この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。


 
こんにちはー、このかです♪
 
前に『源氏物語』の「生霊」になってしまった哀しい女性・六条御息所を紹介しました。
  ↓
嫉妬で生霊に!男性ドン引き『源氏物語』六条御息所に女性が共感できるわけ
 
今回は、その「生霊」の犠牲になった儚い女性・夕顔について、お伝えします。古典でよく習う「廃院の怪」という有名シーンの所です。
 
夕顔は、男性読者に1番人気で、女性にはちょっとなーと思われがちな女性です。
 
その辺りが、六条御息所と真逆だなと思えて面白いですよ。

 

スポンサーリンク

儚いけどかなりしたたかだよ、この人は

 

 
今回の主役・夕顔は、体が弱くて気も弱く、後ろ盾のない薄幸オーラ全開の女性です。
 
その上、男の押しにも弱く、アナタ色に染まるわというタイプです。
清少納言が読んだら怒りそうな、なよなよした女性に見えます。
 
 
でも、実は、この夕顔は、頼りないだけの女性ではないのです。
なかなかしたたかで、その儚い可憐さで男の保護欲をかきたてる、たいした女性なのでした。(最終的に憑かれて亡くなるので、可哀そうですが)
 
私は、彼女のそういうしたたかな一面が、好きです。この時代の中流女性のしたたかさは、強さだと思うからです。

 

(1)男性を誘惑するしたたかさ

 

 
ある夏の日、17歳の光源氏は、下町・五条に、乳母の見舞いに行きました。
そして、その隣家の垣根に絡まる白い花を眺めているとき、「それは夕顔という花ですよ」と話しかけられたのです。
 
振り向くと、この家の使用人と思われる物腰のやわらかな女性がいました。
光源氏が花を折ろうとすると「お待ちください」と、とめられます。
 
やがて家の中から使いの童が現れると、「枝もない花なので、こうしてお持ちください」と、開いた扇の上に可憐な白い花を乗せて渡してくれたのでした。
 
「一体この家の主は、どんな女性なんだろう」と、光源氏は興味津々です。改めて扇を見ると、そこには、女性の筆跡で歌が書かれていました。
 
心あてに それかとぞ見る 白露の 光そへたる 夕がほの花
(もしかして、噂に名高い光源氏の君でしょうか。
夕顔の露が「光って」いるものですからそう思いましたわ。)
 
これ、思いっきり誘い歌ですよ。
こんな下町で「粋」なお誘いのあった光源氏は、ドキドキワクワクです!
 
しかも、女性の筆跡は、すごくお上品で、扇にはセンスのよい香が焚き染められています。こんな下町に、教養のある女性がいたとはと、ますます気になります。
 
意外性の演出が、うますぎますね。
 
その後の光源氏の返歌がこちらです。
 
寄りてこそ それかとも見め たそかれに ほのぼの見つる 花の夕顔
 
(私が誰か知りたかったら、たそがれ時の光で見た夕顔よりも、もっと近くで見てみてはいかがかな?)
 
知りたかったら、もっと深い仲になろうという、やる気満々の返歌でした。
しかも、このとき、いつもの高貴な筆跡をわざと変えて、「謎のイケメン」になりきって出しています。←こういう事をする所が、まだ若くてかわいいです。
 
かくして、逆ナン大成功!!
なのでした。
 
 
実は、彼女は、もとは光源氏の親友でライバルの、頭中将の妻の1人でした。
 
しかし、彼の正妻にいびられ、脅迫まがいのことまでされて、後ろ盾(父)のなかった彼女は、恐ろしくなってそこを逃げ出したのでした。
 
そして、ひっそり下町で暮らしていたところ、光源氏と出会ったのです。

 

スポンサーリンク

(2)顔も素性もわからん男性と恋仲になれるしたたかさ

 

 
夕顔は、光源氏が身元を明かさず、何も教えてくれなくても、聞き出そうとしたり、不安を感じたりしませんでした。そして、いつもにこにこと、どこの誰ともわからない彼を受け入れ、とことん求めに応じるのでした。
 
・・・できますか? いや、絶対、私は無理ですよ、キモチワルイ。
 
光源氏17歳、夕顔19歳、若い2人が情熱に身を焦がしていた、まさにこのとき、光源氏は、口説き落とした六条御息所に飽きてきたところだったのです。六条御息所は、「生霊」への道まっしぐらですよー!
 
