平安貴族たちが、池に映る月を愛でながら歌を詠んだり管弦を楽しんだのです。
時代が下ると、昔か秋に行われていた豊作を祈る収穫祭と結びつきます。
ススキや月見団子をお供えするのは、そのためです。
江戸時代には庶民の間にも広がりました。

今年の中秋の名月は、「9月15日」です。
しかし、その日は十五夜ではありません。

スポンサーリンク

「中秋の名月」は「満月」ではないの?

2016年の中秋の名月は9月15日です。
そして、9月の満月は、9月17日、二日のずれがあります。

これは、簡単にいうと月の満ち欠けがぴったり1日単位ではないためです。

実際は、中秋の名月が満月である年のほうが少ないので、
豆知識として知っていると、
例えば、高学年の子供さんには、
「今日は中秋の名月だけど、満月じゃないんだよ。今年は13夜ぐらい。」
と言って、「月」と暦の関係について話ができるのではないかと思います。

ちなみ、次に、中秋の名月が満月にあたるのは、「2021年」です。


月見団子いろいろ

「月見」のとき月見団子をお供えするのは、なぜでしょう。
これは供養のためではなく、「月」にお供えするものです。
「月」が信仰の対象だったということですね。

初めは、感謝の意を込めて、芋をお供えしていたそうです。
米粉を丸めて月に見立てて作った丸形がよく知られていますが、
地方によっていろいろバリエーションがあります。
私の住む大阪では、里芋の形になぞらえた楕円のお餅をこしあんでくるんだものだったようです。
今では、丸形、串に刺したもの、うさぎまんじゅうのようなものなど、
様々なものが売られていますが、おばあちゃんの手作りは、里芋型(?)
でした。

お供えする数は、13夜なら13個、15夜なら15個とされています。
日本人は、「数」にこだわることが多いですね。

9月から11月にかけての自然の移り変わりは、
日本独特の風情をが感じられます。
日常の猥雑な出来事にとらわれて、そんなことを話題にしなくなると、
次の世代にどんどん伝わらなくなっていくでしょう。

私の思い

ハロウィンのような大騒ぎするイベントを楽しむのもよい事ですが、
昔から伝わる日「本の行事」を忘れてほしくないと願います。

スポンサーリンク