セレブ妻も高貴な愛人もほったらかしで、中流の女性・夕顔に夢中です。
 
光源氏は、付き合ってからかなりの間、ずっと顔をおおっていて、夕顔に見せていませんでした。
 
顔も見てない男を、引き込んだんかいっ!
と、言いたいところですが、そこが夕顔の凄いところなんですね。
 
「光り輝く美しい」自分の顔を見なくても、慕ってくれる夕顔のたよりなさに、光源氏はゾッコン(←古い)です。
 
でも、その後、夕顔は、光源氏に連れ出された廃屋で謎の死を遂げました。
六条御息所が、思いつめるあまり幽体離脱して「生霊」になり襲いかかったのです。

 

(3)下町で暮らしていたことこそしたたかなのだ

 
 
夕顔は、頭中将の元から、正妻にいじめられて逃げ出しました。
いじめの環境から逃げるというのは、ある意味、強くなければできません。
 
光源氏の生母・桐壺の更衣も、同じ儚い系の女性でしたが、逃げ出すことができず、弱って亡くなりました。本当に弱く、運命に流されるだけの女性は、こうなるのです。
 
その点、夕顔は、夫の元から逃げ出して、下町でたくましく暮らしています。
我慢しないで、夫がどう思うかより自分の気持ちを優先して脱出し、ときには男性ハントをして、貢いでもらって生活していたのです。
 
なんだかんだいって、生活力もありそうじゃないですか?
現代語訳をした円地文子さんは、夕顔には娼婦性があると言っています。
 
私は、彼女は、男性にはひたすら儚く見えるけれど、「自分の意志で決める」ことのできる女性だったと思います。
 
それが、後に登場する彼女の娘・玉鬘に引き継がれているのかなーなんて思えるのです。(玉鬘はしっかり系美女です)

 

儚い女性は「忘れられない女性」?

 
 

夕顔がとある廃屋で亡くなったのは、六条御息所の「生霊」にとり憑かれたからでした。
 
このときの光源氏の取り乱しよう、悲しみようは、さすがにあわれに思います。彼がこれほど狼狽したのは、これから先にも、そんなにないような気がしますよ。
 
お供の惟光が事後処理をするから、先に二条院(家)に帰るようにと言われて、一旦帰ったけど、悲嘆にくれてじっとしておられず、やっぱりもう一度、夕顔に会いたいと、亡骸に会いに行くのです。その帰りには、あまりのつらさに気を失いかけて、落馬しています。
 
多分、自分の大切な人の死に直面したのは、これが初めてだったのでしょう。
彼は、夕顔への想いを、後年まで引きずります。
 
そういえば、夕顔の元夫の頭中将も、突然いなくなった彼女の事を「常夏の女」と名付けて、ずっと想い続けているのでした。
 
すごいですね。
 
「忘れられない女」ですよ。
当代きってのイケメン貴公子2名のハートを、鷲づかみしています。
 
教養や和歌の才能が格別あったわけでもなく、身分も中流で、そこそこ美人だけど地味なのに、この吸引力です。
 
この人の魅力は、なんだと思いますか?
 
今の女性とは、かなり違う生き方をしているので、考えにくいですが、私は、光源氏にとっては「ありのままの自分を受け入れてくれた」ところなのかなと、思います。癒し系ですね。夕顔の前では、彼は、よく見せようと背伸びをする必要がなく、しがらみのない等身大の自分でいられたのではないでしょうか。
 
夕顔は、あくまで「儚げ」に見せながら、根っこはしたたか、つまり、強い感じがします。
 
 
女性の生き方として、参考になるでしょうか。
 
 
私は、こういう生き方は、気持ち悪くて苦手なので、パスです。
 
私はね、女三宮がいいんですよー!
彼女のように、不思議系オーラを振りまいて、光源氏をギャフン(←これも古い)と言わせてやりたいのだ。(´・ω・)

 

スポンサーリンク